二〇世紀の歴史 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.68
  • (7)
  • (16)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004314998

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史系の本って、実は地理的な感覚がとっても大切な気がしています。
    この本について言えば、巨視的な地理は配慮していますが、ミクロな地理は、あまり重視しておらず、少し残念な印象を受けました。

    二十世紀の捉え方として、帝国主義を中心とした捉え方があり、また、帝国主義の捉え方から、長い二十世紀、短い二十世紀という捉え方があることに対しては、なるほど、と思いました。

    実は並行して、『サピエンス全史』を読んでいるのですが、帝国に関する部分は、本書を読むにあたって、非常によい下敷きとなりました。

  • 1870年代(帝国主義の時代の始期)から1990年代初頭(=帝国主義の時代が終わり、被支配地域の人々が自らの国家を作り上げていった時代が一段落した時期)までを「長い20世紀」として、支配-被支配関係の視点から概観している。

    非常に簡潔にまとめられている。
    文体にクセはなく、読みやすい。

  • 現代につながる20世紀の世界の大きな動きについて、たいへん勉強になった。

  • ホブズボムの「短い20世紀」の向こうを張って、「長い20世紀」として帝国主義による世界分割とその解体を論じた一書。それは同時に支配と被支配の歴史、もっといえば抑圧と虐殺の歴史ということができるように読めた。現在の世界は依然不安定要素を多く抱えているが、著者も最後に述べているように、それでもまだ「長い20世紀」の前期に比べれば、「まだまし」になっているのではないかという気がする。逆にいえば、帝国主義による民族抑圧、虐殺の恐ろしさを改めて思い知らされた。

    ここ数年で、「世界史」を論じる研究者の手になる一般書が少なからず出ている気がする。「グランドセオリーの終焉」という言説と、研究の個別分散化に対するカウンターが、ようやく流れに乗り始めた、ということなのかもしれない。

  •  1870年代以降の世界史を「長い20世紀」という枠組みから「帝国」と植民地・従属地域の支配・被支配関係の変容を軸に叙述している。エリック・ホブズボームの「短い20世紀」論が第一次世界大戦~冷戦終結までを「極端な時代」と規定し、それ以前の帝国主義形成期との「断絶」を重視するのに対して、本書の「長い20世紀」論は19世紀後半から第二次大戦までの「帝国世界」の連続性を強調し、大戦以後冷戦期の歴史を脱植民地化=「帝国」の解体過程と捉えているのが特色(それ故に20世紀末以降のアメリカを中心とする世界秩序に「帝国」概念を適応させる議論には否定的)。また、グローバル化と国民国家の形成を一体の関係とみなし、両者を対立的に捉える見方を否定しているのも興味深い。巨視的な通史と同時並行して、アイルランド、南アフリカ、沖縄を「帝国世界」の支配と被支配がせめぎ合う典型例として「定点観測」し、徴視的な地域史を組み合わせた叙述方法は、その3か国・地域が「定点」として相応しいかどうかは別として、世界史叙述の方法論の1つとして可能性を示したと言えよう。大国・強国中心ではない「支配される」側の視点を重んじた近・現代世界史の入門書としての価値がある。

  • 帝国主義という思想をベースに、帝国(中心)と植民地(周縁)との関係から、20世紀の歴史、特に帝国主義の現場=植民地の歴史を叙述した本。帝国主義の登場、強化から、反帝国主義≒民族自決思想の萌芽と普及、枢軸国の逸脱と崩壊、帝国の崩壊までがよく整理されている。その中で帝国主義における暴力の実相をえぐり出す。今まで読んだ20世紀の叙述の中で最も分かり易い。そして強烈である。戦後70年を考える上で貴重な一冊になるのは間違いない。

  • 20世紀とはどのような時代であったのか。
    本書では1870年代~1990年代初頭までの「長い20世紀」を、支配-被支配関係を軸に、一つの際立った時代として描いていく。

    支配-被支配関係で読み解いていく視角が、個人的にはとにかく分かりやすかった。受験世界史で学んだ出来事が、新たに有機的に結合していくような読書体験だった。個々に知っていたあの出来事この出来事が、次々と支配-被支配関係の論理に見事に乗っかってゆくのは、痛快でさえあった。
    特に第二次世界大戦に突入していった日独伊の行為は、既にヴェルサイユ体制下にあって過去のものとなりつつあった帝国主義的な支配-被支配関係を、自分たちのために再構築しようとして行った「時代遅れな」取り組みだという見方は面白かった。
    枢軸国側は歴史の流れからして、負けるべくして負けたのだという感じを抱いた。

    新書サイズということで、当然網羅性は低いのだが、それゆえに「支配-被支配関係の拡大と崩壊」という本書の大きな物語が、一切ブレることなく明確に冒頭から末尾まで貫かれている。論理展開も明快。
    一つの視角として自分の中に入れておきたい一冊だった。

  • まず著者は、この「20世紀」という時代のくくりを、単に1901年~2000年ではなく、マーク・トウェインや幸徳秋水が指摘していた状況(列強が帝国主義という熱に浮かされていた時代)が世界ではっきりしてきた時=世界が帝国的な支配構造で覆われるようになり始めた時=帝国主義の時代が始まった1870年代を起点とし、第二次世界大戦後のそれまで支配される位置に置かれていた人々がその位置を脱して自らの国家を作り上げていった時代の変化が一段落した1990年代を終期としています。そしてこの1870年代~1990年代を「長い20世紀」と定義し、この間の歴史を本書では取り扱っています。
    ようするに、本書のキーワードは「帝国主義」であり、第1章「支配‐被支配関係の広がり」として世界が分割され植民地化されていった1870年代以降の帝国主義の時代、第2章「帝国世界動揺の開始」として帝国主義国家同士が正面からぶつかった第一次世界大戦と帝国主義世界が再編されたヴェルサイユ体制期、第3章「帝国世界再編をめぐる攻防」として世界恐慌から第2次世界大戦までをあつかい、そして第4章「帝国世界の解体」として第2次世界大戦後から冷戦の終結と被支配地域が自らの国家を作り上げていく動きが一段落する1990年代までを取り上げます。また、それぞれの章の最後には「定点観測」として、支配と被支配の狭間にあったアイルランド、南アフリカ、沖縄の当時の様子を描いています。
    本書の帯にも書いていますが、「世界史は、帝国の興亡の歴史で彩られていうといっても過言ではない。しかし、そのような帝国がいつくつも並び立ち、互いに競合して世界を分割し、支配‐被支配の関係が世界中に広がるという事態は、暦の上で19世紀後半になって初めてあらわれた」とあるように、20世紀とはまさに帝国主義が台頭し、確立し、そして解体していった時代です。しかし、「帝国世界の終焉は、支配される位置に置かれていた人々の生活状況の全般的改善は意味しなかった。むしろ80年代のアフリカは「闇の時代」の「絶望の大陸」と呼ばれるような様相を呈していた。脱植民地化によって独立した世界の国々のなかからは、新興工業経済地域(NIEs)と呼ばれるダイナミックな経済成長を実現する国や地域も生まれてきたが、・・・このような国々とアフリカ諸国など経済の停滞と貧困に苦しむ国々との間での格差(「南南問題」)が露骨にあらわれてきた」(246頁)ように、帝国主義(の影響だけではないのだろうけれども)により貧困や紛争に苦しむ国や地域は今なお存していることは忘れてはいけないでしょう。
    また、この20世紀を語る上でグローバリゼーションも忘れてはいけません。本書で著者は、このグローバリゼーションについて「ここで注意しておくべきことは、このグローバリゼーションが、国民国家の衰退や消滅を決して意味してはいない、という点である。現在の世界において、国民国家は後退、衰退していっており、国民国家を超える形でグローバリゼーションが進行している、といった議論がしばしばなされることがあるが、そのような主張(ポスト・モダンの世界論)には強い留保が必要である。・・・「長い20世紀」という観点から見れば、それを特徴づけた帝国世界が変容、解体した後、国民国家によって世界が覆われる状況の下でグローバリゼーションが進んでいるというのが、現在の世界の姿なのである。帝国世界が胚胎していたこの世界の構造が、帝国世界の解体によって前面に押し出されてきたということができるであろう。」(266~267頁)と述べています。
    本書は「帝国主義」という軸を中心に書かれているため読みやすく、大変勉強になりましたが、反面「帝国主義」による罪科を前面に押し出そうと、事件や衝突の被害者の数に関する記述がやや偏りがあるような印象を持ちました。もちろん、一つ一つの事件や衝突について私が専門家並みに知識があるわけではありませんので、軽々しい言葉は書けませんが・・・。
    では最後の備忘録や勉強になったところを書き写します。
    (マーク・トゥエイン「19世紀の20世紀に対する挨拶の言葉」から)「私が君たちに引き合わせるのは、キリスト教諸国という威厳のある既婚婦人である。彼女は、膠州、満州、南アフリカ、そしてフィリピンでの海賊行為を終え、魂を卑劣さで、ポケットを不正の金で、口を信心ぶった偽善の言葉で満たし、汚れと穢れと恥辱にまみれて、戻ってきた。彼女に石けんとタオルを渡してやるがよい。しかし鏡は隠しておきなさい。」(2頁)
    (第2インターナショナルの1904年夏にアムステルダムで開かれた大会で)日本の片山潜とロシアのプレハーノフが開会式の協同副議長となり、握手を交わした」(42頁)
    (また上記の大会では)インドの民族運動家ダーダーバーイー・ナオロジーが出席して、イギリス支配下のインドの惨状を訴えた」(42頁)
    (三国協商ができあがるにあたっての)「日露戦争の意味である。露仏同盟が存在したにもかかわらず、フランスがロシアを支援しなかったことは、日露戦争で日本に有利に働いたが、それは日露戦争開戦後にイギリスがフランスをいわば取りこんで仏露間にくさびを打ち込んだためであり、イギリスはさらに日露戦争が終わろうとする段階でロシアに接近し、ついには英露協商を結ぶに至ったのである。このことから、「日露戦争は世界史的に見れば、ヨーロッパにおける第一次世界大戦の構図を作る」意味を持った、と論じられることもある。」(47頁)
    (第一次世界大戦の)「戦争遂行にあたってイギリスが強い関心を抱いていたのは、ヨーロッパ外の地域における勢力の確保・拡大であった。とりわけ、ドイツ領東アフリカについての関心は強く、すぐ後で述べるように東アフリカでは、ヨーロッパ戦線と同じく長期にわたる戦闘が続けられることになった。」(66頁)「アフリカで最も早く戦闘が行われたのは、・・・西アフリカのドイツ領トーゴランドにおいてであったが、この戦闘は、英仏側の勝利ですぐに終わった。しかしそれに次いで始まった同じく西アフリカのドイツ領カメルーンでの戦争では、攻撃にあたった英仏軍の規模が、アフリカ兵を含むドイツ軍をはるかに上回っていたものの、劣悪な気候のため熱帯病などで多くの犠牲者が出るという状況下で長引いた。」(68頁)
    (ドイツ領東アフリカでの戦争について)「イギリスと同様隣接地に植民地をもつベルギーやポルトガルも加わる形で展開したが、・・・この地でドイツ軍が降伏したのは、1918年11月25日、すなわちヨーロッパで戦争が終わりを迎えてから14日後のことであった。」(70頁)※この結果、ルワンダがベルギー領、また一部がポルトガル領東アフリカ(モザンビーク)に編入される。残りはイギリス領に
    「南太平洋に散在していたドイツ領諸島のうち、赤道より南では、8月29日、ニュージーランド軍がドイツ領サモアを、次いで9月半ばには、オーストラリア軍がドイツ領ニューギニアやビスマルク諸島を占領した。赤道以北では、日本軍が、マーシャル、マリアナ、カロリン、パラオというドイツ領諸島を10月14日までに占領した。この過程で、ドイツ側は抵抗らしい抵抗をほとんど行わなかった。」(73頁)
    「パリ講和会議での敗戦国の植民地をめぐる議論のなかではアフリカや太平洋も問題となった。ウィルソンは委任統治を積極的に支持する姿勢を示し、イギリスもそれに妥協する態度をとったが、フランスや南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、日本は併合論であり、意見は収束しなかった。その打開策として提示されたのが、委任統治地域を、A式(早期の独立付与を視野に入れて住民の自治を促す)、B式(受任国とは別個の法制度の下で、宗教その他、住民の独自性を尊重する)、C式(受任国の構成領域の一部として扱う)の三つに区分するという案であった。」(100頁)
    「イタリアはエチオピア戦争で大量の毒ガス爆弾を用いた。防御策を全くもたないエチオピアの軍隊や民衆に対して、イタリアはこの暴挙に出たのである。エチオピア制服に成功した直後、ムッソリーニは捕虜の射殺を命ずるとともに、反乱掃討という目的でまた毒ガスの使用を進めた。戦争が一段落した後も含めて、35年から39年にかけて投下された毒剤の量は500トンを下らないと考えられている。さらに、エチオピア人による反乱を抑えるために、反乱によるイタリア人犠牲者一人に対して10人のエチオピア人を処刑することを命じている。」(134頁)
    「結局のところ、ファシズム陣営と反ファシズム陣営の対立は、帝国世界の修正のやり方をめぐる対立であり、その根本的変革をめぐる対立ではなかった。帝国世界の下で支配されていた地域では、その点をよく認識した人々も多かった。」(162頁)
    「ポーランド史の専門家ノーマン・デイヴィスは、東欧各国の共産主義が、モスクワとは緊密に結びついていたものの、他の東欧の国からは厳しく隔離されていたことに注目しているが、その状況は帝国世界の下での支配と被支配の構図を想起させる。」(212頁)
    「フランスの知識人の間で、フランス革命の原動力となった「第三身分」になぞらえる形で「第三世界」という表現が生み出され、冷戦下の東西両陣営に対置されるものとして、それまでの被支配地域から成る国家グループの位置が示された。この表現は、バンドン会議で示された時代精神に合致し、その後広く用いられるようになった。」(232頁)

  • ヨーロッパ諸国によるアフリカ支配の始まる1870年代から冷戦の終了となる1990年代始めまでの間を「長い20世紀」と位置づけ、欧米列強の帝国主義から帝国主義的性格を持った米ソ両超大国の冷戦の終了までを位置付けた。
    できるだけこの時代を多面的な視点で見ようと試みる著者の意欲がみられる点、好感度の高い歴史概要書となっている。

  • 著者はイギリス帝国史を専門とする木畑洋一。

    本書で扱う「20世紀」について、

    起点: 世界が帝国的な支配構造で覆われるようになり始めた時=1870年代

    終点: アフリカの各地域の独立(1990年ナミビア独立)、アパルトヘイト体制の終結、ソ連解体=1990年代初頭

    としている。


    暦の上での20世紀と異なる20世紀論として、ホブズボーム『極端な時代 短い20世紀 1814-1991年』がよく知られている(邦訳タイトルは『20世紀の歴史―極端な時代』)。

    ホブズボームは第一次世界大戦の開始からソ連の崩壊までの期間を「短い20世紀」として位置付けた。木畑はこの「短い20世紀」論は、「あくまでもヨーロッパ世界を中心とした時代区分」であると論じる。

    ――― 第一次世界大戦は、ヨーロッパにきわめて大きな衝撃を与え、激しい変動をもたらしたため、そこに眼をすえてみれば大戦に新しい時代の始まりを見ることは可能である。しかし、世界のそれ以外の地域、とりわけ植民地化されていた地域を広く視野に入れた場合には、その点は疑わしくなる。(7ページ)

    木畑は、「短い20世紀」論に対し、暦の上での19世紀後半から20世紀初めにかけて作り上げられた世界の仕組みが、二つの世界大戦によって解体の道をたどり始め、第二次世界大戦後に本格的に解体していった過程として「長い20世紀」を描く。アフリカ分割や植民地拡大の暴力性が「長い20世紀」論の中心論題であり、重視されているのは、支配された側の状況である。


    19世紀後半以降、帝国の競合によって世界が分割され、支配―被支配の関係が世界中に広がった。アフリカの分割、植民地の拡大、二度の世界大戦、冷戦の激化、独立抵抗運動の広がりという歴史をたどると、20世紀が戦争と暴力にみちた時代であり、(特に支配される側の)命があまりにも軽んじられていたことが分かる。


    21世紀は暴力を絶つ時代となるのか。支配ー被支配の構造をどの程度脱するのか。現代は「長い20世紀」から分断された時代ではない。連続性の中に現在があること、そして、新たな暴力が世界中に顕在化している現況を考えると、近接する過去の歴史を学ぶことの重要性を強く感じる。

全21件中 1 - 10件を表示

プロフィール

木畑 洋一
成城大学法学部教授、東京大学名誉教授。専門は、国際関係史・イギリス帝国史・国際関係論。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。
主な著書に『帝国のたそがれ ―― 冷戦下のイギリスとアジア』(東京大学出版会、1996年、大平正芳記念賞受賞)、『イギリス帝国と帝国主義 ―― 比較と関係の視座』(有志舎、2008年)、『二〇世紀の歴史』(岩波書店〈岩波新書〉、2014年)など、翻訳に、カール・ポランニー『経済の文明史』(共訳、筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2003年)など。

二〇世紀の歴史 (岩波新書)のその他の作品

木畑洋一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

二〇世紀の歴史 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする