鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.77
  • (33)
  • (62)
  • (34)
  • (13)
  • (2)
  • 本棚登録 :493
  • レビュー :57
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004315513

作品紹介・あらすじ

ネットの世界では何が起きているのか。ネットの世論は、どのようにつくられるのか。テレビ、新聞を凌駕するのか。そしてリアルとの関係は…。パイオニアとして、さまざまな試みを実現してきた著者が、縦横無尽に綴る。ネットによって、世界は、どこに向かっていくのだろうか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「鈴木さん」はまさに私だ!と手にとった。ネットの世界をもっと知りたいと思って読み始めたのに、いざ読んでみると、あまりに興味が湧かなさすぎて笑えた。
    一つは、筆者の語り口。まるでAIが書いたような(AIに失礼か)、淡々として淀みない口調が、読んでいて辛すぎたというのもある。
    どうやら、ネットの未来から早くも置き去りにされたらしい。。。

  • ネットを利用する人と、ネットに住んでいる人(ネット住民)という分け方はなかなかしっくりきました。完全に言い得ているわけでじゃないとは思うけど、それありますな、という感じ。さらに、最近ではデジタルネイティブなる第三の種類の人がいるわけでした。ネット世界のビジネスのこれからにおいて「プラットフォーム」と「独占」がカギです。これは先日読んだ『ZERO to ONE』でピーター・ティールも同じことを言ってましたし、僕がこれまで読んできた中では、『ITビジネスの原理』だとか、佐々木俊尚さんの著作ですとかで同じような解説がありましたねえ。というか、それらを読んでいたからこそ、今回この本の内容にもなんとかついていけたような気がします。ネットでの無料化の是非や、コンテンツの大事さについての論考、さらにビットコインの説明(これは読んでいてもなぜ投機対象になるのかはっきりわからなかった)、オープンかクローズドかその趨勢、などなど興味深いネット世界のこれからの見通しが詰まっています。

  • この人は本当に頭が良いし、良く考えている。そして真面目すぎるから本当の事を言ってしまって叩かれるんだが、大抵は正しい。
    物の本質への到達の仕方の一助になり良本。
    (あくまで自分なりに考える努力は別にすること前提で)

  • ネットの世界を理解するには、ビジネスとネット原住民とデジタルネイティブの3つの要素からなる力学で考えるべし。

    飽きずに普通にきちんと理解できる、で期待してスタートしましたが、話がだんだんこれ普通の範囲かな?というところに広がった感じ。雑誌の連載ベースだったということで腑に落ちました。

  •  文章と内容が難しくて飲み込むのに時間が掛かったし、よく分からないところもあった。もうちょっと噛み砕いて具体例や喩えを交えて説明して欲しかった。今から2年前の本なので、現在ニコ動やブロマガがどのような状況になっているのか気になった。ネット住人やネット原住民の話で、彼らは少数でも存在感が大きく声がでかいというのが面白かった。ネットはネット、現実は現実と分けて考えた方がいいようだ。電子書籍やネットラジオをやっているので、それをどう展開したらいいのか参考にするつもりだったが、あんまりよく分からなかった。

     

  • 部分の知が先か全体の知が先か。
    答えはニワトリ×たまご。

  • KADOKAWA・DWANGOの代表取締役会長である川上量生氏がネットの未来について自身の所見を書いた一冊。

    ネットの世界やコンテンツとプラットフォームについて、コンテンツのオープンとクローズドの問題などネット業界に精通する氏ならではの視点での指摘が満載で読み応えのある一冊でした。

    ネットの世界についてのことが理解でき、また電子書籍やネットとテレビの関係の話やビットコインは非常に興味深いものでした。
    また氏の手がけるニコニコ動画の話なども面白かったです。

    本書を読んで、業界の第一人者が語るネットの業界のワンランク上の知識の得ることのできた有用な一冊だと感じました。

  • ネットの世界について、その将来も含めてわかりやすく、かつ刺激的に解説していてとても面白かった。
    日本にネット住民が多いのは、そこそこ豊かなニートが多いからだそうだ。
    それにしても、ネット世論て何なんだろう。ソーシャルメディアが口コミだ、というのが分かるが、それがなぜネトウヨを生み、自民党支持が圧倒的なのか。不思議だ。
    あと、筆者は、ビットコインには懐疑的。本書が出てから2年になるが、ビットコインはまだまだ元気ですね。さて、どうなりますか。

  • プラットフォーマーがなぜ強いのかということや、コンテンツ提供側の今後など、ネットについての過去と未来が忌憚なく書かれている。
    とくにビットコインについては、世間で騒がれている部分も含め、客観的にかつ俯瞰的に述べられていて非常に面白かった。少し難しいけれど、ネットに関わる人なら読んでおきたい。

全57件中 1 - 10件を表示

鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)のその他の作品

川上量生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする