世界経済図説 第三版 (岩波新書)

  • 岩波書店 (2012年2月22日発売)
3.00
  • (1)
  • (4)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :118
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004313540

作品紹介

二〇〇〇年の第二版以来の大改訂。9.11、BRICsの台頭、世界金融危機、3.11、ユーロ危機を経た現在の状況について、環境問題や食料問題、新興国と先進国の利害バランス、エネルギー問題と京都議定書後の状況など、喫緊の課題をデータで詳細に解説。今後の世界経済のゆくえを読み解くうえで基本となる一冊。

世界経済図説 第三版 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了。

  • 軍縮のための次の計画は?

    p186 アメリカの覇権は、まだそんな長くない。歴史的に見ると。でも、資源力、情報力は、依然として強力。

  • 内田和夫先生 推薦

    世界経済の動きについて、知識不足を自覚する人には最適、という本。

    グローバル化した現在、地球上の経済の問題は、身近な生活に響いてくる。そのことを認識する第1歩として、本書を少しずつ読みたい。世界経済の現状を、10章に分けて、各章の各項目ごとに、見開き2ページで、(左が図表で、右が解説文)わかりやすく説明してくれている。
    10章とは、①世界経済の輪郭 ②国際貿易 ③国際金融 ④多極化と地域統合 ⑤指令経済と「南」の市場経済化 ⑥人口・食料・エネルギー・資源 ⑦地球環境保全 ⑧軍縮の経済と「平和の配当」 ⑨経済危機 ⑩世界経済の構造変化 である。 
    各項目の解説でも用いられている程度の言葉(概念)を2年生までに身につけられたら、とりあえず、世界経済のニュースをキャッチでき、語れるようになる。

  • 2階岩波新書コーナー : 333.6/MIY : 3410154062

  •  本書は、世界経済の輪郭を多くのデータを駆使し、解説したものであるが、膨大な資料と数字を並べた内容を読んでみてもなかなか「風景」のイメージがわいてこない。「教科書」のように読みにくい本だと思う。
     読者は別に学者ばかりではないのだから、もう少し読みやすくわかりやすい「図説」がかけないものかと思った。
     「世界経済の輪郭」「国際貿易」「国際金融」などは、一昔前は専門家以外には誰も興味を持たなかったのではないかと思うが、「グローバル化」が進んだ昨今においては、ある意味誰もが身近な問題となりつつあるのではないか。
     そのような現在だからこそ、本書が取り扱うような「世界経済」の概要を、誰もが理解できるようにひも解く書が必要かと思うが、残念ながら本書はそうではないと思った。
     数字と表と解説のみでは、良書とは言えないと思う。わかり易く興味深い経済書が望まれるが、本書はそうではないと思った。残念な本である。

  •  新書だが、まえがきもなく、いきなり世界の国の数から始まって、経済関連のデータと解説が見開きでびっしりと続く。同じようなジャンルの大判のカラー刷り本に比べると、最低限の図表と文字数で収めているところに、潔ささえ感じる。
     経済を軸に、貿易・金融から環境・軍縮・エキネルギー問題にまで言及しており、入門書的な網羅性がある。ただし資料集のような客観的立場をとっておらず、解説文が解説の域を逸脱して、著者の主観・主張が色濃く出ている部分があり、やはりこれは新書なのだと感じた。

  • 半ページをグラフで埋め尽くすという徹底した図説っぷり。プレゼンなどで世界経済についてアウトプットしたい時に、補足となりそうな資料がふんだんにある。ソースも非常に有名で確実なところから持ってきている。しかしながら、細かい解説や論の展開を望む読者にはおすすめできない。というかそういった方々は、はじめっから手に取らないからいうまでもないか...(^_^;)

  • 岩波新書:新赤版 333.6/Mi88
    資料ID 2011105528

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。

    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号333.6//Mi88

  • Back to basic! 初心に帰って読みました。宮崎先生の講義を聞いた記憶があるのですが、正式な講義だったのか、記憶が曖昧です。

全14件中 1 - 10件を表示

宮崎勇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
池井戸 潤
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

世界経済図説 第三版 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする