鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.72
  • (37)
  • (70)
  • (44)
  • (17)
  • (2)
本棚登録 : 613
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004315513

作品紹介・あらすじ

ネットの世界では何が起きているのか。ネットの世論は、どのようにつくられるのか。テレビ、新聞を凌駕するのか。そしてリアルとの関係は…。パイオニアとして、さまざまな試みを実現してきた著者が、縦横無尽に綴る。ネットによって、世界は、どこに向かっていくのだろうか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「鈴木さん」はまさに私だ!と手にとった。ネットの世界をもっと知りたいと思って読み始めたのに、いざ読んでみると、あまりに興味が湧かなさすぎて笑えた。
    一つは、筆者の語り口。まるでAIが書いたような(AIに失礼か)、淡々として淀みない口調が、読んでいて辛すぎたというのもある。
    どうやら、ネットの未来から早くも置き去りにされたらしい。。。

  • 内容の半分以上は正直、わかりませんでした。
    しかしわからないながらも
    凄い内容の本だ❗
    とは本当に感じました。

  • 【電子ブックへのリンク先】※スマホ・読上版です!

    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000072944

    ※学外から利用する場合は、「学認アカウントを・・・」をクリックし、所属機関に本学を選択してキャンパスIDでログインしてください。

  • タイトルの通り、ネットコンテンツとは何か、どうなっていくのかを分かりやすく分類、整理されている。ネットビジネスをリードされている方の意見として大変興味深い。

  • まあまあ面白かったと思うんだけど、昔に読んだからわすれちゃったなあ。

  • 鈴木さんというのはジブリの鈴木さんのことらしい。タイトルを少しひねったようだ。中身はいたって真面目にネット、プラットフォーム、ビジネス、IT企業のことに触れている。

  • 東2法経図・6F開架:B1/4-3/1551/K

  • Internet

  • 2015.08.06 朝活読書サロンで紹介を受ける。

  • 新書

全74件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年生まれ。京都大学工学部を卒業後、コンピューターの知識を生かしてソフトウェア専門商社に入社。同社倒産後、1997年、PC通信対戦ゲームのシステム開発会社として株式会社ドワンゴを設立。2000年から代表取締役会長。携帯ゲームアプリや着メロなどのサービスを次々と手がける。2004年東証一部上場。2006年には子会社ニワンゴにて動画共有サービス「ニコニコ動画」を開始。2014年株式会社KADOKAWA・DWANGO会長に就任。著書に『ルールを変える思考法』(EPUB選書)ほか。

「2015年 『ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川上量生の作品

鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×