納得の老後――日欧在宅ケア探訪 (岩波新書)

著者 : 村上紀美子
  • 岩波書店 (2014年6月21日発売)
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004314899

作品紹介

団塊世代の多くが七五歳以上になる、二〇二五年。高齢でもひとりで、自宅で医療や介護を利用しながら暮らしたいという思いがあるとき、私たちに用意はあるのだろうか。欧州各国の在宅ケアの現場を訪問した著者は未来にいかせる知恵を探り、また日本各地で新たな医療や介護の実践にも出合う。納得のいく老後を迎えるための一冊。

納得の老後――日欧在宅ケア探訪 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 介護現場について書いた本は、ときどき面白いものもあるが、そうでないものの方が多い。
    高齢者の認知症や排泄や話、ケアする側の過酷な環境や低賃金の話になりがちなので、どうやっても楽しくなりそうにはない話ではあるのだが、それはそれで、読むのがつらいというわけでもない。暗い話もアリである。

    ただ、どういうわけか、退屈なものの方が多い。
    暗いのはいいが、退屈なのは、カンベン。

    取り上げるテーマというより、筆者の力量の問題だろう。
    人から勧められて読んだ本だが、この本も、どちらかといえばそっちの部類。

  • 10月新着

  • 配架場所 : 新書
    請求記号 : SHIN@369@M101@1
    Book ID : 80100467989

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002407898&CON_LNG=JPN&

  • 勉強になりました。

  • 369.26||Mu

  • 日本に家庭医という制度があればなぁ。
    医者は確かにたくさんいる。しかし・・・・、昔のような主治医のような身近な医者は見つからない。
    日欧を比較し、現状の日本の介護制度にも言及されているが、ポジティブな発言に終始されている。
    日本ではまだまだ老後は心配だ。

全7件中 1 - 7件を表示

納得の老後――日欧在宅ケア探訪 (岩波新書)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェラルド・グロ...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

納得の老後――日欧在宅ケア探訪 (岩波新書)はこんな本です

納得の老後――日欧在宅ケア探訪 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする