偶然とは何か――その積極的意味 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.18
  • (5)
  • (11)
  • (25)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 273
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004312697

作品紹介・あらすじ

偶然は避けることができない。確率論によってリスクを管理したり、合理的意思決定理論によって不運を消滅させることはできない。一方、生物の進化や人間の歴史を考えると、偶然の積極的な意味が見えてくる。偶然は、単に必然の否定といった消極的なものではない。偶然は想像力を刺激することによって、人生をより豊かなものとしている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 偶然のもたらす運、不運による影響をできるだけ小さくするべし、運や不運は他人と分かち合える、との主張に共感

  • 第1章 偶然と必然
    第2章 確率の意味
    第3章 確率を応用する論理
    第4章 偶然の積極的意味
    第5章 偶然にどう対処すべきか
    第6章 歴史の中の偶然性

  • 確率や統計の専門書を読みたい人は他の本を当たるべきだと思うが、哲学から歴史、確率論、心理学などあらゆる分野を横断した本はなかなかお目にかかることはできず知的な刺激を受けることができる。

  • 偶然とか、確率に関することをまとめた。数式なども出てきますが、言葉で補ってあるので、わかりにくくはないと思うのですが、基礎知識がないと理解しづらいところもあったかと思う。
    「偶然」が生物の進化や経済発展に関係してきたところは本当に面白いし、人間にとって偶然をどう捉えなければならないかなどの観点も面白い。

  • 本書「むすび」p.220より抜粋。
    「偶然は多様であり、けっして大数の法則によって解消されてしまうようなものではない。その多様なあり方をどのように理解し、それとどのように取り組むかが二十一世紀の大きな課題である。」
    本書の目的は、この一行に凝縮されていると思われます。

  • 宇宙から統計学、W杯の予言タコのパウル君にまで縦横無尽に偶然について言及しているが、やや散漫な印象を持ちました
    どちらかといえばジャンルを絞った内容が読みたかったのですが

  • 論理学、数学、哲学、宗教学、宇宙論など、広い分野に亘る説明で知的な興奮を与えてくれます。必然と偶然の定義、種別の説明から。英語では必ずしも必然と偶然が対応した反語になっているわけではない・・・。ラプラスという「天体力学」を著したラプラスが「特定の時点で、宇宙にある全ての物体の位置と運動の方向と早さと質量を知ることができれば、宇宙に起こる全ての現象を無限の過去から未来にわたって正確に知る」と主張し、ナポレオンが「ここに神はいないようだが」と尋ね、彼が「私はそのような仮説を必要としません」と答えたという話(P23)は何とも面白いです。ニュートンは神を信じていたそうなのですが。「賭博者は必ず破産する」現象の確率論的な説明は目から鱗の驚きでしたし、藝術論も、本人にとっては内面的必然性から出てきた作品と言っても、本人の主体性あるいは自由は偶然なのかを考えさせられます。 とにかく「偶然」と簡単に語ってしまう言葉の深遠な意味を考えさせられる刺激的な本です。

  • タイトルとサブタイトルの印象では、もう少し哲学チックな内容かと思いきや、著者は数理統計の専門家だった。
    偶然と必然は対立する用語だが、『必然を邪魔するものが偶然なのではなく、世の中は偶然によって成立している』という主張だが、半分ぐらいは確率の話(それはそれで面白いがちょっと本書の趣旨に反する気がする)で、なかなか偶然と必然の形而上的思索に耽られる内容ではなかったし、世の中の偶然性に以下に対処すべきか --- たとえば「保険に入ろう」的な --- 形而下の話は、正直いって面白くない。
    「偶然」に対する数学(確率)的以外のアプローチは雑多で、ギャンブル、生物の進化、金融工学、等々と比較的マクロな話が続くが、面白いのは、各方面の文脈により「偶然/必然」の意味合いがだいぶ違うということ。自然科学(量子論なんか)の「偶然」と歴史の「偶然」は全然意味のレベルが違う。しかし、どんな局面でも偶然という概念の把握は、人間の想像力に依存しているという見方が新鮮だった。まだ起きていない物事の可能性や過去に起きるかもしれなかった可能性と、実際の現実を対峙させて、はじめて偶然という形式が浮き彫りになる。「偶然」とは脳が進化した人間だけが味わえる特権なのであった。

  • 統計論のような、哲学書の様な。。
    割と趣味的な本。まぁ、軽く流して終了。

  • 「偶然とは何か」というタイトルに惹かれて手に取った。
    著者は統計学の教授だそうである。前半の偶然の反対は必然であるとか、確率の話は教科書的である。偶然の積極的意味の章から、科学、哲学、宗教、宇宙論と話題がさまざま提供されるけれど、羅列的でタイトルの偶然とは何かに対する答えは述べられていない。そもそも、答えが述べられるようなものでもないけれど。ただ、最後の2つの章では、「偶然の再発見」 「歴史の中の偶然性」「偶然にどう対処すべきか」などが丁寧に解説されていて、科学的でありながら啓発書的でもある。そのあたりの文章は示唆に富み、おもしろい。

全25件中 1 - 10件を表示

竹内啓の作品

偶然とは何か――その積極的意味 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする