女ことばと日本語 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.62
  • (4)
  • (11)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :154
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004313823

作品紹介・あらすじ

女性の言葉づかいは「どうも最近、乱れてきた」と一〇〇年以上も嘆かれ続けている-「女ことば」は、近世から現代の日本社会の、価値や規範、庶民の憧れや国家イデオロギーを担って生き延びている、もうひとつの日本語なのだ。各時代のさまざまな言説と、言語学やジェンダー研究の知見から、「女ことば」の魅力と不思議を読み解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時代・政治情勢などに揉まれながら、今まで使われてきた「女ことば」。
    尊重されたりけなされたり、それでも結局守られてきてますよね。
    専門的な部分は飛び石のごとく読んでしまいましたが、なるほどと思える「女ことば」の魅力に納得。
    「ーだわ。」「ーよ。」「ーかしら。」などといった言葉は、それだけで女が発しているものだとわかるもの。オカマももちろん。
    そう言われてみれば、便利ですよね。小学校教科書や絵本にだって、その使い分けによって性の区別がされてるんですから。
    これは決して性差別とかではなく、日本語の特徴であり、美しいとされている理由の一つでもあるでしょう。
    そんな「女ことば」…私は好きだし、使っていたいと思うし、現に日常、特にメールやWeb上での書き込みで多用している…ことに、改めて気づきました。そう言えば、私ってそうだなって。
    一昔前まで強調されていた身分の差による使い分けの要素は薄れてきているし、柔らかくかわいらしく、時には色っぽく、そして女性として「らしさ」を楽しむためにも、「女ことば」は消えずに使われ続けてほしいものだと思えました。

  • 本書を読むまでは、日本語の「女ことば」が自然発生的に生まれてきたものだと思い込んでいたが、それがきわめてナイーヴな考えであったことを知った。序章の例にあげられているように、現在もっとも典型的な「女ことば」は、翻訳書の女性言葉にこそ見られるものということになるようだ。例は『ハリー・ポッター』のハーマイオニのセリフなのだが、言われてみるとたしかに誰もこんな話し方はしていない。「言語イデオロギー」から「隠された男性性」、果ては天皇制へと論は展開するが、本書は言語学の立場からのジェンダー論として、きわめて示唆的。
     しいて難を言えば、「女ことば」の将来像の展望がなかったこと。

  •  なぜ「女ことば」は存在するのか。この本の問題意識はいたって単純です。
     暑い「わね」のように、単語レベルでそれを使うだけで女性を連想するような言葉があるのは、日本語の特徴の一つだと思います。

     この本の内容をかなり乱暴に要約すれば、女ことばが存在するのは、言説による規範化、そしてそれが定着することによって「創られた伝統」が定着するところにあるということですね。

     言説による規範化とは、女ことばそれ自体が定着するのではなく、「女ことばはこういうものだ」もしくは、「こうあるべきだ」というような言説のなかで定義されるということです。現代でいえば、マナー本や教科書などが一番身近でしょう(ちなみに、女性語のマナー本は鎌倉時代からあったそうです)。規範化のなかで特徴的なのは、日本国民の優越性を示すための国策のなかで女ことばが日本語の伝統として位置づけられ、戦後にもそれが続いたということでしょう。
     それまで正式な日本語として認識されず、標準語の策定にあっても「方言」と同じように無視されてきた女性語が、知識人によって日本語の伝統として天皇と結びつけられ、「日本人」という一体感が作られてゆく。そして、その伝統は戦後においても女性のもつ本来の特徴として、再び規範化される。

     各章を比較してゆくと、その時代の言説によって「女ことば」の位置づけが全く違うということが示されています。それによって、「創られた伝統」であることを浮き彫りにしようというのが狙いではないでしょうか。それがこの本の面白いところですね。

     若干、女ことばの不遇の扱いを嘆いているような・・・その意味で肩入れしているような語り口だと思いましたが、常識を疑うという意味ではこれぐらいでよいのでしょう。例示が多いので、軽く読むにしても面白いです。「~てよ、~だわ」は堕落した女学生を象徴する言葉として使われていたとか、「あたい」は男子にも使われていたとか。

     ただ、すべてそのまま納得できるかというと微妙なところもあると思いますが……それは、他の方の意見を伺ってみたいところです。

     ……関係ないことですが、良く考えてみると、最近はすっかり女ことばを聞きませんね。

    • えそらさん
      このところおばかさん(とお呼びするのは少々気がひける…^^;)の読まれている本、いずれも興味深いですね。実のところ新書系はちょっと苦手なのですが(ちゃんと読破した本は数えるほどしかなく、大抵後半飛ばし読みになります…)、手に取ってみようかなと思えてきました。とはいえ、おばかさん(…^^;)の感想だけでも何だか読んだ気になれるんですよね(笑) いわゆる女言葉、実際に使う人は今では少なくとも、小説や映画等フィクションの中では未だ自然に使用されていることが多く、それもなかなか不思議な現象だなと思っています。
      2013/07/11
  • 「女ことば」の歴史なんて、今まで知らなかったから、すごく面白かった。

    特に、「てよ」「だわ」という言い回しが昔は下品な言葉使いとされてたなんて、ビックリ!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「「女ことば」の歴史」
      面白そう、、、或る意味「女らしさ」の変遷になるのかな(しかも男から見た)?
      「らしく」あっても、なくても良いと思う人が多くなっても、男は「らしさ」に弱いだろうから、逆手に取っちゃえば良いんじゃないかな←読んでもないのに飛躍し過ぎかな、、、
      2013/02/15
  • 新書文庫

  • カテゴリ:図書館企画展示
    2015年度第1回図書館企画展示
    「大学生に読んでほしい本」 第1弾!

    本学教員から本学学生の皆さんに「ぜひ学生時代に読んでほしい!」という図書の推薦に係る展示です。

    木下ひさし教授(教育学科)からのおすすめ図書を展示しました。
        
    開催期間:2015年4月8日(水) ~ 2015年6月13日(土)
    開催場所:図書館第1ゲート入口すぐ、雑誌閲覧室前の展示スペース

    ◎手軽に新書を読んでみよう
    1938年に岩波新書が創刊されたのが新書の始まりです。
    値段も分量も手ごろな新書は「軽く」見られがちなところもありますが、内容的に読み応えのあるものも多くあります。気に入った著者やテーマで探してみるとけっこう面白い本が見つかるものです。広い視野を持つために、興味や関心を広げるために新書の棚を眺めてみましょう。刊行中の新書を多様な角度から検索できるサイトもあります。(「新書マップ」)

    ◇新書で日本語を知ろう
    分かっているようで分からない日本語。まずは知ることですが、難しく考えず日本語の本を読んで親しんでみましょう。大切なのは気持ちですが、誤解を招かない表現もまた大切です。大学生として、社会人として知っておいて損がないのが日本語の知識です。

  • 本書では、「女ことば」を既定してきた言説を分析する。
    具体的内容としては、歴史的(鎌倉や江戸など近代以前と、現代)にどのような言説があったか、文献を通して示そうとするもの、という感じ。
    (個人的に、ジェンダー論の本は久しぶり。)


    【目次】
    はじめに   [i-iv]

    序章 女ことばという不思議 001
    0.1 女性の言葉づかいは千差万別
    0.2 ルールとマナー
    0.3 習得することば
    0.4 翻訳の世界
    0.5 女らしさ以外の価値
    0.6 「最近の」言説
    0.7 言語行為
    0.8 言語イデオロギー
    0.9 言説が構築する
    0.10 ○○について語る
    0.11 歴史的言説分析
    0.12 積み重なる価値

    第1部 「女らしい話し方」――規範としての女ことば
    一章 マナー本は鎌倉時代からあった 031
    1.1 況して婦人は静かにして奥ゆかしきこそ
    1.2 女訓書の流行
    1.3 女子庶民の手習い
    1.4 男尊女卑から「つつしみ」へ
    1.5 維新後も変わらない女訓書
    1.6 妻・嫁から女性国民へ
    1.7 「女は話すな」と「言うべき時は言え」
    1.8 現代でも有効な規範

    二章 ルールはどのように強化されるのか 050
    2.1 起源としての女房詞
    2.2 女房詞への憧れ
    2.3 式亭三馬の笑い
    2.4 男も使う
    2.5 「男は使うな」
    2.6 女房詞と女訓書
    2.7 女房たちの創造性


    第2部 「国語」の登場――知識としての女ことば
    三章 男ことばの特別な男らしさ 069
    3.1 国語イデオロギー
    3.2 東京基準の標準語
    3.3 東京語もいろいろ
    3.4 言文一致論争の不思議
    3.5 男女の話し言葉は異ならない?! 
    3.6 「男の国語」
    3.7 国語の隠れた男性性
    3.8 口語文典と国語読本
    3.9 書生言葉
    3.10 「たまへ」と「てよ」「だわ」
    3.11 「男ことば」は特殊扱い

    四章 「女学生ことば」誕生 096
    4.1 女学生のセリフ
    4.2 学問する女への苛立ち
    4.3 書生言葉の女子学生
    4.4 「てよだわ言葉」
    4.5 「遊ばしやがるんだとさ」
    4.6 言文一致小説
    4.7 ハイカラに
    4.8 「てよだわ」の普及
    4.9 軽薄さ
    4.10 女学生ことばの定着
    4.11 めす猫も「てよ・だわ」
    4.12 性の対象となる
    4.13 セクシュアリティ
    4.14 標準語のセクシュアリティ
    4.15 女学生ことばの力
    4.16 ジェンダー化し国民化する
    4.17 「よくってよ」小説
    4.18 内なる他者、女子国民
    4.19 女の創造性をとり込む
    4.20 「国語」と「国民化」


    第3部 女ことば礼賛――価値としての女ことば 1
    五章 「女ことばは日本語の伝統だ」 143
    5.1 日本を背負う言葉
    5.2 起源は女房詞と敬語
    5.3 天皇制と女房詞
    5.4 起源の捏造・伝統の創造
    5.5 日本の誇り「女ことば」
    5.6 国語の守護者
    5.7 植民地政策
    5.8 ひとつではなかった国語
    5.9 日本語の優秀さの証
    5.10 女ことばへの賞賛
    5.11 ナショナリズムの時間的矛盾
    5.12 変われない女ことば
    5.13 戦後も続いた伝統化
    5.14 女性の言葉の乱れが気になる

    六章 「日本語には女ことばがある」 166
    6.1 女性の言葉と兵隊の言葉
    6.2 言葉の性差
    6.3 「例外」として
    6.4 女学生ことばも国語
    6.5 女性用という但し書き
    6.6 女ことばは標準語だけ
    6.7 『アサヒ読本』の性別
    6.8 歓迎された女の国民化
    6.9 銃後の守り
    6.10 家族国家観
    6.11 総動員体制と国語の性別
    6.12 特定の任務


    第4部 「自然な女らしさ」と男女平等――価値としての女ことば 2
    七章 「女らしさ」と女ことば 197
    7.1 占領政策と男女平等
    7.2 「女ことば」批判
    7.3 「女ことば」擁護
    7.4 社会的な・自然な女ことば
    7.5 男女平等から「女ことば」を守る

    八章 日本語には、なぜ女ことばがあるのか 210
    8.1 「国語の性別」を教え続けた教科書
    8.2 天皇制国家から切り離す
    8.3 墨塗りされない部分
    8.4 「ぼく」と「わたし」の教科書
    8.5 国語学者と人権意識
    8.6 天皇制を破壊する男女平等
    8.7 家族国家観の危機
    8.8 生き延びた女ことば

    おわりに(二〇一二年七月 中村桃子)  [231-238]
    図版出典一覧 

  • 『ノルウェイの森』に影響されて、女ことばを使ってみた時期があった。
    8類の本を読みたいなぁと思っていて、新刊のときに書店で見かけて気になっていたこの本のことを思い出し、図書館で借りた。

    言葉とジェンダー論。
    「日本語には、なぜ女ことばがあるのか。」を解き明かす。

    『日本人の知らない日本語』で知った室町の女房詞に、またもや笑う。
    ぱあてれ(神父)→ぱ文字、ぱ文字!
    女房詞があること、近代まで男尊女卑との関係から女ことばは国語に含まれなかったこと、植民地支配のために内裏の関係から女房詞に光をあてたこと、戦中には女を臣民にして女ことばの存在を認めたこと、戦後には失われゆく戦前までの懐古から女ことばを擁護したこと。
    「伝統は創り出される」(ホブズボウム、レンジャー)
    女ことばはつくられ、つかわれたのだ。
    それを意図的にやっていたのかどうか。
    潜在意識でそうしたのであれば、それは性差だけでなく精神の問題にもなってくるんじゃないかなぁ、とぼんやり思った。

  • kinoppyで読了。
    新書ということもあって、もうちょっと論拠が欲しいところもあったけれど、全体的に目からウロコだった。
    明治以来の国語学者の言論なんかをみていると、学問的中立というか、思い込みを払拭することの難しさを感じる。

  • 要するに、いつの世も女性の振る舞いは批判されてきたのよって話。
    昔の日本人女性に関する興味深い話が多い。
    だが一番印象に残ったのは、おまけ的に出てきた「書生言葉」だったり……

全23件中 1 - 10件を表示

女ことばと日本語 (岩波新書)のその他の作品

中村桃子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

女ことばと日本語 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする