イワシと気候変動―漁業の未来を考える (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.79
  • (5)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004311928

作品紹介・あらすじ

大漁・不漁を左右する海の魚の数は、地球の大気や海と連動して数十年スケールで変動していた-この「レジーム・シフト」を著書は一九八三年、世界で初めて見いだした。九〇年代以降、世界的に大きく進展した研究成果を踏まえ、これからの海と海洋生物資源の持続的利用のあり方に明確な方向性を示す。新しい地球環境観への誘い。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00508922

  • イワシなどの漁業資源は、人間による乱獲により減少したという説を否定し、数十年間のスケールで変動する気候変動の下でその数が変動するという説を提唱。
    これがなかなか面白い。数十年間のスケールで、寒冷期と温暖期が繰り返れるが、寒冷期にはイワシなどの小型魚が、温暖期にはカツオやマグロなどの大型魚の数が大きくなるらしい。
    今後、温暖期が進行すると漁業資源はどうなっていくんだろう?

  • 漁獲高が減るのは乱獲が原因という通説を覆す「レジーム・シフト理論」の一般向け解説書。
    遠く離れた日本沿岸と北米西海岸と南米西海岸におけるイワシの漁獲高の高低がシンクロしているという奇妙な事実をきっかけに、人間の乱獲以外のより大きな環境要因を追求した結果、レジーム・シフトなる理論が完成する。数10年単位での太平洋規模~地球規模の環境変動の位相が、魚のバイオマス変動にシンクロ(あるいは逆シンクロ)する例が複数発見されており、漁獲高の予測や操業管理に巨視的な視点が必要なことが明らかになってきているようだ。膨大な数の卵を産む魚類は、親の数と子の数が相関せず、成魚まで生き延びられる環境要因の方が大きく影響するという解説もちょっと新鮮な驚き。
    専門用語も多いが、きっちりと数値データも掲載されていて、科学者による一般向け文章として好感の持てる内容。科学的な知見だけはなく、「海は誰のものか」という主題を歴史的な視点で綴られた第5章も秀逸で、ローマ人の領海意識から、近年の EEZ-排他的経済水域が取り決めれるまでの経緯が、巧く要約されている。
    身近で小さなイワシをモチーフに、地球単位・百年単位のマクロ感覚を刺激される良い読書だった。

  • 漁業の関係者ではないので、鰯と気候変動の関係はよくわかっていない。

    昔、いわしは安価で、栄養源だった。
    日本の経済を支えてきたのは、鰯かもしれない。
    鰯を大量にとり続けられるようにするにはどうしたらいいかを考えさせられた。

    漁業の未来だけでなく、日本の未来を憂える。

    ps.
    鰯の天麩羅も得意ではなかった。
    鰯が貴重になってきて、鰯の天麩羅が好きになってしまった。

  • 2012 1/16パワー・ブラウジング。筑波大学図書館情報学図書館で借りた。
    なんか新書、それも自分の専門と遠い新書が読みたくなって手にとった本。
    大気-海洋-海洋生態系という地球環境システムの変動を統一的に説明する「レジーム・シフト」理論を、イワシを入り口に紹介する本。海洋動態解析の話。
    その理論自体が筆者のイワシの漁獲量変動の原因の研究からはじまっている。
    普通に話自体が面白いのはもちろん、ふだんあまり馴染みのない分野の研究の話としても興味深かった。

    ・魚は大量の卵を生む、世話はしない
     ⇒・0コンマ数%の生き残り率の変化で個体数が激変する

  • [ 内容 ]
    大漁・不漁を左右する海の魚の数は、地球の大気や海と連動して数十年スケールで変動していた―この「レジーム・シフト」を著書は一九八三年、世界で初めて見いだした。
    九〇年代以降、世界的に大きく進展した研究成果を踏まえ、これからの海と海洋生物資源の持続的利用のあり方に明確な方向性を示す。
    新しい地球環境観への誘い。

    [ 目次 ]
    序章 海と漁業で何が起こっているのか
    第1章 イワシが消えた
    第2章 プランクトンからマグロまで―海洋生態系の大変動
    第3章 海は気候を記憶する
    第4章 地球はひとつのシステム
    第5章 分断された海で―国連海洋法条約と漁業
    第6章 日本の漁業はいま
    終章 海から、持続可能性を考える―温暖化とレジーム・シフト

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 海洋生物資源の変動を長期的な気候変動によるレジームシフトか乱獲かという議論を軸に国際海洋政策の枠組について考える。
    鯨問題にも共通するけど、この手の「国益」が絡むと途端に何が科学的か、が揺らいでく感じがよく分かる。

  • 台所を預かっている身の上なれば、魚の豊漁になる種類が数年ごとに入れ替わるというのは感じておりました。たくさん生み出される魚の卵がどれだけ生き延びるかに掛かっているそうです。気候変動により、海の水温の高低が生じ、栄養や酸素供給に違いが出てくるのですね。自然に起こる変動は元に戻るけれど、人為的に起こる汚染や温暖化は戻すのが難しい。 こうした研究は地味で長い時間をかけたデータの積み重ねが必要です。小達コレクションの話は感動しました。欧米の感情的な論文がネイチャーに載りそれが世論をリードするというのにも驚きました。また小さなことですが、イワシ類しか植物性プランクトンを食べないということを初めて知りました。 なかなか読みごたえの有る本ですがもっと読みやすければよいのに。

  • 難しかった。

    はじめにと最後の章をじっくり読んで
    あとは流し読み。

    でも、お魚好きだからこそ
    きちんと考えたい。

    だからもう少し噛み砕いて書いて欲しかった。

  • 『イワシと気候変動――漁業の未来を考える』(川崎健、2009年、岩波新書)

    日本近海でイワシが獲れなくなったといわれる。それは乱獲によるものなのだろうか?

    この点、筆者は、日本付近の黒潮地域に分布する極東マイワシ、カリフォルニア海流地域に分布するカリフォルニア・マイワシ、フンボルト海流(南米ペルー沖)地域に分布するチリ・マイワシの3種のマイワシが漁獲量が奇妙にも一致していることを見出だした。これは「グローバルな気候変動が遠く離れた水域のマイワシ」に「同時に共通の変動を引き起こし」たのであり、「漁獲によって」変動するものではないと指摘する。

    では、乱獲ではないとすれば何故イワシがとれなくなったのか。それは「レジーム・シフト」というグローバルな数十年スケールの海洋生物の変動現象による。海洋は何十年という単位(熱塩循環で見れば1000年から2000年!)で対流・変動しており、大気・海流がレジーム・シフトを引き起こすとされる。

    その他、国際海洋法の制定の経緯、日本の漁業についてなどの記述がある。

    たいへん勉強になったが、少し難しく感じた。

    (2009年7月1日)

全11件中 1 - 10件を表示

川崎健の作品

ツイートする