信長の城 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.91
  • (7)
  • (18)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :145
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004314066

作品紹介・あらすじ

信長の天下取りへの道が、その城からわかる。謎だった信長誕生の城はどこか。築城後、五年で移された小牧山城は仮の城にすぎなかったかのか。岐阜城や、壮麗な天主をもった安土城の構造から読み解く、信長の意思とは。近年とみにすすんだ発掘成果をふまえ、絵図や宣教師の手記などの文字史料を総合、進化しつづけた城を楽しく解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて岩波新書読んだ。
    タイトルの通り、信長様の移り住んできた城について、歴史から構造から詳しく解説。
    勝幡城 那古屋城 清須城
    小牧山城 岐阜城 安土城
    こういう本を読むたびに、タイムスリップして全て残ってる状態の城を見たいと切望。

  • 重臣=有力者の連合という形態から権力の集権を進めていった信長の画期的な統一手法が、築城スタイルにも表れているという面白い視点。他の信長の施策も合理的で画期的だったのが分かり(寺院権力を滅ぼし交通権益を奪取するなど)、信長の革新性と実行力に感嘆。

    小牧山城の山麓館の庭園、岐阜城山麓の絶壁に沿って作られた庭園、安土城の眺めのいい御殿、安土城内のいくつもの茶室。後の利休・秀吉の茶の湯ができたのは、信長の審美センスとそれを愛する心を二人が目の当たりにしたからこそだったのではと思わずにいられない。

  • 信長の天下取りへの道がその城からわかる!!

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50098753&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  •  本書はお城巡りをしている方は、直ぐに読むことをお薦めします。またこれからお城巡りをする方には先ず読んでからお城巡りを、と何れにしても本書は織田信長が近世城郭〈石垣や瓦を使用したという定義とは違い、城主と家臣の館を並立的では無く、天守閣を中心とした権威を象徴する求心的な構造を持つ城と城下町〉を創築したことを、信長誕生の城から安土城までを、発掘調査や文字史料などで丁寧に解説されています。
     今後は安土城に先立ち150メートルの直接的な大手道を持つ小牧山城や、安土城の天主閣に使用された懸け造りが見られる福山城、戦国期拠点城郭であった吉田郡山城や置塩城などの登城がより楽しみになりました。

  • 読了。

  • 信長の天下取りへの道が,その城からわかる! 謎だった信長誕生の城はどこか.築城後,五年で移された小牧山城は仮の城にすぎなかったのか.岐阜城や,壮麗な天主をもった安土城に表れた信長の意思とは.近年とみにすすんだ発掘成果をもとに,絵図や宣教師の手記など文字史料を総合し,楽しく解説する.

  • 感想未記入

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@210@O101@1
    Book ID : 80100453686

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002342543&CON_LNG=JPN&

  • すごく、ちゃんとした本です。信長が天下統一の進行・権力の集中とともに、築城・城下町作りの考え方も深化させて行ったことを丹念に証し立てて行く労作です。こちらが勝手に、もっとエキサイティングな内容を期待していたために高評価にはなりませんでした。でも、小牧山城や、岐阜城、安土城等の遺跡を訪ねてみたくなりました。

  • 信長の生涯に渡り、築城してきた城の変遷について記されています。

    信長が愛知の勝幡城で生まれたとする説を採用し、その後、那古野城、清州城、小牧山城、そして安土城へと移り変わっていく中で、城と信長との関わり。そして、家臣団との関係の変化といったものが読みとれました。

    初期の頃は、家臣団と信長との関係が対等だという説は、常に上下関係にあったと思い続けてきた私には新鮮でした。
    当時の城の詳細な形や設計など見ていて楽しかったです。
    特に、安土城は現在、信長の最高傑作に関わらず、現存しませんが、よくぞここまで調べたものだと思います。

    武田信玄が「人は城、人は石垣」と言っていましたが、信長も自分と家臣との関係を城を通じて変えてきたのだと思えました。

    後、現代に通じることは昔も今も権力者は高い場所が好きと言う事でしょうか。

全18件中 1 - 10件を表示

信長の城 (岩波新書)のその他の作品

信長の城 (岩波新書) Kindle版 信長の城 (岩波新書) 千田嘉博

千田嘉博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
和田 竜
冲方 丁
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

信長の城 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする