鑑真 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.31
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004312185

作品紹介・あらすじ

五度の失敗の末に、ようやく来日を果たした苦心談で知られる鑑真。しかし、彼がどのような学問を修めていたか、何を実現するために日本へ来たのか、また結果として日本の仏教に何をもたらしたかについては、これまであまり語られてこなかった。日本の仏教受容という大きな流れのなかに鑑真の存在を位置づける、画期的な試み。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文体が重たい。完読までこんなに苦戦すると思わなかった。しかし読破してよかった。鑑真の人生に触れることで、様々なことを考えさせられる。

  • p

  • 鑑真の伝記。有名な渡海の苦難についての叙述は最小限に留め、来日前の履歴や来日後の活動、後世への影響に重きを置く。通説・多数説や先行研究に批判的な箇所が少なくない。

  • イメージばかりが先行しがちな鑑真和上について史実を探りその生涯を描く。日本に来るまでの話はよく聞くがその後についてもよく書かれている。

  • [ 内容 ]
    五度の失敗の末に、ようやく来日を果たした苦心談で知られる鑑真。
    しかし、彼がどのような学問を修めていたか、何を実現するために日本へ来たのか、また結果として日本の仏教に何をもたらしたかについては、これまであまり語られてこなかった。
    日本の仏教受容という大きな流れのなかに鑑真の存在を位置づける、画期的な試み。

    [ 目次 ]
    第1章 生い立ちと唐での活躍
    第2章 渡日の決意
    第3章 授戒の和上
    第4章 唐招提寺へ
    第5章 鑑真が伝えたもの
    終章 鑑真その後

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 長屋王が仏教を尊び、袈裟を千領作り中国の僧に喜捨した事。はじめて知り、どんな方だったのか知りたくなりました。「山川異域 風月同天 寄諸仏子 共結来縁」と送った袈裟の隅に刺繍を施してあったそうです。

  • 鑑真について、まとまったものを読んだことがなかったので購入、読了。東大寺の戒壇についてなどは以前読んだことがあったのですが、そういったものにここまで鑑真が関わっていたとは知りませんでした。本文はとても面白く読みやすく、ほぼ一気に読んでしまいました。ただ、あまり過度に褒めあげるのも問題ですが、鑑真の功績を知らないのもよくないことだと改めて認識しました。

  • 史実として確定的にわからないことも多いが、

    とりあえず、

    日本って昔から戒律って苦手だったんだなってのがよくわかった。

全8件中 1 - 8件を表示

東野治之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エンツォ・トラヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする