漢文と東アジア――訓読の文化圏 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.48
  • (3)
  • (9)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :118
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004312628

作品紹介・あらすじ

漢文の訓読は従来、日本独自のものと思われてきたが、近年、朝鮮、ウイグル、契丹など中国周辺の民族の言語や中国語自体の中にも同様の現象があったことが明らかになってきた。仏典の漢訳の過程にヒントを得て生まれた訓読の歴史を知ることが東アジアの文化理解に必要であることを述べ、漢文文化圏という概念を提唱する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  日本の訓読の歴史、仏典漢訳との関係。また、訓読は日本だけで行われていたと考えられていたが、朝鮮、ウイグル、契丹、ベトナム、また中国自体における、それぞれの文化・言語に合わせた訓読現象が認められる。漢文文化の受容の仕方が興味深い。

     大変興味深い本。もう少し読み込みたいです。

  • 変体漢文の存在は知っていたが、具体例は知らなかった。冒頭に、「券売機」という日本語の語順と「発券」という中国語の語順を例に出していて、(昔の変体漢文とは異なるだろうが)、わかりやすかった。漢文訓読は朝鮮でも行われており、著者は、「漢字文化圏」ではなく「漢文文化圏」に注目している。

  • 第1章は評価できる。日本以外における漢文による典籍への加点が知られることは良いこと。
    でも、第2章と第3章は明らかに初めに結論ありきの論展開で全く評価できない。「~かもしれない」「~かもしれない」「~の可能性がある」「~かもしれない」「だから~だ!」では無理がありすぎる。
    例えば「仏教は朝鮮から日本へ伝来した」「日本と朝鮮の漢文への加点方式は似ている」「だから漢文訓読は朝鮮から日本へ伝来した」という状態。
    日本の加点は時代による変遷が考慮されているのに、朝鮮ではずっと変わらないかのよう。漢数字による語順表記は影響されなくても思いつくのでは?
    これを読んだ東アジア漢文加点の知識がない人が(学会でも意見が割れているにも関わらず)漢文訓読は朝鮮発祥である、と思い込んでしまうのが心配。

  • 東アジアの国のことばと漢文との関わり(訓読)を歴史的に考証する一冊。「訓読」とは漢文を自らの国語の一部として読む工夫のこと。契丹、高昌、ウイグル、高麗、ヴェトナムでも独自に発展し、日本だけではない。漢文文化圏を捉え直す良書。

  • This book is about the history of kundoku which is a style of interpreting classical Chinese. It focuses on that in Japan, but also covers other areas. It reveals that kundoku is not uniquely Japanese.

  • これはめっちゃいい本! 古訓点を実際に読み解いてみせる入門書はなかったし、東アジアの問題としての訓読をきちんと押さえて見せた構成があざやかですばらしい。
     細かい問題には触れてないのでやや不満ものこるけれど、漢文好きはかならず読むべし。活字で漢文読んでますなんてジマンすると、コロサレチャウゾ☆

  • 広く東アジアを俯瞰する1つの方法

全8件中 1 - 8件を表示

金文京の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

漢文と東アジア――訓読の文化圏 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする