アマテラスの誕生―古代王権の源流を探る (岩波新書)

著者 : 溝口睦子
  • 岩波書店 (2009年1月20日発売)
3.93
  • (12)
  • (16)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :179
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004311713

作品紹介

戦前の日本で、有史以来の「国家神」「皇祖神」として奉じられた女神「アマテラス」。しかしヤマト王権の時代に国家神とされたのは、実は今やほとんど知る人のない太陽神「タカミムスヒ」だった。この交代劇はなぜ起こったのか、また、古代天皇制に意味するものは何か。広く北方ユーラシアとの関係を視野に、古代史の謎に迫る。

アマテラスの誕生―古代王権の源流を探る (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先日読んだ武光誠氏のアシッドさ加減に比べると、極めてちゃんとした本で、読んでいて心が浄化された。
    タカミムスヒの実像がかなり詳しく明らかになっているのに対し、4世紀以前の神話の内容やアマテラス誕生の経緯については全然研究が進んでいない、という歴史学会の状況が理解できる。

  • 日本の国家神と言うと「アマテラス(ヒルメ)」(天照大神)を思い浮かべる人が多いだろう。しかし、古代からの長い歴史で見ると「アマテラス」が国家神であるとイメージされ始めた時期というのは意外と新しい。著者は、「記紀」の分析に考古学の成果を合わせて、国家神の交替という考えを描いていく。

    まず、著者は『日本書紀』の巻を分類し、国家神の記述に着目した。その結果、古い神話の形の巻では「タカミムスヒ(高皇産霊)という神が国家神として登場することが分かる。「タカミムスヒ」については、考古学の成果を参考にして、5世紀代に朝鮮半島から導入した太陽神とされている。この「タカミムスヒ」は北方ユーラシア系の天降り神話を備えた神であり、倭がこの神を導入した理由として大王を中心とした統一王権にするため、豪族らが祭る在来の神々とは異なる神を導入したのではないかとしている。
    在来の神々には、例えば出雲や大和、東国など広い地域で信仰されている「オオクニヌシ」(オオナムチ)や伊勢などで祭られる海洋的性格の強い「アマテラス」などがいる。
    倭は、大王や付き従う豪族らが北方系の「タカミムスヒ」を皇祖神として共通の祖先神と位置づけることで大王を中心とする統一王権を作ろうと考えた。

    5世紀代の朝鮮半島で高句麗と対峙したことをきっかけに、考古学でも古墳の副葬品が変化したことが指摘されていたり(白石太一郎氏ら)、歴史学でも5世紀後半に大王の権威が上昇したなどの成果(熊谷公男『大王から天皇へ』など)もあるので、内容も合点がいった。

    では、「アマテラス」はどのように位置づけが変化していったのかという点について、結論的に言えば7世紀後半の天武朝の頃、いわゆる中央集権化を目指した時期とされるこの頃に作成が開始された『日本書紀』でも巻が新しく編纂されるに従い、「タカミムスヒ」から「アマテラス」へのシフトチェンジが指摘されている。なぜ、「アマテラス」なのか?著者は在来の神々で根強く祭られていた「アマテラス」こそが豪族も納得する存在だったのではないかと考えられている。
    その関係か、八色の姓では臣と君の優遇(朝臣に位置づけ)、連をその下の宿禰に位置づけている。連の豪族はムスヒ・ハヤヒ系を祖にする豪族であり、彼らを一段下に位置づけることで旧来の豪族割拠の体制を否定し、新たな体制を作ろうとしたとしている。この時期に伊勢神宮の位置づけの上昇が起こり、また斎宮の元となる制度の開始などの変化が見られるのはその証左かもしれない。

    個人的な疑問点として、①神話とは風土に相用いて形成されると思うが、異なった風土の神を導入してもそう簡単に根付くものか、②在来の神の中から、なぜ幅広く人気のあった「オオクニヌシ」ではなく「アマテラス」が採用されたのか、という2点が気になった。

    全体としては非常にダイナミックな話であり、興味深い。先史時代の倭を『記紀』からアプローチする手法も学べて為になった。

  • 日本古代史の専門家による日本神話論。

    ・ヤマト王権の時代に国家神・皇祖神とされたのは、アマテラスではなく、今や知る人がほとんどいない太陽神「タカミムスヒ」だった。
    ・タカミムスヒは、朝鮮半島から流入したユーラシア大陸系の王朝神話に倣って創造された神である。日本土着の神ではなく外来神である。タカミムスヒは、ヤマト王権時代の王家の先祖神・国家神とされたが、広範な一般の人々にはほとんど親しまれていない。現代でも、日本史の研究者くらいにしか知られていない神である。
    ・四世紀以前の人々は、オオクニヌシを日本の主神と見ており、オオクニヌシの上に絶対的な権威がある天つ神がいるとは、信じていなかった。現在の日本神話は、古来より信仰されていたオオクニヌシの神話と、イザナキ・イザナミを起源とする高天原神話という二つの神話の融合である。オオクニヌシが高天原の神々に国を譲ったという天孫降臨神話は、二つの神話を融合するため、後から追加された物語である。
    ・アマテラスは優しく思いやりのある豊穣の神で、最高神にふわさしくない性格造形である。アマテラスは自分で意思決定しておらず、他の神々の行動に流されている。日本神話で最も活発に行動しているのは、スサノオである。イザナキ・イザナミ神話の作者は、アマテラスよりスサノオの方を神話の英雄的主人公として描いていたのではないか。
    ・何故主神は、タカミムスヒからアマテラスに交代したのか。天武天皇の頃、大和朝廷が日本の国家を統一した。中国に倣い、律令制度を敷く時、国家史である日本書紀と古事記の編纂が行われた。この時、日本中の多数の豪族を従えることを目的として、伊勢、宗像など日本各地で広く信仰されていた太陽神であるアマテラスが大和朝廷の主神に交代したのではないか。中華発祥の律令制度を適用する時、土着の神を主神にすることは、バランスがよかっただろう。
    ・日本史研究上は、古事記よりも日本書紀の方が重要。古事記がもてはやされるようになったのは、江戸時代の本居宣長以降。それまではみな日本書紀を日本史の原点としていた。

  •  この本は、日本の「国家神」、「皇祖神」として奉じられてきた「アマテラス」は、大和政権の時代にはそのような扱いにはなっておらず、その時代皇祖神とされていたのは「タカミムスヒ」という全く別の太陽神であった、という学説について、
    ・なぜ現代ではアマテラスが皇祖神とされるに至ったのか
    ・タカミムスヒとは一体どのような神なのか
     などといった謎を古代の日本と北方ユーラシアとの関係を交えながら解き明かそうとする一冊である。

     一冊を通して私が注目したのは、「『天孫降臨神話』は元を辿れば北方ユーラシアの遊牧民の間にあった支配者起源神話に源流をもつもので、当時の国際関係の中から生まれたものである(第一章より要約)」という部分と、「アマテラスが最終的に選択された最大の要因は、やはりこの神が、繰り返し述べたように伝統文化の広く厚い地層に、しっかりと根を張った神であったこと(p210)」、「天武は、新しい統一国家の国家神として、一般の人々には親しまれていない、しかも伴造系の神という派閥的な色彩が付着したタカミムスヒがふさわしいとは思えなかった。アマテラスこそ、多くの神々の中心に置くのにふさわしい求心力をもった神であると、長年改革に携わった政治家としての勘で決断したのではあるまいか。(p210)」という部分である。

     海外に看過されて設定したともとれるタカミムスヒの存在と、古くから日本に根ざしていたアマテラスの2人が、どうやって入れ替わっていったのかを解説していった章では、もう何世紀も前のことだと言うのに今と変わらぬような政治的思惑が絡んでいたことがわかり、少し意外に感じた。
     全体として、昔の中国の国内での争いや日本を巻き込んだ戦いなどの状況が少しでも分かっている状態で読まないと理解するまでに時間がかかるようにも思えた。しかし、全体を通して多くの文献が引用されていることで説得力があり、また、他の学説も比較として明示されていたので非常に勉強にもなったと感じる。
     私は今回この本を読むまでこの分野に関しての知識は無いに等しいほどであったが、読み終えた今は僅かながら知識も得られ、興味も俄然湧いてきたように思う。(Mocha 20150105)

  • とても刺激的な作品でかつ大変読みやすかった。
    皇祖神はアマテラスだという「常識」を軽くひっくり返してくれます。
    そもそも多神教的世界であった日本に、皇祖神や天孫降臨という概念が持ち込まれたのか。なぜ、皇祖神がタカミムスヒからアマテラスに替えられたのか。
    そのバックにある、中国や韓国の政治状況、渡来系の人々の影響、氏族制度の確立などといった問題が語られていきます。
    アマテラスが皇祖神として認知されるのは明治以降だとか、古事記は本居宣長以降知られるようになったとか、目からうろこの一冊です。

  • 記紀神話の二元構造や皇祖神の変容に関する所説は概ね首肯しうるが、天武朝の国制改革の解釈・類推に疑問が少なくない。

  • アマテラスは実は皇祖神じゃなかったのよ!
    タカムスヒが圧倒的に強かったらしい。
    *北方騎馬民族の建国神話に酷似。

  • 皇祖神はもともとアマテラスでなくタカミムスヒであったとする内容で大変面白い。新書で分量が限られるため仕方ないが、神話の内容についても、もう少し詳しく説明してあるともっと良かった。

  • 対高句麗戦の敗戦ショックにより、
    先進文化である北方ユーラシアの文化の天孫降臨神話を取り入れ、皇祖神としてたタカミムスヒを、
    大化の改新にはじまる体制改革の中で、
    土着の神々の主神であった、より多くの人に認識されているアマテラスに変えた、ということらしい。

    高句麗、唐・新羅、欧米と戦いにおける、
    敗戦ショックが、抜本的な国内の体制変化をもたらしたとの、
    指摘も面白い。

    古事記に感じていた違和感をうまく説明してもらった感じ。
    ただ、
    きれいにまとめられ過ぎて、ちょっと面白さというか、突拍子のなさ、には欠けた感じ。

  • 神話から歴史に移行する頃合い。聖徳太子以前の日本史は、なかなかちゃんと読む機会が少ないので興味深いが、予備知識が乏しいだけに、読み進むのは辛かった。
    か今の日本は、近世移行の欧米文化の移入と、古代からの中国文化の移入により文明形成されていると思っていたが、それ以前に、北方ユーラシア系の異文化を受け入れている歴史があったという。
    雑然とした構成の本という印象を持ったが、最終章のまとめが、わかりやすくて良かった。

全22件中 1 - 10件を表示

溝口睦子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

アマテラスの誕生―古代王権の源流を探る (岩波新書)はこんな本です

アマテラスの誕生―古代王権の源流を探る (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする