桜 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.53
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 79
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004315346

作品紹介・あらすじ

花は桜-。古来より日本人はこの花を愛し、格別な想いを寄せてきた。里の桜、山の桜。豊かな日本の自然に育まれ、多種多様な姿を見せながら息づく桜は、日本人の美意識を象徴する花といえる。生き物としての基礎知識から、人間・歴史・文化とのかかわりまで。私たちの心をとらえてやまない、花の魅力のありかを伝える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 良く調べられている内容ではあるが、自分の興味ある分野とは違った。

  • 桜といえば「染井吉野」という、そんな単純なものじゃないんだな。

  • 桜はうちのマンションの庭でも避けて通れない難題。日本の桜は10種類とか、野生種と里の種とか、基礎知識編が結構利用価値が高い。うんちく本でもあるが、庭管理本を読むのに桜以外を考えるにも役に立った。

  • 桜という植物の歴史、種類などを説明する。明治期に江戸で生まれた染井吉野が花見の理想的な花木として、花見の様式を変え、現在まで定着してきたが、それまでは山桜を遠くから見るのが通常だった。染井吉野が「種」ではなく、栽培種であることの意味がやっと理解できた。父・オオシマザクラ、母・エドヒガンで、接木を通してクローンが全国に広がっていったものだという。それゆえに全国で桜開花地図が作成できるという。「種」としては日本に10種類が存在するというが、私たちの常識があまりにも染井吉野に偏り、かつ工業製品のような花に囚われていることを痛感する。これもまた日本らしさ。

  • 勉強になりました。

  • 2015年5月新着

  • 桜について、文化的・芸術的な側面ではなく生き物としての側面から解説した本。ソメイヨシノ以外の桜についても、栽培品種と野生種それぞれ説明があって、枝垂れ桜が種としてはエドヒガンだとか、分類の面白さも感じることができました。

  • 日本人ならこれを読まないとね。
    桜についてはこれ一冊でウンチクが語れます。

  • 今読むと今年の桜をもっと深く味わえる本。染井吉野の圧倒的な力と今の日本での品種間で起きている事件、そんなことを知った上で桜を見る春はきっととても深くなる。これ、この3月に読むべきです。
    個人的には「御黄衣」という園芸品種を愛しています。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年福岡県生まれ。1992年東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。農学博士。現在、国立研究開発法人森林総合研究所多摩森林科学園主任研究員、サクラ保全担当チーム長。専門は樹木学、植物分類学、森林生態学。

「2018年 『桜の科学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勝木俊雄の作品

桜 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×