ポジティヴ・アクション――「法による平等」の技法 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.85
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 71
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004313304

作品紹介・あらすじ

政治・雇用・教育等における差別や格差を解消し、多様な人びとの実質的な平等を確保する手法、ポジティヴ・アクション(積極的格差是正措置)。日本は導入に遅れ、とくに男女間の社会的・経済的格差の解消が国際機関からも求められている。変わらない構造を変えることは可能か。各国の状況を紹介し、日本の選択肢を見据える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  ポジティブアクションを、憲法学的視座を中心に、政策面からも批判的検討を加えながら男女平等参画への方法を提示する、辻村先生入魂の一冊。

     正直なところ、比較法が中心で、特に先生の専門とするフランス憲法学あたりはかなり話が細かくなっていて、難しく感じた。当たり前かもしれないけれども、憲法学的な視点からの記述が多い。

     その一方で政策論は、ある程度幅広く触れられてはいるものの、少々検討が浅いのでは、と感じるところが少なくなかった。

  • 2階岩波新書コーナー : 367.2/TSU : 3410154080

  • ポジティヴ・アクションとは社会的な差別を積極的に改善していく是正措置のこと。和製英語だそうだ。日本は特に政治をはじめとする社会活動全般への女性の参加比率が低い。女性の社会参加や地位の向上は当然で歓迎すべきこと。しかし我が家にあっては1対3で発言力が封じ込められているおやじとしては、かみさんと娘たちのパワーがこれ以上強大化するのは何としても阻止せねば。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:367.2//Ts44

  • [図書館]
    立ち読み:2011/11/20

  • ポジティヴ・アクションについて、各国の制度、我が国の現状、憲法上の問題の検討など、よくまとまっていて、この問題を考えるうえでとても参考になる。しかし、個人的には、筆者の左翼的な論調は肌に合わなかった。

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@366@T101@1
    Book ID : 80100436897

  • アメリカのアファーマティブ・アクションのことは聞いたことがある。不当に差別された人々の救済策として論じられていた。アメリカのような国では「喫緊」の問題だったのでしょう。
    ポジティブ・アクションについては、主として女性の社会参加の必要性から述べられている。

  • 岩波新書:新赤版 367.2/Ts44
    資料ID 2011102493

  • 古い岩波新書な感じ。情報量は豊富。第3章はんか好きじゃない議論の進め方をしている。偉い先生なんだけどね。大学のテキストにはよいだろう。しかしこれじゃ、1、2回生には「厳格な審査基準」とかはわからんだろう。法学部の子にもわからんと思う。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

辻村 みよ子(明治大学専門職大学院法務研究科教授、東北大学名誉教授)

「2018年 『憲法改正論の焦点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻村みよ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

ポジティヴ・アクション――「法による平等」の技法 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする