集団的自衛権と安全保障 (岩波新書)

  • 岩波書店
3.44
  • (0)
  • (17)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 160
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004314912

作品紹介・あらすじ

集団的自衛権の行使は、日本の安全性をほんとうに高めるのか-?現実を見ない机上の論理、現状分析のない提言、国際感覚の欠如が、「他国防衛」のための戦争へと日本を駆り立てている。安全保障と憲法論の第一人者が問いかける、日本の今。安全保障とは、憲法とは、集団的自衛権とは…。必読の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 集団的自衛権をめぐる一連の議論について、内外情勢を踏まえた具体的・歴史的な分析を加えた上で、自民党の改正案を参照しつつ憲法改正問題についても言及し、最後にこれから日本の果たすべき役割を考えていくといった内容の本。

    まず、集団的自衛権行使容認が閣議決定されたことについて、著者は、安保法制懇の「報告書」に批判を加えていく。最初に述べられたのが、集団的自衛権行使容認は、日本が確実に「戦争をする国」になるということを意味するということである。
    また報告書では、行使容認の原因として「安全保障環境の悪化」を挙げるが、東アジアの具体的な情勢分析が全くされておらず、また集団的自衛権をめぐる議論の前提としてのイラク戦争の総括もなされていない。報告書に事例として載せられている、集団的自衛権が行使できる具体的なシチュエーションについても、今日の国際情勢を鑑みない「軍事オタク」の発想であるとして厳しい批判を加えている。
    さらに、安倍首相が抱える「戦後レジームからの脱却」、すなわち「吉田ドクトリンからの脱却」と「東京裁判史観からの脱却」についても問題点を挙げている。これは戦後、米国主導の戦後秩序を否定する信条や論理を含んでおり、このような主張を掲げる政権が登場したこと自体が、日本の安保環境の悪化をもたらしているという。

  • ますます分からなくなった。(笑)
    もう何冊か読んでみないとダメそうだな。

  • 配置場所:2F新書書架
    岩波新書 ; 新赤版1491
    資料ID:C0036137

  • 集団的自衛権は本当に安全保障に寄与するのか、憲法との関わりはどうなのか、そしてそもそも安全保障とは何なのか、ということ。安倍首相や自民党が提示しているものの何処に問題があるのか、考える一助となった。それは本当にそうだろうか、と立ち止まらされる部分も若干あったのだけれど、それも含めて有益であった。
    ただ、豊下氏と古関氏の共著であるためと、私が今までこういった方面に無知であったため、少しばかりの物足りなさがあった。各氏単独の著作を読まなければという、動機付けになったけれど。

  • 本書では、中国脅威論や韓国との領土問題をもって危機を煽る人々は、アメリカの存在を忘れていることを指摘している。
    韓国は日本と同じくアメリカの同盟国であり、またアメリカと中国についても単純な対立関係ではない。

    日韓関係が悪化することは中国・韓国の関係が強化されることでもあり、本当に中国が脅威なのであれば、日本にとって優先すべきは韓国との良好な関係構築が必要に思える。

    また大きな矛盾として、北朝鮮脅威論と原発再稼働を挙げている。北朝鮮は原発にミサイル攻撃を行えば核武装の必要すらないが、それでも原発再稼働を進めるということは、自民党政府は「北朝鮮が実際には武力行使を行わないことを想定している」としか考えられない。

    本書では他にも安全保障と憲法の両面から、保守派の主張を批判している。

  • 安倍政権による集団的自衛権の行使のための憲法解釈の変更や安全保障法案群の問題点を抜本的なところから批判する書。過去の政府のスタンスや各種資料などを丁寧に積み上げて、明確に論理的に語っている。
    集団的自衛権行使が従来の政府見解などから照らして、現行憲法上不可能であるという立場の主張を理解するために役立つ一冊。

    反対ありきという執筆動機ゆえなのか、北朝鮮ミサイルの標的としての原発の話や元寇以来他国から侵略を受けていないなどと一部感情的な強引なくだりはあるが、単なる勇み足で全体の論理を乱すようなものではない。

    安全保障の概念についても、環境問題や感染症の問題などやや蛇足的な問題を持ち出し、焦点がブレ気味ではあるが、主張の本体については何らの傷はついていないと思われる。軍事オタクという表現を度々用いて、戦略的優先度が低いと筆者が見做す軍事的対応を批判しているが、そこは解釈が分かれる領域であり、本書の目的からすれば、無駄に隙を作ってしまっている印象を受けた。

    あくまでも、冷静に客観的に論理的に組み立てられた部分にフォーカスして読む限り、最新の動向から歴史的資料までバランス良く語られ、基本的な知識が得られる良書。双方の意見を比較して読みたいタイプの読者なら安心して読める反対派の書かと思う。

  •  安倍内閣による集団的自衛権行使容認政策に対する全面批判。安倍内閣の主張の非現実性を、具体的な事実に基づく政治的・法的双方のアプローチによって解剖した第1部「『集団的自衛権』症候群」が緻密で優れている。時代遅れの「国家総力戦」を前提にした思考に対する批判は、安倍内閣・自民党・右翼勢力のみならず、通俗的な「護憲」「平和主義」サイドにも通じる点で重要な指摘だと思われる。

  • レポートの参考文献として

  • 集団的自衛権がなぜ国益につながるのかいまいちよく分からなかったが、なるほど安倍晋三の個人的な思い入れ(いわゆる戦後レジームからの脱却)という感情から来ているから、こうも非現実的な想定を前提とした「安全保障体制の整備」という結論が出てくるのかと納得した。

    軍需産業批判はいまいちピントがずれている気がするが、集団的自衛権・政府を制約するはずの憲法を国民を制約する絶対王権時代を彷彿とさせる憲法改正案批判はもっともだと思う。

    戦後レジーム脱却をいうなら、対米自立をもっと前面に押し出すべきじゃないのか? と思うのだが敵視する相手は中国や韓国、北朝鮮なんだよな…

  • 読んでいてだんだん不安になってきました。このまま今回の衆院選で自民党が圧勝して、安倍総理の思うが儘の政策が着々と進んでいくと、この日本はとんでもなく酷い国になってしまうのではないでしょうか。民主主義国家の終焉を迎えそうな、そんな気持ちになりました。悲観的すぎるのでしょうか、著者の豊下氏と古関氏が私の不安を煽っているのでしょうか。有権者のみなさんには、この本を読まれてから選挙に行っていただきたいと思いました。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1945年生まれ。京都大学法学部卒。元関西学院大学法学部教授。専攻 外交史。著書『日本占領管理体制の成立――比較占領史序説』(岩波書店 1992)『安保条約の成立――吉田外交と天皇外交』(岩波新書 1996)『安保条約の論理――その生成と展開』(編著、柏書房 1999)『集団的自衛権とは何か』(岩波新書 2007)『昭和天皇・マッカーサー会見』(岩波現代文庫 2008)『「尖閣問題」とは何か』(岩波現代文庫 2012)『集団的自衛権と安全保障』(共著、岩波新書 2014)『昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道』(岩波書店 2015)『沖縄 憲法なき戦後』(共著、みすず書房 2018)他。

「2018年 『沖縄 憲法なき戦後』 で使われていた紹介文から引用しています。」

集団的自衛権と安全保障 (岩波新書)のその他の作品

豊下楢彦の作品

集団的自衛権と安全保障 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする