飛鳥の都〈シリーズ 日本古代史 3〉 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.42
  • (7)
  • (13)
  • (16)
  • (5)
  • (2)
  • 本棚登録 :137
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004312734

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 岩波新書の古代日本史シリーズ第3弾。
    本書は7世紀の倭の国の歴史について、その研究成果から概略について著したものです。
    この時代、中国と朝鮮半島を巡る国際情勢の緊迫化から、倭の国において中央集権体制が築きあげられていったといいます。
    この時代から、官僚組織、人事異動、文書行政が見られるなど、職業病ですが、なんとなしの感慨を受けました。

  • 倭国が、7世紀を通じて、公民制や官僚制を整備して中央集権化し、律令制国家として確かな基盤を作っていくプロセスを辿る。

    また、この時代は、文化的にも軍事的にも、唐や朝鮮三国をはじめとする東アジア諸国家の影響を強く受け続けた。
    唐による倭国征討の危機にある天智朝において、近江令が制定されて公民制や官僚制が整備・強化されることで、専制的な律令制国家が成立したという著者の見方は、当時の倭国支配層の焦燥を強く感じさせるものである。
    また、官僚制や藤原京の条坊構造、倭国の国家イデオロギーとして普及していく仏教・儒教など、あらゆる面で、中華帝国の影響力が凄まじいものであることに驚かされる。
    世界史を把握しておかなければ、日本史を正確に理解することも困難であるという、当然の事実に改めて気付かされる。

  • 飛鳥時代から、大化の改新、白村江の戦を経て、藤原京遷都までを扱う。

    読んでみて改めて、天智天皇の存在の大きさが印象に残る。天智天皇といえば、大化の改新や、白村江の戦で知られる。これだけだと、よくありがちな強権的な君主の一人と思えるが、そうではない。本書では、天智の業績として「近江令」の制定を挙げ、詳細に検討を加えている。

    近江令は日本で最初の体系的法令とされているが、その施行や存在に疑問符をつけられていた。しかし、近年の文献資料の検討から、近江令が実際に行われたとみるのが妥当とされる。そして、近江令による国家体制の変革と同時に、宮中祭祀の変更、蝦夷征討、唐との戦争、などが精力的に行われた。本書は、近江令こそが、古代日本における本格的な中央集権制の嚆矢とみなしている。

    思うに、天智天皇は明確なイデオロギーに基づいて行動している。その業績はのちの律令体制に引き継がれていき、その後数百年の日本の礎を築いた。まさに大英雄だと思う。天智天皇の和風諡号は天命開別尊であり、当時の人からも時代を画した聖君とあがめられてたらしい。わかる気がする。

  • <目次>
    第1章  飛鳥の王法と仏法
    第2章  大化改新
    第3章  近江令の時代
    第4章  律令体制の確立

    <内容>
    7世紀の様子を描く。東アジアの動きの中に、日本史を落とし込んでいるところがポイントかな?あとは授業で触れていることがちょっと古くなっているのかもしれないと感じた。

  • 岩波新書の古代史シリーズの第3巻。第3巻は7世紀。大化の改新や白村江の戦い、壬申の乱を経て律令国家体制が整っていく過程が扱われている。東アジア情勢の緊張が高まる中で臨戦体制を整える必要から国内の中央集権も進んで行く様がよくわかった。

    「天武10年代には、この(記紀編纂)のほかにも藤原京の建設、諸国国境の画定、富本銭の発行など、国家支配の根本に関わる政策が相次いだ。……私は<天武10年の転換>によって始まったこの特色ある時期を「法と礼と史の時代」と呼んでいる。中国文化への接近、伝統の否定と再生ー天武朝前半とは明らかに異なる時代相が、そこにはあった。」(155頁)

  • 激動の7世紀史に酔った。大化の改心、壬申の乱などの激動を経て、日本が国家としての形を整える姿が表れていた。里中満知子氏の「天上の虹」を読みたくなった。

  • 広くユーラシア大陸のアクターを含めた中での倭の7世紀史。外圧、外交なくして、内政の進展もなかった。文化面での言及が少ないのが残念だが、政治史的には一般に十分詳細。

  • 次の一節で古代の時間の流れの一端がわかったような気がしました。
    「飛鳥寺は20年の歳月をかけて建立された。実はこれは古代寺院の造営では異例のスピードと言ってよく」

    また、『日本書紀』に引用されている「改新の詔」は改竄されているとよくいわれます。本書は、その部分のみが夾雑物であり、『日本書紀』全体が虚構とはいえない、という冷静な態度をとっています。

  • 読了。

  • 前書きからして
    「王宮や寺院の発掘、さらに木簡の解読により、『日本書紀』の信頼性は揺らぐどころか、かえって回復してきている。これまでの『日本書紀』批判と七世紀史の再構成は行き過ぎではなかったか」
    「文献史料をあげつらうだけで七世紀史を論じることができた時代は、とうに過ぎ去った」
    と面白い。
    文献史学だけでなく、さまざまな分野(考古学・歴史地理学・建築史学・美術史学など)の成果を咀嚼して飛鳥時代が語られる。
    その結果のひとつとして、過大評価されがちだった天武持統朝が批判され、天智朝の重要性が指摘されている。

全20件中 1 - 10件を表示

吉川真司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

飛鳥の都〈シリーズ 日本古代史 3〉 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする