カラー版 浮世絵 (岩波新書)

著者 : 大久保純一
  • 岩波書店 (2008年11月20日発売)
4.10
  • (12)
  • (20)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :121
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004311638

作品紹介

北斎、広重、写楽-江戸の浮世絵は、日本国内のみならず、海外でも日本美術の代表として人気が高い。なぜこのように親しまれているのか。浮世絵の歴史、ジャンル(美人画、役者絵、名所絵、花鳥画等)、彫り、摺りの創作技法、隠された主題の読み解き方など鑑賞のための基礎知識を紹介しながら、その魅力を探る。図版七五点を収録。

カラー版 浮世絵 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  印刷という大量生産技術を用い、時代の動きを視覚的かつ迅速に報道するという機能が高まるほど、錦絵は近代化の波の中で海外から流入してきた新しい複数技術と否応なく競合せざるをえなくなる。迫真性という点では写真や石版画、銅版画には太刀打ちできず、量産性の面では機械印刷にいずれ圧倒されることになる。
     近年の研究では、絵双紙屋の店頭で錦絵にとってかわったのは、日露戦争後にブームとなった絵葉書であるとされる。これも幕末以後の錦絵が強めていった前述の機能ゆえに、絵葉書という写真技術と新しい印刷技術とを用いたメディアに席を譲らざるをえなかったとみることもできるでしょう。(pp.30-31)

     合巻などの草双紙の挿絵や役者絵などの中に描かれた庶民の家の居室に置かれた枕屏風に、役者絵などが貼られている光景もよく目にする。町人を主体とした江戸の庶民、ときにはその日暮らしの生活を送っているような下層民でさえも、錦絵を手に入れることができたのである。今日の映画スターのブロマイドのように、浮世絵師が描いた人気役者の似顔絵が彼らの生活空間を彩っていたわけである。(p.142)

  • 図版が多くてそれぞれの解説も簡潔にして十分。浮世絵の流行の変遷がわかりやすい。

  • 浮世絵の歴史を丁寧に説明してくれる好著だ.適切な図もあって理解がしやすい.第5章の「錦絵の技法さまざま」で実際に現物を見ないと読み取れない「空摺」などの技法を解説しているが,その通りだと思う.でも,浮世絵の技術は素晴らしい日本の文化だと思う.

  • 資料ID: C0029106
    配架場所: 本館2F新書書架

  • S721.8-イワ-R1163 200052553

  • あまり時間がなくて、走り読みになってしまった。
    サイズは小さいながら、図版がすべてカラーで載っているため満足度は高い。
    後半の技法は、ちょうど同時期に「いろあわせ―摺師安次郎人情暦」(梶よう子著)を読んでいたので、参照するのによかった。

  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:721.8||O
    資料ID:95110495

  • 『201210 美術強化月間』

    図版も豊富、適度な薄さ、浮世絵の入門書として最適だろう。
    浮世絵の魅力はいくつか並べて鑑賞して初めてわかるものだと思う。色彩の美しさや構図の妙は見れば見るほどその自由な発想に感嘆する。
    しかし日本美術は作品タイトルが覚えにくくて仕方ない。

  • 浮世絵に関する基礎知識、簡易入門書。浮世絵を勉強するに当たり、先ずはと思って読んでみたけれど、ちょっと手応えがなかったな。

  • カラーなのが嬉しい。

全20件中 1 - 10件を表示

大久保純一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平田 研也
三浦 しをん
三浦 しをん
有川 浩
湊 かなえ
遠藤 周作
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

カラー版 浮世絵 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする