サイバー時代の戦争 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (1)
  • (8)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004313939

作品紹介・あらすじ

奇態な姿をした無人偵察機など、近年の軍事技術は変化が著しい。しかし、個々の兵器の変貌ぶりに目を奪われてはならない。真の変化はIT技術を基礎にした戦争のネットワークシステム化にある。安全保障のゆくえをも左右する最新の軍事動向を、米軍やNATO関係者への直接取材をもとに、レポートする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ITの発展によって、武力の形が変わろうとしている。そういった武力を使う人間が、これまで以上に思慮深くなる必要を感じた。無人で敵陣に侵入したり、攻撃したりすることが容易になれば、人間の突発的な怒りにまかせて人を殺す可能性だってありうるのだろう。

  • 2012年刊。著者は元毎日新聞ブリュッセル(ベルギー)支局長、同所在住のフリー。◆無人攻撃機等のサイバー空間利用による戦術面の変化よりも、所属国が多様な軍隊の統合運用と案件毎の集合離散を可能とする軍事展開のための情報集積環境の設定、その環境が軍事に加え、治安維持を含む民政部分も包含しつつある現代の紛争・治安維持活動の実像を解説。◆印象的なのは2011年/リビア掃討、アフガン制圧と治安維持、ソマリア沖海賊掃討の事例紹介。中でも一番の肝は、この情報集積環境に関する技術面・制御面のヘゲモニーを誰が握るかか。
    米国、米国とその取り巻き、それともこれらの技術をソフト面で提供する多国籍企業?。また、現にこのサイバー空間を利用した多国籍軍の統合運用に日本も取り込まれている状況(自衛隊のみならず、これらを開発する民間企業も含まれる)には蒙を啓かれる。PS.本書を見るにつけ、欧州情勢に関しては追いかける必要を感じさせるジャーナリストかも。
    なお、フクシマに調査用ロボットが送れなかったのは、ロボット性能、特に人工知能分野の未成熟による(「失われた30年」と評したマービン・ミンスキー。「知の逆転」)という見解も見たが、果たしてそれは本当なのかという疑念を本書によって提起させられた感。勿論、正しい可能性もあるが、機密保持のため出さなかった可能性も想起。

  • 読了。

  • 9784004313939 193p 2012・11・20 1刷

  • 図書館でなんとなく手に取る。筆者は元毎日新聞ブリュッセル支局長で現在フリージャーナリスト。

    ・P34あたりに出てくるロンドンでのサイバー安保シンポジウムというのはCybersecurity Summit http://www.cybersummit2011.com/をさしているらしい。
    ・アイゼンハワーの退任演説(http://en.wikipedia.org/wiki/Eisenhower%27s_farewell_address)において指摘された軍産複合体の影響力が現在のサイバー空間の脅威論を考える上でのベースの一つになるという筆者の指摘は納得。
    ・後半ではアフガニスタンでの多国籍軍が作戦遂行のためにITシステムに依存する様子を部分的ながらも描く。サイバー戦争という概念を説明しきるにはサイバー空間での攻撃だけでなく、既存の陸海空軍のIT化についても合わせて検討することが必要か。
    ・将来の米軍のハブとして横田、ドイツのラムシュタインに加えてディエゴ・ガルシア島というインド洋の島が有力視されているという。
    独自の取材による記述が多く楽しめた。特にキャサリン・ガン(http://en.wikipedia.org/wiki/Katharine_Gun)に直接インタビューしているのはマニアック。いわゆる関係者が発した事実確認が難しい発言をベースにしているが、一方でアイゼンハワーのフェアウェルスピーチを土台にすえることで、「上品な」内容になっている。著者のヨーロッパ安保人脈なら当時のOSCEの動きが触れられても良さそうなものだが、記載なし。

  • 日本は、国民の気づかぬうちに米国主導で進められてきた安全保障に関するITのクモの巣に、幾重にも取り込まれてしまっている。軍事活動の中枢神経は指揮、統制、通信。それを支えるサイバーシステムが、今や地球を見えないクモの網のごとく覆っている。

    動的な問題には継続監視の仕組みが必要。バーチャルな監視と政策提言のシンクタンクを。

  • 陸・海・空・宇宙の次の空間ともいわれるサイバー空間における軍事力のあり方などについてざっくりと解説した本。改めて世間に見えている情報は氷山の一角なのだなぁと実感する。見えている部分から、全体の軍事システムとしての位置づけをよく考えないと、誤った判断をしてしまうと痛感した。サイバーであろうが作り出したのも人間であれば、使いこなすのも人間次第。そこに可能性を見出さないといけないですね。

  • 自分もIT業界の端にぶら下がっている身、どこでこの世界につながっているのかわかったものではない。知らぬうちに絡まっているのかも。
    ネット上での市民監視の仕組みづくり、必要だし、やるべきと感じた。

  • ●:引用、他は感想
    書名からサイバー空間の戦争(第5の戦場)について書かれた本と思って読み始めたが、第5の戦場のみでなく、第1から第5までITネットワークを駆使した現代~近未来の戦争、軍隊像に関する内容であった。この辺は以前(といってもだいぶ前だが、江畑健介の著作?で紹介された)予想される近未来の戦争・軍隊像と同じ(だったように思う)。それとも、「自衛隊・新世代兵器 PERFECT BOOK 2035兵器カタログ」か?いずれにせよ注目すべきは、無人の飛行機、船舶、車両でなく、戦闘現場の戦闘員を含む多くの現場からの情報が司令部に集約されると同時にその情報がまた他方面にも関連情報としてリンクされるという、戦闘情報のネットワーク化なのだろう。”原子力空母「信濃」シリーズ”に米海軍と海上自衛隊機のシステムリンクに関する話があったように記憶しているが・・・、

    ●(無人機ばかりに目を奪われては全体が理解できない―)ここに至って冒頭に紹介した軍事メーカー幹部のアドバイスの意味がわかった。つまりロボット兵器ばかりか、軍隊そして戦争遂行自体の徹底したIT化が進められているのだ。それは米国主導の下に同盟諸国、協力国、特定作戦における多国籍軍参加国へと段階的に敷衍していく。このシステムの「仮想敵」は、国際テロ、大量破壊兵器拡散と”ならず者国家”、そして地域・民族紛争ということになろうか。これが21世紀の「グローバルな新世界秩序」の一断面である。米軍基地再編、性急に行われた感が強い自衛隊組織の再編も、このようなグローバルな軍隊と戦争のIT化の立場から、その意味と目的を今からでも再検証する必要がある。
    →「在日米軍司令部」、「決断できない日本」参照

  • ロボット戦争時代が密かに到来しているのですね。

全23件中 1 - 10件を表示

サイバー時代の戦争 (岩波新書)のその他の作品

谷口長世の作品

サイバー時代の戦争 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする