シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 団塊の世代がこれからの日本の重要な役割を積極的に担うことが肝要であること説いている好著だ.筆者と同い年なので,数多くの記述に納得できるものがあり楽しめた.アジアの中で日本が"浩然の気"を持つだけの素地はあるが,そこまで到達していない要因を,この世代がもつ"私生活主義"と指摘しているのも肯ける.食料の自給を最後に取り上げて,「食・農」がこれからのキーワードとしているのも,適切な着眼点だと感じた.1945年にタナボタ式に与えられた民主主義を美濃部達吉らが正当に理解していなかった事実は,未だに憲法を理解していない現総理の言動を示唆しているようだ.

  • いわゆる政治評論の類いの本なので、期待せずに本を取ってみたが、バランスが取れていた。というより、シルバーデモクラシー=民主主義の弊害(老害)になることを自ら警告する筆者の器量に感服した。
    なかなか、自らのことを客観的に見ることが出来るのはすごいと思う。

    ただ、ろくでもないこの日本を作り上げた団塊世代(ジュニア世代)の弊害は、日本だけではない。アメリカによるトランプ大統領、英国におけるEU離脱、同時代性をもって世界における民主主義を危機に陥れるのかもしれない。

  • 団塊世代の高齢者から見た戦後の日本とは何か。我々には与えられた民主主義に対する自虐感、軽さがあるのではないか。戦後民主主義を「行き過ぎた民主主義」という輩もおり、何か起きると「絆」「連帯感」と国家主義への誘惑もある。視界が狭く内向きになると右傾化しやすい。アベノミクスはマネーゲームであり実体経済の改善ではない。アベノミクスを支持しているのは株を持つ高齢者ばかり。高齢者の高齢者による高齢者のための政治となっている。団塊世代の政治家も職業政治家ばかり。高齢者は2040年には人口の4割に迫る。

  • 高齢者パワーの台頭

  • 367.7||Te

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

寺島 実郎(テラシマ ジツロウ)
(一財)日本総合研究所理事長、多摩大学学長
1947年北海道生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、三井物産入社。米国三井物産ワシントン事務所所長、三井物産常務執行役員、三井物産戦略研究所会長等を経て、現在は日本総合研究所会長、多摩大学学長。国土交通省・社会資本整備審議会道路分科会国土幹線道路部会長、同省・国土審議会計画部会委員、経済産業省・資源エネルギー庁総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員、農林水産省・「食と農の景勝地」検討委員会委員長等兼任。
著書に『ひとはなぜ戦争をするのか―脳力のレッスンⅤ』『シルバー・デモクラシー』(以上岩波書店)、『ユニオンジャックの矢』(NHK出版)『二十世紀と格闘した先人たち―一九〇〇年 アジア・アメリカの興隆』(新潮社)、『中東・エネルギー・地政学』『全47都道府県幸福度ランキング2016年版』(以上東洋経済新報社)他多数。

「2018年 『全47都道府県幸福度ランキング2018年版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺島実郎の作品

ツイートする