中国の五大小説〈上〉三国志演義・西遊記 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.78
  • (4)
  • (10)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004311270

作品紹介・あらすじ

一度は通して読んでみたかったあの物語を、練達の案内人と共に楽しむ。講釈師演じる「語り物」から生まれた中国の白話長篇小説には、他に類を見ない面白さが満載。とりわけ五大小説を読むことは、まさに「小説」が生まれ成熟してゆく歴史に立ち会う、限りなく魅惑的な経験に他ならない。読後は原作に手がのびること請合い。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中野さんのを読むついでにこっちも読んだよ。西遊記のとこを読みたくて買ったので、前半は読んでません。
    あらすじが多くて、さざっと全体をなでるよーに解説したみたいな感じ。三国志演義とか、他の小説との比較も多かった。

  • 上巻は「三国志演義」と「西遊記」の解説。
    両方とも部分的には内容を知っていても、作品そのものを(もちろん翻訳で、だけど)読もうとも思えない大作。
    この本がきっかけで、読んでみようと思うかな~、なんて期待していた。

    両書の共通点は、講釈師の話術に大きく影響を受けた作品であること。
    「章回小説」という、一話完結型の物語が連なってできた作品であること。
    しかし、物語の構成原理が全く違う、という話だった。
    三国志は、曹操をトリックスターとして、大きな歴史の流れを起伏激しく描いていくのが特徴なのだとか。
    一方、西遊記は、必ず三蔵が窮地に陥り、それを孫悟空が救うというお決まりの形式の安定感を楽しむものだそうだ。

    こうした大きな話のほかには、やはり専門家ならではの細やかな分析がおもしろい。
    例えば、三国志の蜀の最後の皇帝、劉禅。
    何もしなかったことで生き延びた人であり、もし自覚してやっているのなら、とんでもなく聡明な人だったのではという見方は、ちょっと穿っている気もするけれど、おもしろい。
    西遊記では、沙悟浄が「水怪」であり、実際にはどんなものなのか、具体的なイメージが描きにくいものなのだとか。(河童のイメージは日本で作られたそうだ)。
    菩薩や玉帝といった聖なるものも、現実主義的で人間的な造形になっているとか。

    で、この本で何か十分満腹になってしまった気がする。
    やはり、「三国志演義」「西遊記」を読むことは…ないかも。

  • 明清代に成立した中国の有名小説5編について、その概略とさわりの部分を紹介しながら、各小説の成立の背景や物語展開の特徴、他の作品との関連等をわかりやすく説いている。近年よく見る、ただ粗筋を追うだけの類書とは、比較するのも失礼。三国志の劉備も西遊記の三蔵法師も、物語の中心にいる人物が「何もしない」「何もできない」からこそ従者一同が大活躍できる構造になっている、という指摘に納得。各物語の大枠についての分析もおもしろかった。

  • 入門書としては、非常に纏まっており、各小説を読む気にさせる。ただ、詳細な研究内容を記載しえないので、別途研究書を読む必要あり。

  • 中国の「五代小説」のうち三国志演義と西遊記のあらすじを紹介している本。
    とてもわかりやすく紹介されている。個人的には是非とも三国志演義を読みたくなった。

  • 「三国志演義」「西遊記」

  • [ 内容 ]
    一度は通して読んでみたかったあの物語を、練達の案内人と共に楽しむ。
    講釈師演じる「語り物」から生まれた中国の白話長篇小説には、他に類を見ない面白さが満載。
    とりわけ五大小説を読むことは、まさに「小説」が生まれ成熟してゆく歴史に立ち会う、限りなく魅惑的な経験に他ならない。
    読後は原作に手がのびること請合い。

    [ 目次 ]
    『三国志演義』の巻?興亡の歴史と物語の誕生(「三」で結ばれた世界のはじまり?桃園結義 大トリックスター、曹操の登場-呂伯奢殺害事件 色と欲に流れる美将、呂布-虎牢関の戦い 曹操の「偏愛」-典韋・呂布の最期 男が男に惚れるとき-勇者の邂逅 ほか)
    『西遊記』の巻-巨大な妖怪テーマパーク(天地をかけめぐるスーパー猿-孫悟空登場 地獄の沙汰はいかに-太宗の地獄めぐり 遅れてきた主役、三蔵法師-西天取経の旅へ 転生、変化、よみがえり-従者一行、勢揃い 「俗」なおかしみ-神仙・如来のふるまい ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • (欲しい!)/新書

  • 中国の五大長編小説のエッセンスを紹介した本で、上巻では『三国志』と『西遊記』を扱っています。詳しくは<a href="http://d.hatena.ne.jp/rockfield/">こちら</a>です。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

井波律子[イナミリツコ]
1944年富山県生まれ。京都大学大学院博士課程修了。国際日本文化研究センター名誉教授。専門は中国文学。2007年『トリックスター群像―中国古典小説の世界』で第10回桑原武夫学芸賞受賞。その他の主な著書に『酒池肉林』、『中国のグロテスク・リアリズム』、『中国侠客列伝』『中国人物伝 I~IV』『論語入門』、『中国幻想ものがたり』など、訳書に『三国志演義(一)~(四)』『完訳 論語』などがある。

「2018年 『水滸伝 (五)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井波律子の作品

中国の五大小説〈上〉三国志演義・西遊記 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする