過労自殺 第二版 (岩波新書)

著者 : 川人博
  • 岩波書店 (2014年7月19日発売)
3.82
  • (5)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :78
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004314943

作品紹介

二〇一四年、過労死等防止対策推進法成立。近年、二〇〜三〇代の青年や女性たちの間にも、仕事による過労・ストレスが原因と思われる自殺が拡大している。なぜ悲しい犠牲が減らないのか。初版を全面的に改訂し、最近の事例や労災補償の有り様の変化、歴史の検証などを新たに盛り込み、法制定後に求められる防止策と善後策を具体的に示す。

過労自殺 第二版 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ふとして手にとった本でしたが、読み進めるにつれ、自分にとっても他人事ではないと思いました。とくに、ブラック企業は大企業ほど多いという事実には驚きました。自分は心が折れやすいので、就職してからはこの本で学んだことを生かし、自殺など考えることのないようにしないといけないと思いました。

  •  電通の新入社員の自殺の原因が「過労」であるとされて、労基署が電通本社に調査に入っていく・・・・。最近の衝撃的な映像であった。
     本書に取り上げられる「過労自殺」の幾つかの事例。化学プラント工事監督者、システムエンジニア、金融機関の総合職、旅行会社中間管理職、製薬会社社員、外科医、教員・・・これらは、「過労自殺」が決してブラックな一部に存在するのではなく、僕らの日常に構造的に存在する、ということを示す。第一に資本主義のある意味本質的なことであるし(著者は野麦峠の悲劇を例示)、だから強制的にさまざまな規制で命を守っていかなければならないということを後半では提起される。第二に、強欲な消費者やモンスター◯◯と呼ばれる他人には全く無関心な人々の存在・・・これについては言及はないが、過労自殺の事例の中には明らかにそれによって追い詰められていく姿も描かれている。
    まず実態を知るにはいい本。

  • <内容>
    グローバル化の進展にともない、企業側の過剰労働が従業員をむしばんでいる。筆者は日本で相次ぐ過労死に警鐘を鳴らし、労働者の「命」を尊重する観点から提言を行う

    例:義理を欠く→パワハラ・過重労働で「もういたくない」と思ったら遠慮無く退職届を出す事

    *脳障害、心臓障害との関連性が見られるのが45時間以上の残業。80時間を超えると強い心理的負荷がかかったものと想定される。

    一方精神障害、過労自殺の場合100時間を超えないと強い関連性が認定されていない(基準上では)

    筆者はこのダブルスタンダードを批判し、EUのような労働時間編成指令を出すよう主張

  • 参考文献として

  • 自分の今ある労働のあり方と似た事例もあり、その生活の末に自死に至るのか、ギリギリ心身の状態で歯車となって働き続けるのか…どちらにしても本望ではなく、これから自分はどうあるべきかを考えさせられました。

    仕事上の悩みは、決して家族に明かしたところで幸せな気持ちには導く話題とはならず、タブーとされることの一つであったりします。もちろん、同じ職場で戦っている同士にもなかなか言い出せません。みんな余裕がなさそうだからです。そんなことも解決できないのか、と煩わしく思われ、自分の無力を感じるだけだから、いつも深刻な心の悩みをふと口にしたところで軽く受け流されます。

    もう消えたいな、消えるには後始末をひとに頼るのではなく、さりげなく存在を消すよう片付け始めてそっといなくなるのが理想なのかな。

    旅の列車で読んでいたら、周りにじろじろ見られてしまいました。後悔しないように、無礼にならないように、感謝の伝え忘れと思い出の場への心の置き忘れがないように、心の整理の旅をぼちぼちとし始めています。その中で、生きることの意義を再発見できたなら幸運かと思っています。

  • 11月新着

  • 前著から16年振りの全面改訂。前著により「過労自殺」と言う言葉が知られるようになった位インパクトのある本であった。この間で労働者を取り巻く環境は良くなったどころか、更に悪化している状況がみられる。一方、この間の裁判事例などを通して、労災認定基準が変わったりで多少改善した部分もある。更に大きな点は今年6月に「過労死防止法」が成立したことである。これまで過労死など存在しないと言っていた国が、過労死を防止するための責務が定められた意義は大きい。著者も述べているが、この画期的な法律を今後効果的に生かしていくことが大事なことである。

  • 購入決定。事例だけなら購入しないが、統計や労災補償なども載っており、資料的価値ありそう。

  • 配架場所 :新書
    請求記号 : SHIN@366@K100@1(2)
    Book ID : 80100468837

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002411253&CON_LNG=JPN&

  • 日本の若者(20代~30代)は老害と老害予備軍、そして会社に殺されているような気がする。私自身も過労で退職を余儀なくされた身なのでこの本のタイトルのようになる手前でピリオドを打つ事は出来た。だが、現在もその時に患った持病を現在も抱えている。やはり、過労というものは人員不足が最大の要因だろうがそれに加え、パワハラや十分な休暇を与えて貰えず、身体が休まらないために心身共に蝕められる。国が徹底的にこのような会社を無くすような取り組みをしない限り、若者の過労自殺は現象しない。男女共同参画社会の在り方も見直すべき。

全16件中 1 - 10件を表示

過労自殺 第二版 (岩波新書)のその他の作品

川人博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
トマ・ピケティ
朝井 リョウ
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

過労自殺 第二版 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする