生き方の不平等――お互いさまの社会に向けて (岩波新書)

  • 岩波書店
3.32
  • (7)
  • (5)
  • (18)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 173
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004312451

作品紹介・あらすじ

いまの日本社会で実際に選択できる「生き方」には、収入やジェンダー、年齢によって著しい不平等があるのではないか。子ども、若者、勤労者、高齢者というライフステージごとに、その実態と原因について、数々のデータをもとに考察。生き方の不平等をなくしていく道を「お互いさまの社会」の創出に見出してゆく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代の日本で、生まれ育った家庭や生まれた性別によって、ライフコースに不平等が生じていることを、子どもの貧困、格差論、労働論などを切り口に論じている。
    例えば、貧困の家庭に育つ子どもと裕福な家庭に育つ子どもとでは、様々な要因によって、進学率に差が生じ、それが就職にも影響してくる。また、女性であれば、家庭内の役割を暗に求められ、就労にも影響がある。
    なるほど、わが国では、生まれた家庭や性別によって相当不平等なのだなと思わざるを得ない。生まれ育った家庭によらず、性別によらず、本人の努力で成功できる社会が理想だと僕は思います。現実はもちろんそうはなっていないし、そこに政策課題があるわけですが、あまり機能していないみたい。

  • S367.9-イワ-R1461 300105350
    (岩波新書 新赤版 1245)

  • ゼミの課題本。今まで参考書のようなものをじっくりと読み進めたことがあまりないため、そういった意味でも勉強になった。
    しかし、度々出てくるグラフなどが複雑で、説明不足な所も多かったように思う。また、繰り返しが多く、無駄なのでは?と思う部分が多かった。
    特に新しい視点が出てきたわけでもないだろうが、まず格差・貧困などについて理解するのには、役立つ本だと思った。
    私自身色々新しい考えも生まれたし、これからいろいろなことを学んで行く上でとてもタメになった。

  • タイトルにインパクトがあり、自己啓発のような柔らかいサブタイトルであるわりに、読んでもあまり得るものがない。岩波新書だし、東大教授なのでしっかり参考文献も出し、図表も豊富に提示してあるが、ここで問われている、少子化、若者の貧困、未婚・晩婚、高齢化などの問題は、すでに先行の論者たちが論じてきたことの焼き直し。特に新しい視点はないし、とにかく読みづらい。

    親の経済力格差が子どもにも影響する、企業は就職支援を、富裕層のストックに税金をかけて再分配を、どこでも聞いたような解決策しか浮かばない。

    あと、親は長男や息子に経済的に依存する、親の資産の恩恵を受けるのも男、というのは実はそうでもない。私の周囲では、他家に嫁いだ娘を介護人と見込んで親と密接になっているケースが目立つ。
    資料とそれまでの既製の価値観と思いこみによって片づけているだけで、実際、そうした問題を抱えた人にアクセスして状況を洗い出したわけではない。説得力がない退屈な社会学の本。

  • ざっと流れと終章のポイントを整理しておく。

    一章は子どもたちの不平等、二章は若者のあいだでの不平等、三章は女性と男性それぞれの働き方、四章は高齢者たちのあいだの不平等、5章は「お互いさま」という理念が示されている。

    終章の提言のみここに記しておくと、
    「お互いさまの社会制度として、再分配政策をいま一度見直し、社会制度の中心的な制度として整備すること。」
    「若年層、壮年の現役層を中心に、子育て支援、就労支援などを通して社会が生活保障機能を提供することのメリットを実感してもらうこと。」
    「第三の論点は、就労を通した参加型社会の形成である。」
    興味深かったのは丸山真男の「他者感覚」という言葉で、「自らが他者にはなりえず、他者でない自分が他者の立場を理解することの限界を認識することをも意味する他者感覚」と定義される。

  • 生き方の不平等。人生のうちでどれだけ主体的な選択決定をすることができるか、世代別の貧困に関する考察といったテーマだった。

    収集された数値データの傾向から言えること、またさらに深くデータの裏側まで読み通そうとする姿勢、方法は参考になる。

  • 格差を考えるうえで、今まであまり考えてなかった子どもの立場から見た視点が面白い

  • 社会学者の筆者が、多くのデータを示しながら、子ども、若者、男女、高齢者という中での実際の実情を報告している。最後に提言の章がある。

    最後がお互い様であるという無難というか当たり前の結論であって、そこが物足りない。所謂データ分析はできるが、それをまとめる思想が少し欠けているような感じかな?

  • [ 内容 ]
    いまの日本社会で実際に選択できる「生き方」には、収入やジェンダー、年齢によって著しい不平等があるのではないか。
    子ども、若者、勤労者、高齢者というライフステージごとに、その実態と原因について、数々のデータをもとに考察。
    生き方の不平等をなくしていく道を「お互いさまの社会」の創出に見出してゆく。

    [ 目次 ]
    序章 不平等を語る
    第1章 ゆりかごが決める人の一生―子どもたちの不平等
    第2章 たまたまの勝ち組、たまたまの負け組―若者たちの格差
    第3章 稼ぐ人・世話をする人の分かれ道―女の働き方・男の働き方
    第4章 蓄積された不条理―高齢者たちの格差
    終章 お互いさまの社会に向けて

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全22件中 1 - 10件を表示

白波瀬佐和子の作品

生き方の不平等――お互いさまの社会に向けて (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする