玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)

著者 : 前田耕作
  • 岩波書店 (2010年4月21日発売)
3.67
  • (2)
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004312437

作品紹介

中国・天山山脈からガンダーラへ。「シルクロード」と呼ばれた古道のほとりで、東西の宗教や言語がまじりあう豊穣な文化をはぐくんだ西域・中央アジアの国々。今は歴史の彼方に失われたその姿を、旺盛な好奇心と鋭い観察力をもって記録に留めたのが玄奘三蔵そのひとであった。前人未踏の地をゆく、険しくも心躍る玄奘の旅を追体験する。

玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 玄奘の生立ちとシルクロードの旅をコンパクトに纏めた新書で読みやすかったが、途中バーミヤンの辺り以降、土地の史跡に関する記述が主になってしまっている。その為、旅の物語もその辺で切り上げられ、巻末に長安に戻って以後の事績が添えられているのみ。著者のアフガニスタンでの経験と思い入れがやや出過ぎて、玄奘その人から離れた感があるのは惜しい。

  • 2013.11.26
    結び〜あとがきが読み応えあり
    もしなお文化が生き残っているとすれば、国もまた生き残れよう
    カーブル博物館 横断幕

  • 西方への果てしない旅は誰に命じられたものでもなく、翻訳物ではない仏典の原典に触れて真髄を学びたいという情熱的な欲求が動機で、海外の翻訳作品をいつかは原文で読みもっと理解したいと考える(だけで何もしていない)私はそこに親近感を持ちます。入念な下準備をして実行に移す行動力、国禁をおかして国外へ旅立つ度胸、行く先々の地を見つめる緻密な観察眼、過酷な道のりを進む強靭な精神力。そんな玄奘の長い長い旅のダイジェストとも言える本でした。こんなにエネルギッシュな人ならば、ブタとサルとカッパのお供は必要なさそうですね。

  • [ 内容 ]
    中国・天山山脈からガンダーラへ。
    「シルクロード」と呼ばれた古道のほとりで、東西の宗教や言語がまじりあう豊穣な文化をはぐくんだ西域・中央アジアの国々。
    今は歴史の彼方に失われたその姿を、旺盛な好奇心と鋭い観察力をもって記録に留めたのが玄奘三蔵そのひとであった。
    前人未踏の地をゆく、険しくも心躍る玄奘の旅を追体験する。

    [ 目次 ]
    第1章 不東の旅立ち
    第2章 異文化の香り高い西域
    第3章 シルクロードの十字路ソグディアナ
    第4章 古代バクトリアゆかりの国ぐに
    第5章 仏教文化の聖地
    第6章 果てしなき道

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • まさに三蔵法師が歩んだ道そのもの。
    西遊記ではなく大唐西域記であること。
    しかし、改めて玄奘の偉大さを教えてもらった。
    壮大なスケールの人生を垣間見た気がします。

全5件中 1 - 5件を表示

前田耕作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)はこんな本です

玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする