古典力 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.81
  • (40)
  • (68)
  • (47)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 616
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004313892

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書を読んでいる間中、次々に本書内で紹介されている他の本が読みたくなる。古典はどこか難しそうで、これまで敬遠していたが、現在の作品の中にも古典がベースになっているものがあるし、古典を知ることで世の中に対する解釈が深まるということを知り、古典に挑戦する気持を引き起こしてくれた。まず、カラマーゾフの兄弟から挑戦してみようと思う。

    日本という国に生まれ、育った私という人間が自らの身をもって経験できる世界は限られている。けれども、古典は時間、国を越えて様々なものを教えてくれる。これから古典の魅力に取り付かれそうだ。

  • WEBの千夜千冊や松岡正剛の本、またその影響で読んだりした本を読むと、古典がかならず出てくる。古典なんて、学校の授業で勉強のためにするものであり、現代を生きる私たちには全く関係ない。
    私もずっとそう思ってきたが、読む本が小説から多少学術的なのに変わったことによって、もしかしたらそうではないのかもしれないと思うようになった。
    でも今までほとんど関わりのなかった世界だけに、一体何から手をつけていいか分からない。
    そんな私にとって、この本はまさにうってつけだった。聞いたことがあるけど、一体どんな話か良く分からないという本が多い中で、2ページという簡潔さで解説がついているのが良い。
    古典の読み方は決して一つではない、という古典への様々なアプローチ方法が紹介されているのも参考になった。この本を羅針盤にして、たまにはめくるめく古典の世界にタイムスリップしてみるのも悪くない。

  • 古典力ゼロ。何から読もうか?ワクワクする。
    死ぬまでに読めればいいや。と思う反面、なんでもっと早くに読まなかったのだ。と後悔しそうで焦る。索引からじっくり選ぼう。

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@019@S101@1
    Book ID : 80100450768

  •  その道の古典の読み方を解説。我田引水読みが紹介されているが、自分と同じ考えである。学校での古典講読は正確に読み取ることばかり重視されている。もちろんこれも古典を読む上においては大事なことであるが、結局テストで点数をつけられるようにするためである。テストが終わったら、大部分は古典を面倒くさがってもう読むことはなくなる。古典を普及させようと教育者側があがけばあがくほど古典嫌いが増えるという悪循環に陥ってしまうだろう。それよりも古典は大体の意味がとれれば可とすべきではないか。それで少々間違っていても自分の経験とつなげて主体的に読むという行為もできるようになるはずだ。

  • ただひたすらに本が読みたくなる。これまで読まずに、あるいは読めずにきた古典たちを全て読みたくなる。(源氏物語、百年の孤独、ファウスト、監獄の誕生、悲しき熱帯、死に至る病、夜と霧、、、)とりあえず100時間ぐらい空白の時間があればなあ。

  • 紹介されている本の分野が偏っていないのが素晴らしい.普通の人はなかなかこうはいかない.古典を紹介するのに現代の本,事象との接点を意識していることもこの本の特徴.忙しそうなのにいつ本を読んでるんだろう.
    ただ著者の本を何冊か読んでいれば,すでに書かれていることばかりのような気がする.

  • 毎度「○○力」というネーミングに安易さを感じるものの、
    内容には思わず頷いてしまうことが多い。

    古典、といっても「古き良き書物」の意味合いで紹介する
    様々な視点の本に、「ああ、読まないと」という気持ちにさせられる。

    おそらく、私の本棚はここからしばらく「古典」色が強くなることだろう。

    そういう気持ちになれる、そんな力を筆者は持っている。
    大学生で出会っていたかった本だ。

  • 岩波新書 019/Sa25
    資料ID 2012102968

  • 私にとって、読書は日々の生活で歪みが生じた自分の心を修正し、調整するメンテナンス行為である。

全74件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

古典力 (岩波新書)のその他の作品

古典力 (岩波新書) Kindle版 古典力 (岩波新書) 齋藤孝

齋藤孝の作品

ツイートする