ミステリーの人間学: 英国古典探偵小説を読む (岩波新書 新赤版 1187)

著者 :
  • 岩波書店
3.27
  • (8)
  • (12)
  • (31)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 277
感想 : 27
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004311874

作品紹介・あらすじ

読者を謎解きに導く巧みなプロット。犯罪にいたる人間心理への緻密な洞察。一九世紀前半ごろ誕生した探偵小説は、文学に共通する「人間を描く」というテーマに鋭く迫る試みでもある。ディケンズ、コリンズ、ドイル、チェスタトン、クリスティーなどの、代表的な英国ミステリー作品を取り上げ、探偵小説の系譜、作品の魅力などを読み解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者は、NHK Eテレ「100分de名著」、シャーロック・ホームズスペシャルで解説者として登場した。
    本人の解説が面白かったので、テレビの画面にうつっていた著作を読むことにした。

    ミステリーとは「人間の描写」であると著者はいう。
    特に面白いのは、コナン・ドイル、そしてアガサ・クリスティ。
    私はそこまで古典のミステリーに詳しいわけではないが、一般常識程度には知っている。
    この二人は作品や人柄、キャラクターなど非常に多く語られている。
    人間の描写という視点から見てみると、ただミステリーを読んで面白い、ではなかったことに気付く。
    その面白いという感覚が何なのかという深い考察に至ることができる。

    「英国ミステリーのその後」では、ドラマでもお馴染み、主任刑事モースも挙げられている。
    モースは、ドラマでしか見たことがない(しかも、endeavorなどスピンオフの方が好き)。
    人間という点に視点を置いて見てみると、インテリという設定があることで、彼の言葉の端端にあるイギリス文学の香りを楽しむことができる。
    また、時代設定を現代にすることで現代の人間についても深く感じさせる。
    ミステリーとは、人間。
    トリックだけがミステリーの面白さではない。
    そのことがよりミステリーの面白さを引き立てるのだ。

  • 図書館より。
    英国ミステリーの歴史とそこで描かれる人間性を解説していった本です。

    読んだことのない小説のあらすじ紹介からの解説は理解しにくかったですが、逆に読んだことのある小説の解説の場合は、なるほど! と思えるところがたくさんありました。

    個人的にはクリスティーの『アクロイド殺し』の解説が興味深かったです。解説されてみるとこの言葉や記述はそういう意味だったのか、と思えるところがいくつかあって、暇を見つけてはまた読み返してみようと思いました。

    ネタばれもいくつかあるのでそのあたりは注意が必要そう。と言っても、自分の場合はカタカナの名前は一度見ただけじゃ覚えられないので、犯人は誰々、と書いてあってもあまり影響はないですが(笑)

    ブラウン神父シリーズの解説が一章分語られていたのですが、全く読んだことがなかったのでもったいないことをしたなあ、と少し後悔…
    そのうちこのシリーズも読んでみないと。ただ筆者チェスタトンのブラウン神父の扱い方は苦笑ものでした。

  • クリスティが含まれていたので読んでみた。

    基本的にネタバレしまくってますが
    そうしないと「人間を描く」ことに関する
    考察ができないから
    そこは承知の上で手を出しましょう〜。
    まぁ、すでに広く知られているトリックが
    主ですけれども。

  • ミステリーの人間学 英国古典探偵小説を読む 廣野由美子著 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
    https://toyokeizai.net/articles/-/10457

    ミステリーの人間学 - 岩波書店
    https://www.iwanami.co.jp/book/b225975.html

  • 今季最高に面白かった!

     読了5時間? 時間がかかったのは、本文中に出ている作家や本や出来事について並行してググりながらだったのと、興味を引いた部分を久しぶりに読書ログノートに落とし込んだりしていたから。

     イギリスの作家ディケンズを筆頭に、英国ミステリーの根底を流れる「人間洞察」について書かれているのだけれど、作品や作家紹介の文章に愛と知識が溢れすぎていて、久しぶりに熱く胸を焼かれるやら、いっぱい付箋たてちゃうやら。

     中野美代子さんの「カニバリズム論」(「奇景の図象学」も面白かった!)を読んだ時にも似た高揚感で、他に何を書いておられるどんな人だと思って著者紹介を見ると、「視線は人を殺すか」も、この廣野さんの著書で唸る。

     持ってるけど積読にしてる。次すぐ読もうと決める。

     東野圭吾さんや宮部みゆきさんのミステリーが好きな人なら、廣野さんのこの本は、開いて数ページで世に言われる「ミステリー」に感じる「問いたいけどうまく問えない質問」に鮮やかな答えを出してもらえた気がするのじゃないかと思う。

     とにもかくにも、ディケンズもブラウン神父もクリスティもポアロも(作者も探偵もひとっからげだ(;^ω^))片端から読みたくなる一冊!

     研究者ありがとう、万歳!

  • 英国を代表する推理作家の作品に焦点を当て、
    初期のミステリーの成り立ちがわかる。
    ただ、ちょっと言い回しが難解。
    あ、ねたバレ注意!

  • 大学の講義を受けているような贅沢さ。

  • ディケンズ、コリンズ、ドイル、チェスタトン、クリスティーと5人のイギリスの作家のミステリー小説の評論です。
    英国古典探偵小説は単純なトリックの謎とき話ではなくて、人間の心理や暗部について語る人間性の探究の話でもあるということです。
    シャーロック・ホームズ、ポワロ、ミス・マープル、ブラウン神父の話をまた読みたくなりました。

  • ディケンズ、ウィルキー・コリンズ、ドイル、G・Kチェスタトン、クリスティについて記述。

    クリスティは「暴かれるのは誰か」として、
    ・解明のプロセスで起こること「アクロイド殺し」
    ・人間を裁けるか「オリエント急行殺人事件」
    ・誰かに似ている犯人「火曜クラブ」ほか  を記述。

    2009.5.20発行 図書館

  • 文学

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

廣野 由美子 (ひろの・ゆみこ):一九五八年生まれ。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。京都大学文学部(独文学専攻)卒業。神戸大学大学院文化学研究科博士課程(英文学専攻)単位取得退学。学術博士。専門はイギリス小説。著書に、『批評理論入門』(中公新書)、『小説読解入門』(中公新書)、『深読みジェイン・オースティン』(NHKブックス)、『謎解き「嵐が丘」』(松籟社)、『ミステリーの人間学』(岩波新書)など。

「2023年 『変容するシェイクスピア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

廣野由美子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×