保育とは何か (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.36
  • (2)
  • (7)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004315094

作品紹介・あらすじ

財政難のあおりや度重なる政策変更によって翻弄される保育の現場。待機児童問題は依然、深刻であり、乳幼児をめぐる環境は厳しさを増すばかり。しかし、その間も子どもは成長する。この「待ったなし」の問題で、私たちは何を優先すべきなのか。乳幼児期保育・教育の現状を歴史の中から見直し、ありうべき保育像を模索する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は、長年保育の現場に携わってこられた著者が、現在までの保育の流れや制度、そこで働く保育者たちの実情、全国のユニークな保育の現場などをコンパクトな新書にまとめたものである。

  • 待機児童を解消するために、国は規制を緩和して保育施設を認可している。そういう状況を詳しく説明しつつも、本来幼児期に必要な充実した遊びがどの施設でも保証されるべきだという筆者の思いが伝わってくる。

  • 僕には保育士を目指す姪がいます。
    彼女に薦められるかな?と思って読みました(う~ん、姪にはまだちょっと早いかも)。

    保育をとりまく社会環境や制度について言及しています。

  •  この著作は、現代の保育にまつわる様々な問題について、網羅的に知ることができる
    1冊である。内容は、待機児童問題、保育の現場で起こっていること、優れた保育園の実例紹介、子ども子育て支援新制度について、過去と現在の社会の変化による保育の変化、保育士の置かれている状況など。豊富な参考文献が下支えとなっている良書である。

     良書というのは、良きブックガイドになっていることも多いが、本書はまさにそうで、本書をきっかけに手に取る本を増やしていけば、より保育についての知見を深めていくことができるだろう。

     著者は大学教授であるが、約30年に渡り保育士、園長を経験したスペシャリストでもある。だからこそ、第3章の「保育実践の輝き」で紹介される実例は、著者の人脈やフィールドワーク、現場を知るプロだからこそ着目できる保育園の豊かな実例に彩られている。

     私自身が一番の読みどころと感じたのは、第5章で紹介される1970年代の子どもたちの姿である。ひたすら外遊びに明け暮れる子どもたちの様子が綴られる。最近ベネッセが行った意識調査では、約4割の保護者が、芸術・運動よりも勉強をしてほしいという結果が明らかになっているという。(インターネットで1万6千人が回答)。そういう意識が反映されているのか、子どもが外で思い切り遊ぶ姿というのは、都心においては、あまり見かけなくなっている気がする。
     
     豊かな学びの土台には、遊びがあると著者は主張する。
    現代は、電子機器が普及し、幼い頃からスマホに馴染む子どもがたくさんいる。
    昔のように遊べる場所が激減し、危機意識から子どもを外で自由に遊ばせることに制限ができている現実もいたし方ないのかもしれない。

     しかし、著者は直接的には述べていないが、社会でリーダーシップを取る人は、概ね子ども時代から遊び呆けてきた人だということを改めて認識したほうがよいと思う。

     AIが本格的に登場し、生き残る職業、消滅する職業などど恐ろしい比較論も身近になってきている。機械が様々な面で労働を代替するからこそ、人間は人間にしかできないことに注力していくべきだと思う。

     幼少期に外に出て遊ぶことというのは、社会にどのようなルールがあり、どんな危険があり、どんな楽しいことがあるのか。子どもだからこそもつ豊富な感性の元、喜怒哀楽の要素を身を持って知る又とない機会なのではないか。

     実態を知らずに知識や情報を詰め込まれる子どもと日夜外に出かけていき様々な実物と出会っていく子どもと。どちらがたくましく育っていくだろうか。
    極端な例かもしれないが、フィールドワークをする作家の書いたものとネットで調べたり、本で読んだ内容だけでものを書く作家。どちらのほうが面白いものを書くだろうか。

     保育を考えることは、どういう社会を描いていくかを考えることに他ならないと思う。
    藤井四段を見て、モンテッソーリ教育や将棋に関心を持つ親は多い。これは、自分の子どもには、社会を生き抜いていけるだけの知性を身に付けてほしい思いの表れだろう。

     親が考えるべきは、子どもがのびのび遊ぶためにはどうしたらよいかを考えることかもしれない。

  • 思い込みや視野の狭さが感じられる。学者っぽい感じ。たまたま知った保育所を理想のごとく書いていくのはいただけない。個別事例は客観的に書かないと説得力に欠ける。子ども・子育て支援新制度には精通していないようだ。

  • 平成27年度から保育制度が新しくなるのにあたり、いまあらためて保育とはということを考えた本。保育制度とは、保育の現場、保育者(保育所保育士と幼稚園教諭)の課題など、今の保育にまつわるトピックを網羅的に取り上げられていると思います。保育について学びたい人におすすめですね。

  • 保育問題が話題だ。

    しかし感情論や、男性・女性、共働き・専業主婦家庭などにより意見は様々で、少し距離をとって全体像を把握する必要がある。

    「子どもがうるさい」といった理由で保育所建設が中止にもなる事例も多いが、著者が繰り返し記述している「子どもを社会が育てる」という視点が欠けているようにも思う。


    2014年に刊行された本書の著者は保育園の運営をした後、大学で教鞭を取っており、実務面と制度面がバランスよく記述されている。

    まず前提として押さえておきたいのが、本書における「保育者」は保育士と幼稚園教諭の両方を含んでおり、内容も両者にまたがることだ。

    次に、保育所は児童福祉法を根拠として保育所保育指針に基づいている一方、幼稚園は学校教育法を根拠として幼稚園教育要領に基づいており、そもそもルーツが異なることである。
    この垣根は取り払われつつあるが、現状では良くも悪くも、法的根拠も目的も異なる。

    児童福祉法が定める保育所は「保育に欠ける」乳幼児のために設置されている福祉施設である。
    なお、全ての保育所で0歳からの保育実施が拡充されたのは1998年のことで、そう古い話ではない。

    保育に欠けている状態について、本書では両親と子供1人の3人家族が例として取り上げられている。
    母親は朝5時前に起きて高時給のゴルフ場で2時間働き、帰宅後に朝食を作り、子供を保育所に送った後、スーパーでパート勤務をする。
    父親は自動車修理工場で働いているが所得が低く、退勤後にさらにコンビニで22時までいている。
    やや極端な事例とは思えるが「保育に欠ける」というのがどのような状態を想定しているのかについて、整理する必要があるように思える。

    また、保育所はあくまで子どものための施設であり「女性の就労支援」を主目的とはしていない。
    「日本死ね」で話題となった「はてな匿名ダイアリー」の記事も、「一億総活躍社会」という言葉に対する反発として「保育所に預けられなかったから、私、活躍できねーじゃねーか」という趣旨であった。
    これに対する反応としては「女性の就労問題」について広く論じられるべきで、「保育所の待機児童問題」だけに論点が集中してしまっては、議論が混乱してもやむを得ないように思える。


    本書ではさらに、客観的なデータも掲載されている。
    全国平均の幼稚園在籍率は57.6%、保育所在籍率は38.8%となっている。

    しかし都道府県による違いは非常に大きい。
    例えば沖縄県は幼稚園在籍率が81.1%、保育所在籍率は17.8%である。
    しかし、長野県は幼稚園在籍率が23.4%、保育所在籍率は74.1%となっている。

    では沖縄県には保育所のニーズがないのかというと、那覇市は東京都世田谷区に次いで全国で2番目に待機児童が多い。つまり保育所在籍率の低さは保育所不足によると想像できる。
    一方、なぜ長野県が保育所在籍率が日本一高いのか(平均の約2倍)、筆者ではその理由は思いつかない。
    このように、地域それぞれの特性・事情がありそうだ。


    ところで、2015年4月から保育については新制度が始まっており、本書の刊行はその施行前だが、制度の説明がされている。
    保育支援は大きく2に分類できるようである。

    1つめは施設給付型で「保育所」「幼稚園」に加え「認定こども園」がある。
    認定こども園は「幼保連携型」「保育所型」「幼稚園型」「地方裁量型」がある。

    2つめは地域保育給付と呼ばれるもので「小規模保育」「家庭的保育」「居宅訪問型保育」「事業所型保育」がある。

    筆者は、待機児童解消について、主に幼稚園が0歳保育を始めることによる「認定こども園」によって目指されていると思っていたが、著者によればそれば困難なようであり(理由については本書をお読みいただきたい)、むしろ2つめの地域保育給付のほうが重要なようだ。


    また本書では、やはり話題になっている保育士の待遇についても触れられている。
    主に「給与の低さ」「労働負担の大きさ」「無給の時間外労働・持ち帰る仕事の多さ」「職務上のストレス」をネガティブな面として紹介・改善を求めつつ、「やりがいを感じている保育士が多い」ことをポジティブな面として紹介している。


    ところで、筆者がいつもひっかかるのが本書でも登場する「保育士の専門性」といった言葉である。
    待遇改善の根拠としてこの専門性を取り上げられることが多いように思えるが、例えば弁護士・公認会計士、あるいはメーカーの研究職などに比べて、保育士が専門性が高いとは思えない。
    そもそも何らかの職業についていれば、一定の専門性は持つのが普通だ。

    保育所に預けていない母親は特に専門的な知識・技術を用いずに育児をしているのであり、もし保育士の持つ専門性が子どもの成長にそれほど重要な役割を果たすならば、保育所に入所できない子どもは、その知識・技術を享受できていないことになり、より大きな問題である。
    (しかしそのような指摘は筆者の知る範囲ではない)

    なので、筆者の感覚としては、「保育士は専門的であるのに待遇が悪い」という主張よりも、単純に多人数の同時育児という労働負担に対する対価としての給与の低さの改善を求めたほうが共感を得やすいし、実際に改善されるべきだと思う。

  • どんな場で何を学ばせるかとかデジタル機器との接触はどうするかとか考えること多すぎ

    保育者としての今の現場の報告。社会の義務として保育があることを初めて知った。しかし本人たちの声がないので綺麗事に聞こえてしまう。

  •  無認可に対して冷たすぎるかもしれない。無認可は無認可で色々あるのだ。無認可で、めちゃくちゃ良い保育を行える智恵とは、哲学とは、何か。それを考えるのも、良いのではないか。
     保育の世界について、広く、わかりやすく、書かれてあるが、巻末に日本保育サービスの社長との対談とかを載せれば、もっと良い本になったのかもしれない。そこで、保育に関わる微妙な問題が浮き彫りになりそうだからだ。

     この本で良かったのは、著者の娘がひきこもりになってしまったとき、他人には色々アドバイスできていたのに、いざ自分となったとき、どうすることもできずに、ただ耐えたことが書かれているところだ。

     保育に関わる具体的な事例も色々取り上げられているので、繰り返し読むべき、基本となる本だと思う。特に保護者さんには絶対にオススメする。この本ごと役所にフリーペーパーとして置いておいて、基本書として配布すべきだ。(もちろん市が買い取って)

     だいたいの問題は、保育者の給与を上げることに結びついているように思われる。また、保育者にとって、働きたくなる職場であること。これが待機児童解消や、保育のいろいろな問題の解決に結びつくことだと思う。例えば保育士の下に准保育士のような資格をつくるだけでなく、スーパー保育士的な、表彰されたり、世間的にも十分通用する名誉のようなものを制度として作るなどはどうか。あと、職場の人間関係改善のために、うえに立つ施設長や主任などが、人間関係を遠山の金さんのようにまとめるカウンセリングテクニックをきちんと身につけていること。それが重要だなと思う。保育の現場はデリケートで、心身のすり減りかたがはんぱではないだろう。上に立つ人間の器量によってすべて決まりそうだ。
     合コンとかで「保育士です(またはスーパー保育士です)」と行った途端に、「医者です」「弁護士です」「東大生です」よりも「おおー、じゃあめっちゃお金ももってるんやし、めっちゃえらい!」とみられるような社会になるようにできればいいなと思うのだが……めちゃくちゃな意見だけれども。乱暴にいえば、それしかない気がする。また、保育以外の事務量、残業量の軽減も、必要だ。

  • 1102

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

白梅学園大学子ども学部・教授
1953年生まれ
専門は,保育学,保育史

[主な著書]
 『保育とは何か』(岩波新書,単著)
 『教育課程・保育課程を学ぶ』(ななみ書房,共著)
 『保育の哲学1』(ななみ書房・ななみブックレット)ほ

保育とは何か (岩波新書)のその他の作品

保育とは何か (岩波新書) Kindle版 保育とは何か (岩波新書) 近藤幹生

近藤幹生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
ジェームズ・J・...
佐々木 圭一
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

保育とは何か (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする