ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
4.16
  • (30)
  • (31)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 241
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者が実際に何度もラストベルトを中心としたアメリカへ足を運んで取材を重ねるなかでの、アメリカの分断に対する肌感覚をリアルに描いている。かつては比較的、好待遇で所謂「一般的な幸せ」を築けたブルーカラーの労働者たちが職を失い、社会に対して荒んだ眼差しを向けている。
    もちろんここに書かれたことはアメリカのほんの一部ではあるが、自分が想像していたよりも、荒んだアメリカ、ネガティブなアメリカの実情は悲惨だった。

  • 選挙中から、そしてこの本を手にするまでずっと、「なんでアメリカ人はあんな暴言ばっか吐いてる人を大統領にしちゃうんだろう?」と思っていた。
    でもこの本を読んで納得した。
    ニューヨークやロサンゼルスのような大都市以外の地域には「学校を卒業しても職が見つからない」、「仕事をしても生活が苦しい」、「ミドルクラスから落ちてしまいそうだ」、「今までの職業政治家では変わらなかった」と不満を募らせてきた市民が多く、そんな中で「仕事を奪っている移民を追い出す」、「強いアメリカを復活させる」、「献金を受け取らない自分は利益団体の言いなりにならない」と言うトランプが出てきて多くの人が支持した。
    だいたいこんな感じなのだろうと思う。
    「昔は良かった」的な人が沢山登場するけど、「石炭を使えば全てが良くなる!」なんてのは笑ってしまった。昔のアメリカは圧倒的な物量で他国より優位に立ったし、単純労働者も裕福になることができたんだろうな。それで、産業構造の変化した現代においてもその感覚を忘れることができない人が多いのかなと思った。アメリカで製造業を復活させると言ったって、アメリカ人従業員に高給払いながら作った製品じゃよっぽどの付加価値でもなけりゃ厳しいでしょ。
    結局金持ちが尊敬されるという風土が根付いてる以上、一部の金持ちが社会的に高い位置に立って、金持ちがより金持ちになるような社会を作っていくんだろうと思う。金以外に他に共通の価値観がないんだろう。
    アメリカが格差を強めていったとしても、日本は追随して欲しくない。
    トランプの今後はどうなるんだろうか。二期目はあるのか。

  • 本書では、なぜアメリカの人々がトランプ氏を支持したのか、いわゆる「ラストベルト」に住む人々の生の声を拾い上げている。本書を読むと、トランプ氏はこの「ラストベルト」を中心とした地域に住む人々の声を拾い上げて、大統領の座を射止めたのだということがわかる。

    筆者はこの「ラストベルト」を歩き、主にトランプ氏の支持者たちに会って話を聞き続ける。筆者が話を聞きたいと告げると、トランプ氏支持者たちはみな、自分の話を聞いてほしいと訴え、自分の置かれた状況を語るのだ。ユーモアに包んだ語り、悲痛な語り、過去を懐かしむ語り、現状への怒りと将来への不安の語り。

    本書に登場するトランプ氏の支持者たちは、みな気さくで親切でいい人ばかりだということに、わたしたちはすぐに気づく。そんなトランプの支持者の多くを、筆者は「明日の暮らしや子どもの将来を心配する、勤勉なアメリカ人」(本書pⅱ)と位置付ける。本書で描かれているトランプ支持者の姿は、わたしたち日本人の姿と重なるものも多いことに気づくのだ。

    その意味では、本書はトランプ大統領誕生の一端をのぞくことのできる、第一級のルポルタージュと言えるだろう。

    ただ、トランプ氏を支持したのはこのような「ラストベルト」に住む人々の大きな支持を集めたのはたしかだが、他にもエスタブリッシュ層や人種差別主義者などの「隠れトランプ支持者」も、多数存在することが指摘されている。「ラストベルト」以外にも、トランプ支持者はたくさん存在しているのだろう。本書ではそのあたりの「隠れトランプ支持者」の声や「ラストベルト」の住人以外のトランプ支持者たちの声には触れられていない。

    トランプ大統領の就任から半年以上が経った。政権に入った高官が相次いで辞任し、ロシアとの結びつきが疑われ、さらには白人至上主義団体と反対派との衝突事件では人種差別を容認するかのような発言を行うなど、いまだにトランプ氏自身の大統領としての資質に疑問符がつけられる日々だ。そんな状況の中で、「トランプ王国」はどこへ向かっていくのだろう。

    そのあたりの時事的なトピックを受けた人々の声を拾い上げる「続・トランプ王国」を期待したい。筆者は引き続き朝日新聞紙上で、「トランプ現象」に関する記事をいくつか書いているので、その期待もまた近いうちに叶えられるだろう。そう信じて続編を待ちたい。

  • タイムリーでめちゃ良い。なるほど、こういう支持層なのか、と納得。トランプと言うより、トランプが選ばれた背景を追ったルポ。トランプが選ばれるだけの問題をアメリカ社会は育み、そしていまマジョリティになってる。これは日本にも向こう10年〜20年くらいで通じる話に思う。昔の車産業、将来はIT産業だろう。

    ちなみにこの衰退したエリアではオバマも同じように製造業の復活をアピールした、サンダースも似たようなことを言ってるとのこと。テーマはミドルクラスの没落である。

  • メディア等で多くの米国民がトランプ大統領の誕生に反対しているように見えた中、なぜ(得票総数そのものはクリントン氏を超えなかったが)大統領選で勝利することができたのか、という問いに現場面から答えようとする本。
    「反グローバリゼーションとポピュリズム~『トランプ化』する世界」(神保哲生氏等著)においてもトランプ大統領誕生の要因の一つとして語られていた、ラストベルトに住む人々への訴求について、実際に当該地帯に住みトランプ氏に投票した人々の生の声を知ることができる。
    本書に登場するラストベルトの人々に共通するのは、かつて真面目に働けばそれなりに豊かな暮らしが出来た上向きの時代(著者はアメリカン・ドリームとも表現している)への郷愁と自身ないし彼らの子孫の(そうした生活を享受することのできる)ミドル・クラスからの没落に対する危機感であった。トランプ氏の発言には論理的でない(矛盾する)面もあったり、事実に即していない点、具体性に欠ける点などもあったが、彼らはトランプ氏の掲げる理想(大きな方向性)に共感するとともに、特定団体からの献金に頼らずストレートな物言いのトランプ氏に(エスタブリッシュメントが政治を支配する現状からの変化という)希望を見出したのである。
    本書の最終章では現場でのインタビューを踏まえてトランプ大統領が誕生した背景と民主主義への影響についての考察がなされている。グローバリゼーションによって得をした(所得が大きく上昇した)のは先進国の最上層と新興国の中流層(先進国の中流層は相対的な敗者)であり、この点が本書で取り上げられたような人々が登場した背景になったと筆者は説明している。また、今回の大統領選によって、民主主義の根幹である政府の正当性や言論の自由(暴力の否定)が脅かされる恐れがあるとの指摘もなされている。
    本書に出てくるラストベルトの人々と同じような境遇の人は、我が国においても増加しているのではないかと実感する。マクロ経済的にはグローバリゼーション・自由貿易は是認されるべきものであろうが、急速な変化に乗り遅れ得る人々への対応・迅速な国内産業構造の転換をどのように行うべきか、政府には難しい舵取りが求められる、という点が含意されている。Brexitの例にも示されるように、今後当面は(先進各国において)グローバリゼーション及びそれに伴う急速な変化への反動として、このような潮流が予想されるだろう。

  • トランプ支持層と言うか、ミドルクラスの没落についてのルポ。刺さり過ぎる…
    て言うか、日本はアメリカより没落度合い進んでるんじゃ…

    と思いつつ、ここに感想書きに来たら、日本もこの先こうなりそう、みたいな感想が並んでて驚きました…
    私人一倍早々没落してたか…orz

  • トランプ支持者達の状況がよくわかった。時代と共に主要産業の交代は不可避だが、不幸な人々がでないように移行するのは難しいと思った。白人の寿命が下がっているという情報はインパクトがあった。

  • イギリスのEU離脱もしかり、世界はグローバル化してるように見えてだんだん反グローバリズムが進んでいるように感じました

  • 大方の予想に反して大統領選に勝利したトランプ氏。その原動力となった、忘れられた人々を追ったレポ。日本の新聞社記者でありながら、このように草の根の声を丹念に拾い集めたことは、何とも素晴らしい。
    ニューヨークタイムズに代表される上から目線の報道、それを基にした日本のマスコミ報道では、決して窺い知れない世界があった。嘘に固められ、他人を貶めるような演説を批判しても、何もわかっていなかったのだ。
    しかしトランプ氏では、いや他の候補でも、忘れられた人々を救うことはできないと思うと、何とも悲しいことだ。

  • 何故トランプが大統領に選ばれたのか。
    日本の新聞やテレビのニュースでは取り上げられることの無いアメリカの地方を回って選挙期間中に支持者にインタビューをした記録ですが読んで理由が分かったような気がします。
    自由貿易により仕事が海外に移転し、移民の安い労働力に押されて生活が苦しくなる人々の姿。アメリカンドリームは遠い過去、今は生活するのが精一杯の人々。自分たちはミドルクラスのはずが今では貧困層との瀬戸際に居ると言う危機感。
    人々の怒りや絶望が彼を大統領にさせたのだと分かりました。

    日本でも将来起こりえるのでは…と不安になりました。

全34件中 1 - 10件を表示

ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)のその他の作品

金成隆一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
村田 沙耶香
恩田 陸
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする