ヴェネツィア――美の都の一千年 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316084

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロシアに興味を持ったのはアイスホッケーとフィギュアスケートが
    きっかけだった。そうして、私をイタリア、なかでもヴェネツィアに
    導いたのは漫画家・森川久美と作家・塩野七生だった。

    ロシアとヴェネツィアのキーワードに過剰反応する私の書庫には、
    本や漫画にこのタイトルの入っている作品のなんと多いことか。
    当然のように積んだままの作品も多いのだけれど。買ったら早め
    に読めよ、自分。

    本書も新刊書店の棚を眺めていたら目に飛び込んで来たのだ。
    買うでしょ、当然。ヴェネツィアだし、芸術だしね。

    ロシアには何度か行っているけれど、ヴェネツィアには未だ足を
    踏み入れていない。それでも、本やテレビの紀行番組で目にする
    街の建物や絵画、彫刻は「アドリア海の女王」と言われ、繁栄を
    誇ったヴェネツィア共和国の素晴らしい遺産なのだと感じた。

    その都市の歴史と共に芸術作品を追うのが本書なのだが、新書
    という形式上、教科書的であり、駆け足になってしまうのは仕方ない
    のかな。

    ただ、トゥカーレ宮殿やサン・マルコ大聖堂などにある絵画や彫刻
    を解説しているので、芸術巡りでヴェネツィアに行くのであれば、
    下手なガイドブックよりも役に立ちそう。

    カラー、モノクロのでの写真も豊富なのだが全体像ばかりなのが
    少々残念。新書だとどうしても写真の大きさも限られて来るし、
    細部が見たいと思っても無理な注文になってしまうのだもの。

    彫刻も、絵画も、私にはほとんど知識がないのだが、それでも
    西洋美術には惹かれるものが多いんだよね。なんで絵なのに
    こんなにも光を描くことができるのだろうかとか、布の優美な
    ドレープ感まで表現できる彫刻とか、見る度に「凄いな~」と
    思うわ。

    やっぱり行かなきゃな、ヴェネツィアに。特にサン・マルコ大聖堂の
    祭壇の後ろに飾られた「パラ・ドーロ」が見たい。黄金の背景に、
    惜しみなく宝石を使った、まさにヴェネツィアの繁栄の象徴では
    ないか。

    尚、1586年に日本からの大正遣欧少年使節がヴェネツィアを訪問
    した際に、ヴェネツィア側は元首はじめ、大歓迎してくれ、等身大の
    肖像画まで描いてくれたそうだ。この肖像画が現存していないのが
    惜しい。日本とはこんなところで繋がりがあったんだね。

    ああ、益々ヴェネツィアへの想いが募るわ。本書巻頭には全島を俯瞰
    した地図に、主要な建造物の場所が記されているのでヴェネツィア中
    を隈なく歩き回りたくなる。

    やっぱり長期滞在で行かなきゃいけないだろうな。まずは資金調達
    が問題だ。私にヴェネツィアに興味を持たせた森川久美と塩野七生
    を恨むわ。

  •  書名だけだと(特に著者を知らなければ)通史や概説書と誤解する可能性があるが、美術史の本である。ヴェネツィアがまさに美術の宝庫であることが改めてよくわかる。

  • あとがきの娘さんの話で泣けてきた・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1963年名古屋市生まれ。美術史家、神戸大学大学院人文学研究科准教授。東京大学文学部卒業、同大学院修了。著書に、『カラヴァッジョ――聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞など授賞)、『カラヴァッジョ(西洋絵画の巨匠11)』『フェルメールの光とラ・トゥールの焔――「闇」の西洋絵画史』『モディリアーニ モンパルナスの伝説』(以上、小学館)、『食べる西洋美術史』『ウォーホルの芸術』(以上、光文社新書)、『カラヴァッジョへの旅』(角川選書)など多数。

ヴェネツィア――美の都の一千年 (岩波新書)のその他の作品

宮下規久朗の作品

ヴェネツィア――美の都の一千年 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする