消費者の権利 新版 (岩波新書)

著者 : 正田彬
  • 岩波書店 (2010年2月20日発売)
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004312321

作品紹介

食品の偽装表示、悪質な訪問販売、ネット取引でのトラブル…。市場主義やグローバル化が進展するなか、消費生活の安全をどう確立すべきか。消費者の権利を「経済社会の基本的原則」と位置づけ、その仕組みをわかりやすく解説。消費者庁などの行政、あるいは消費者自身に何ができるかを考える。一九七二年に刊行された旧版を全面改訂。

消費者の権利 新版 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 難しかった…。俺に法学系の本は向かないらしい。条文とか読んでると脳みそが停止する。チーン。

    著者は法学者。
    経営学を勉強する俺から見ると、ある意味では敵。
    というのは、経営学の授業で「戦略」として習った行為が、この本では「消費者への弾圧」として糾弾されているから。
    終始、相容れない思想を感じていた。経営学者はいかに競争を避けるかに知恵を絞るが、法学者はいかに競争を起こすかに執心する。
    制反対側の極端な意見を見て、なるほどこういう主張もあるのかと思った。

    そして、法学部に進学しなくてよかったなあと思った。
    あ、レビューになってない。これ、ただの個人的な感想だ。
    期待してみてくださった方、ごめんなさい。僕個人的には、これはあまり面白くありませんでした。

  • 消費者受難が続く。事業者の営利至上主義。外国から安価な、しかし安全とは言い切れない商品の輸入。
    何を信じていいかわからない。頼りになるのは自らのみ・・・とは言え、情報さえぼかされたり、遮られたりする。
    消費者軽視は亡国の始まりかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

正田彬の作品

消費者の権利 新版 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする