不眠とうつ病 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 66
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004315582

作品紹介・あらすじ

今夜も眠れなかったら、どうしよう…。そんな不安や心配が、うつ病の引き金となる。二週間以上つづく不眠は、うつ病のサイン。体内リズムの病気ともいわれる、うつ病の兆候と症状を、不眠との関係から明らかにする。予防法としての睡眠改善と快眠法、薬に頼らず眠りで治す最新の治療法まで、やさしく丁寧に解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 快眠がメタボ予防にもうつ病予防にもなると。
    ラットを寝かさない実験とか、心理教育とかの睡眠に関する事柄を医学的に解説。

    「ピッツバーグの睡眠質問票」「アテネ不眠尺度」「刺激制御法の説明書」「睡眠制限療法の説明書」といった指標や不眠治療法(もちろんツライなら専門医に相談すべき)もあるので自分でちょっとやってみようかな、と思った。

  • なかなかロジカルな切り口で、改めて睡眠を見つめ治すのによい気がした。

    P51 ピッツバーグの睡眠質問票
    →12点(20171028時点)
    P62 ノンレム睡眠で活動が保たれるのはオトガイ筋だけ
    p87 慢性の不眠の患者さんには、不眠に対する過度のとらわれが認められる。「今夜は眠れるだろうか?」「眠れないと大変だ、どうしよう」といった不安に満ちたこだわりが日中の不安を高める。眠ろうとする努力がかえって入眠を妨げる。
    眠りはリラックスしないと訪れないのに、眠くもないのに寝床に入ったり、眠ろうと努力しがち。その結果ますます目がさえる。→身体化された緊張

    p131 不眠症は性格には、「不眠恐怖症」

    P167 唯一の休息の機会は眠りですが、その眠りが損なわれていきます。やっと寝付いても、夜中にめを覚まし、過去を悔んだり、取り越し苦労をして、ますます目がさえてしまいます。

  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:493.764||S
    資料ID:95150935

  • 秋田大学の先生の本。

    眠りのメカニズム、不眠と生活習慣病の関係、眠りの質と病気との関係が丁寧に説明されていた。生物的な部分は理解するのあ難しかったが、もう一度読んで勉強したい。

    眠りに対する理解が深まったし、生活習慣を少し変えようと思った。意識的に質の高い眠りを得たい。

  • わかりやすく理解できる。

  • 私は過眠なんだけど・・・
    不眠の裏返しなんだよね。
    夜に2時間とかしか眠れないから、
    昼間一日寝ている。
    昼間一日寝ているから、夜眠れない。

    眠くて眠くてたまらないのに、眠れない。


    本書を読んでまず思ったのは、
    ラット・・・すまない。ありがとう。

    人体を解明するために、どれだけの動物実験が行われていることか。

    不眠の本だから、
    ネズミを眠られないようにしたり。
    か、かわいそう・・・。


    不眠のメカニズム・・・
    化学的には詳しく書いてあったけど・・・
    不眠を解消するという面では、
    これだ!
    というものもなかったです。

    むしろあったら苦労しないよね。

  • S493.764-イワ-R1558  300438322

  • 2015年10月新着

  • 睡眠について、ものすごく勉強になった。
    金縛りなども「睡眠麻痺」と言われてしまえば、なんでもないことですね。

全13件中 1 - 10件を表示

不眠とうつ病 (岩波新書)のその他の作品

不眠とうつ病 (岩波新書) Kindle版 不眠とうつ病 (岩波新書) 清水徹男

清水徹男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ピエール ルメー...
又吉 直樹
村田 沙耶香
三浦 しをん
宮下 奈都
恩田 陸
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

不眠とうつ病 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする