ノモンハン戦争―モンゴルと満洲国 (岩波新書)

著者 : 田中克彦
  • 岩波書店 (2009年6月19日発売)
3.51
  • (7)
  • (16)
  • (18)
  • (6)
  • (0)
  • 171人登録
  • 30レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004311911

作品紹介

一九三九年のノモンハン戦争は、かいらい国家満洲国とモンゴル人民共和国の国境をめぐる悲惨な戦闘の後、双方それぞれに二万人の犠牲をはらって終結した。誰のため、何のために?第二次大戦後、満洲国は消滅して中国東北部となり、モンゴルはソ連の崩壊とともに独立をまっとうした。現在につながる民族と国家の問題に迫った最新の研究。

ノモンハン戦争―モンゴルと満洲国 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  田中克彦氏は言語学者である。その言語学者である氏がなぜノモンハンなのか、そう思ってぼくは最初この本を買いかねていた。しかし、だんだん気になって手にとって、氏がもともとモンゴル学者であることを思い出した。本書はモンゴル語とロシア語の資料を読み解く著者しか書けない本である。ノモンハンと言うと、日本の軍備のお粗末さから多くの犠牲を出し、のちのちまで秘密のベールに覆われていたという凄惨なイメージがある。筆者の田中氏は、この戦争の背景に、コミンテルンの配下にあったモンゴル族と満州国にいたモンゴル族の統一を願う人々がいたことに思いをはせる。実際、モンゴル共和国はこの戦いによって独立を果たしたのだけれど、ノモンハンで死んだ人よりもはるかに多くのモンゴル人たちが、満州国とコミンテルンによって粛正されているのである。

  • 2009年刊行。ソ連、中国(清朝から中華人民共和国まで)、そして日本(含む満洲国)といった大国に翻弄され続けたモンゴル。ノモンハン事件を切り口とし、事件前後におけるモンゴルの大国との奮闘史を描く。特に、ソ連(スターリン)への砂を噛むような外交努力は、モンゴル研究者たる著者でしか描き得ないだろう。旧満洲国~現在のモンゴル共和国~ロシア領内バイカル湖周辺まで及ぶモンゴル族の統一・独立機運、すなわち汎・モンゴル主義がソ連・日本にとって脅威であったし、現在の中国でも脅威という点は興味深い。視点転換に有益な書。

  • ノモンハン戦争をテーマに、辛亥革命から今まで残る汎モンゴル主義や、ソ連によるモンゴル人民共和国の政治的虐殺、満州国による満州国内モンゴル民族地域での弾圧、などを解説していく。ノモンハン事件は、両国に分断されたモンゴル人の接触機会として模索され開始した後、ソ連と日本満州によって大々的な衝突へとつながった不幸を持つ。講和会議でも両者はモンゴル民族の統一阻止を最重要視していた。今では、ソ連、中国、モンゴルに分断されたモンゴル民族。中国国内の内モンゴル自治区にはもうモンゴル人は少ないと言われており、ソ連によって建設されたモンゴルという国の歴史の悲劇を伝えている。ソ連崩壊でソ連の軛から開放されたモンゴルは、これからどういう道を模索していくのだろうか。

  • とりあえずこれも、満州界隈の読み物ってことで手に取ってみた。でも、大まかな流れくらいしか知らず、小説くらいでしか読んだことのない状態だと、ここに書かれている内容はちょっと細かすぎて手に余る感じ。という訳で、この時代にもう少し詳しくなったら読み直すかもだけど、今のところは積読ことにします。

  • 1939年,モンゴルと満洲国の間で国境線をめぐって争われたノモンハンの戦いでは,双方の死傷者・行方不明者が2万人にも達した.これは単なる事件ではなく明白に戦争であった.歴史的・地理的条件から説き起こし,最新の研究成果にもとづいて,その真相を明らかにしながら,前史から終結までを生きいきと描きだす.

  • 関東軍が背後に控える満洲軍とソ連が背後に控えるモンゴル軍による衝突「ノモンハン事件」をこれまでにない視点でとらえたらしい本書。

    正直予備知識がなかったので、背景、経緯、戦術レベルまで概要がわかるとよいと思って手にとった。

    しかし、この本は従前の戦術局面にフォーカスしたアプローチにアンチテーゼを示し、むしろ2代大国に翻弄され2陣営にわかれ、指導者をソ連や日本に暗殺されながらも最終的に独立を掴み取ったモンゴル人を中心に展開される。

    従来の史実を十分に知っているうえで新しい視点として読むべき本の様ではある。

  • 著書の主張通り、いわゆる戦史ではない、奥深い近代史に触れることができた。

  • つまらない。

  • 日中戦争の最中、
    1939年に勃発したノモンハン戦争について記した一冊。
    戦争の経過については序盤にさらりと触れられるのみで、
    紙面の多くを背景やこれに至る経緯の解説に割いている。

    黄禍論としての汎モンゴル主義を
    モンゴル民族に限定させることで逆に利用し、
    モンゴル人民共和国を縛った上で
    関東軍を誘い込んだソ連のしたたかさが興味深い。

    またソ連と中国、日本に翻弄され続けた
    モンゴル民族の歴史に触れることができ勉強になった。

  • 目次:
     まえがき
    第一章 「事件」か、「戦争」か
    第二章 満洲国の国境とホロンボイル
    第三章 ハルハ廟事件からマンチューリ会議まで
    第四章 抵抗するモンゴル首脳たち
    第五章 受難のブリヤート人―汎モンゴル主義者
    第六章 汎モンゴル主義
    第七章 ソ連、モンゴルからの満洲国への脱出者
    第八章 戦場の兵士たち
    第九章 チョイバルサンの夢―果たせぬ独立
    第一〇章 誰がこの戦争を望んだか
     あとがき
     参考文献
     略年表

全30件中 1 - 10件を表示

田中克彦の作品

ノモンハン戦争―モンゴルと満洲国 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする