戦国乱世から太平の世へ〈シリーズ 日本近世史 1〉 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.27
  • (1)
  • (6)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004315223

作品紹介・あらすじ

信長入京前夜から家光の死去まで、約百年の通史をたどる。「天下」をめぐる争いとして描かれることの多い時代。だが改めて、当時「天下」の語は、どのような意味を持っていたか?同じく「戦国」「乱世」「太平」とは?徹底した史料の読み込みから確かな歴史像を求め、近世の"実像"を語る、待望のシリーズ第一巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前の時代の中世史シリーズの最後の巻とダブるところが多い。徳川三代については比較的詳しいか。前のその巻と比べると歴史のダイナミズムが感じられず、史実の詳細な記述とそれらの些細な位置づけ(天下、戦国、乱世、鎖国、幕府など)に終始した感がある。農政の下りは興味深い。

  • 信長入京前夜から家光の死去まで、約百年の通史をたどる。「天下」をめぐる争いとして描かれることの多い時代。だが改めて、当時「天下」の語は、どのような意味を持っていたか?同じく「戦国」「乱世」「太平」とは?徹底した史料の読み込みから確かな歴史像を求め、近世の〈実像〉を語る、待望のシリーズ第一巻。(2015年刊)
    ・はじめに
    ・第一章 戦国乱世
    ・第二章 全国統一と朝鮮出兵
    ・第三章 徳川の天下
    ・第四章 徳川の政権継承
    ・第五章 江戸幕府の確立
    ・おわりに
    ・あとがき

    日本近世史の専門家が、織田信長の誕生から徳川家光の死までを語った本である。新書と言うこともあり、当然、内容には広く浅い部分が出てくる。
    全体的に薄味であるがゆえに、惣無事令については、無かったと明確に否定している点が目立つp81(ほか海禁についても否定的)。家光パートは専門だけあって面白い。

  • 戦国時代から家光時代まで、「乱世」から「太平」へと列島が統一されていく様相を描いた一書。「天下」という言葉の意味の変遷が補助線となっている点も特色。

  • 読了。
    戦国期から家光死去まで。

  • 岩波新書でまた楽しみなシリーズが始まった。①は中世からの脱却期。信長から江戸幕藩体制の確立まで。江戸幕府ってのは300年も続くほどの強固なシステムだったわけだけど、意外と偶然のおかげで仕上がっていったことがわかる。それにしても家康の寝技というか根回しは強烈だよね。

  • 2015年4月新着

  • 20150318詳細な記述が淡々と続く。

  • 近世の日本史、信長〜家光の時代が教科書チックに述べられている。朝廷と武家の関係や朝鮮や南蛮と日本の政権の関係なども詳しく触れられていて勉強になった。

  • 勉強になりました。

  • いつか近世について通して読みたかったので新書で近世全体を論じるということが素晴らしい。

全15件中 1 - 10件を表示

藤井讓治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

戦国乱世から太平の世へ〈シリーズ 日本近世史 1〉 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする