雅楽を聴く――響きの庭への誘い (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.88
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004313021

作品紹介・あらすじ

日本古来の歌舞と大陸伝来の楽を一三〇〇年以上伝える雅楽。その古えの音を現代の楽人が奏で、現実空間に鳴り響かせる五つの場へ案内する。栄華の都の京都御所、一二世紀から続く奈良・春日大社の若宮おん祭、聖徳太子信仰で賑わう大阪の四天王寺、皇居東御苑の宮内庁式部職楽部、そのお堀端に立つ国立劇場へ。雅楽の基本知識も解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • S768.2-イワ-R1302 300154994

  • 実際に聞きながら講義うけたい。

  • 奈良と大阪の章は除いて、さらっと読んだ。
    実際に体験してみないと分からないなと思うことが多かったが、イメージが浮かんで面白かった。
    序章には雅楽の音階(旋法)についてなど予備知識が書いてある。
    第四章「東京 宮内庁楽部 ー 巨大都市東京の中心に存在する空洞の庭」には、近代において雅楽がどう歩んだかが書いてある。
    第五章「国立劇場 ー 新しい想像の庭」には、雅楽がコンサートホールという場で聴かれるものになり、享受の仕方が変わった事、近代以降、西洋音楽の存在を前にしてどう雅楽が変容していったかといったことが書いてある。国立劇場のプロデューサーであった木戸氏によって推し進められた雅楽の「復元」とは単に廃絶された作品を演奏することではなく、廃絶作品を再解釈し、創りなおすことだったという。その過程で、武満徹などの現代音楽作曲家による作品も生まれた。
    個人的には第五章が興味深かった。

  • 岩波新書:新赤版 768/Te65
    資料ID 2010105686

  • 雅楽について、演奏される場所を中心に、一般向けに書かれた本です。

  • 雅楽を聴く・・・という書物。思った以上に満足です。祭りも見たことがなく、国立劇場にも足を運んだこともないですが「聴いてみたい」気持ちにさせてくれました。それにしても、漢字にもっとルビを打っていただいたほうが読みやすい。いざないの難点は独特な読みの漢字ですね。

  • 雅楽をCDで聴くのは理想的な音響世界である。現実にはどこにもない。「庭」を雅楽が鳴り響く場所と定義し、京都御所、春日大社、四天王寺、宮内庁式部職楽部、国立劇場て5つの場所を訪ねます。
    隨心院に「はねず踊りと今様」を見に行って、いちひめ雅楽会の雅楽を聴いた帰りに三条のJUJIYAで武満徹の「秋庭歌」を買って帰りました。これも何かの機縁でしょう。

全7件中 1 - 7件を表示

寺内直子の作品

雅楽を聴く――響きの庭への誘い (岩波新書)はこんな本です

ツイートする