実践 日本人の英語 (岩波新書)

  • 岩波書店
4.21
  • (55)
  • (62)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 796
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004314202

作品紹介・あらすじ

「春休みに、友人と一緒にタイに行きました」「お1人ですか?」「僕、今日、財布を忘れて310円しか持ってないんだ」。簡単な日本語でも、英語にする時には落とし穴がいっぱい。でも大丈夫、少しの注意で、正確な、大人にふさわしい英語で表現することができます。ベストセラー『日本人の英語』に、待望の、すぐに役立つ「実践」篇登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友人のお勧め。

    自分の作る英文が、本書の中の「悪い例」そのまんまで笑えた。
    まさにおっしゃる通りに間違えています。

    日本人の陥りがちな穴を本当によくわかっていらっしゃって、
    それを非常に堪能な日本語で説明されているので、
    言わんとされていることはよくわかる。

    ただ、実践するのは難しいかな。
    一章ごとに切り分けて、1冊づつのドリルを作ってほしいです。

  • -86

  • 20180807
    マークピーダーセン氏の『日本人の英語』の実践版である。
    英文法の基本を覚えた後に、根底からNativeの感覚で文法を再構築するのである。基礎を覚え終えたが、なかなか英語が喋れない、書けないという人に必読の書である。
    エッセンスとしては、日本語と英語の論理構造が違うため、単語の使用方法、接続詞のニュアンス、時制などの表現の仕方が全く違うということである。しかも、高校までの英語教育はその点にフォーカスする事もなく、間違った対応表で学生たちの英語基礎を作ってしまう。
    流暢な英語を話す・書くことを目標に、ひいては日本語能力を鍛えるということだが、多くの人と話し、多くの文章を書きたい。
    マーク先生のような指導者が多く日本に誕生することを願いつつ、自分も教育という仕事に携われないかと考える。

    ofの使い方
    1 前置詞を変える
    2 同格を使う
    3 所有を意識する

    myとthe
    所有格は唯一の所有の意味が強まる

    theとa
    theは全ての意味を含む

    時制
    普通系→週間
    動作動詞と状態動詞
    完了形や進行形は、横軸のタイムチャートを意識する

    問題動詞
    時制

    仮定法
    肯定文→可能性度合い
    否定文→単純に過去を表すのか、可能性度合いなのか曖昧になる

    only
    立ち位置で強調する意味が変わる
    〜だけ、という意味はonlyだけでない
    レタスアローン
    let us alone

    just
    almost
    finally
    practically
    enough

    接続詞は緊密度=論理の強さで使い分ける
    and
    because
    since
    as
    for
    so

    then
    as a result

    単語、文法のチョイス
    ぶつ切りの文章を無くす
    接続詞、論理
    論理的な日本語を英語に起こす

    用法を控える
    I think
    and so on
    These days
    関係代名詞は受ける言葉の関係を考える

    副詞を文中に入れる
    接続詞を工夫する
    分詞構文を使う

    英語で会話、文章を書くという機会をもっと自分で持たなくてはいけないと実感し、手に取る。
    そう実感した理由としては、ビジネスの垣根が英語を使った、世界目線で行う必要があること。(クラフトビール)
    訪日観光客が増えており、その人たちを取り込み楽しく生活したいと思っていること(ゲストハウス)

  • テーマ毎に端的に纏まっている感じなのですが、どういう訳か読むのに苦労しました。。英語って大変だなぁ。

  • ピーターセンは本当に分かりやすい。彼の「挑戦」にはことごとく敗北…サバイバル英語だけで生きてきた人間にとって、正しい英語は本当に難しい。

  • 2017年2月17日読了。日本にいて英語スキルを習得した友人からオススメされた、思い込み・日本語と英語の考え方の違い・単なる確認不足などにより日本人が犯しやすい英語文法のミスとそれをどう直すべきか?について説明する本。「子どもっぽくても単語の羅列でも、英語なんて伝わればいいじゃん」とはその通りではあるのだが、日本語で考えても、片言で話す外国人よりもしっかりした文法で話せる外国人の方が「スキルが高」く感じられるものだ。「the」や「my」の使い方、現在完了・過去分詞などの構文や「しかし=but」「だから=because」と言った機械的な変換、などいちいち自分にも当てはまる指摘で耳が痛い。「英語の考え方で英語を書く・話す」ことが、当たり前だが必要なのか。英語の文章にたくさん触れて、文化を自分の中に蓄積するしかないか…・

  • 前置詞、助詞、接続詞などとても分り易かった。でも最後のメッセージで英語よりも日本語での理解、表現が基礎になることが一番重要と思われるとのこと。そうだよね~

  • マーク・ピーターセンの日本人の英語は昔のベストセラー.わたしもこのシリーズは全部読んでいる.今回は久しぶりに3年前にでたこの本に手を出したが,英語を書く機会のある人には非常に勉強になる内容.
    前著との重なりもあるが,理由を表す接続詞の使い分けなど,知らないことがけっこう書いてあって唸りながら読んだ.
    最後の「大人の英語表現」にはなるほどそうなのかの連続だった.
    英語を日常的に書く機会のある人にはぜひ勧めたい本.

  • 冠詞や接続詞の使い方、英作文で間違いがちな箇所を見事な日本語で説明してくれる。
    英作文の構成で分からないまま訂正されたり不明瞭だと言われ頭を抱えていた問題が解決する。

  •  とても分かりやすく、取り上げるテーマも鋭い。
     無印の『日本人の英語』(1988年)の方は古くなってしまったが、この本は非常におすすめ(高校生以上ならスームーズに読める)。


    【内容紹介・誤植訂正】
    https://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn1304/sin_k703.html


    【目次】
    はじめに [i-vi]
    目次 [vii-viii]

    1 「の」の話――「AのB」 001
    2 マイ問題――「私の~」 015
    3 恋人は何人?――冠詞と数 029
    4 「なう」あれこれ――「~している」「~します」 047
    5 動詞のワンツーパンチ――「入社する」「~を探す」 065
    6 ありえない話――「もし~なら」 085
    7 「オンリー」ひとすじ?――「~だけ」 105
    8 副詞の「立ち位置」――「ただ」「ほとんど」 121
    9 接続詞、力くらべ――「~ので」「~から」「~て」 141
    10 「成り行き」はNG――「そこで」「結果として」 159
    11 脱・カタコト英語――「大人の」英語表現 175
    12 日本語に負けない――「~と思う」「~など」 187

    おわりに――3つの「小ワザ」伝授 [211-222]
    あとがき(2013年3月) [223-225]

全68件中 1 - 10件を表示

実践 日本人の英語 (岩波新書)のその他の作品

実践 日本人の英語 (岩波新書) Kindle版 実践 日本人の英語 (岩波新書) マーク・ピーターセン

マーク・ピーターセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
マーク・ピーター...
佐々木 圭一
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

実践 日本人の英語 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする