中国のフロンティア――揺れ動く境界から考える (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.90
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316527

作品紹介・あらすじ

大国として台頭し、活動をグローバルに拡大させている中国。その存在が浸透しているフロンティアでは何が起き、それがどのように語られているのか。ザンビアやマラウイなどのアフリカ諸国、中国と隣接する東南アジア、台湾と中国の狭間に位置する金門島などを訪ね歩いた研究者が、現地の目線で「ふくらむ中国」を見つめ直す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・6F指定 B1/4-3/Nakai

  • 周独裁体制が続き、中国の拡大路線が継続すると考えられる。内向きの米国では抑えが効かず、ますます圧力を高めていくと思われ、中国周辺への警戒が必要だ。

  •  ザンビア、広州のアフリカ人街、マラウィ、中国・ミャンマー国境地域、南寧、東ティモール、金門島へのフィールドワーク結果はそれだけでも面白いが、表面的な取材にとどまってはいない。筆者は、「中国」とは中国を中国たらしめる運動体、本書ではその活動体の輪廓の一部を切り取ろうとしたものであり、そのフロンティアにこそ中国の「揺れ動く」輪廓が立ち現れているのではないか、と末尾で締めくくっている。
     筆者は、胡錦濤政権後半期から進んだ中国の対外進出という現象自体を否定はしないが、それを正当化する中国内の報道、批判的に見る日本・欧米メディアの視線双方から距離を置き、「中国の世界進出とされる現象がいかに複雑で、また多様な側面から構成されているか」と述べている。主権に関わらない部分では必ずしも中国が官民一体というわけでもなく、中央政府、地方政府、企業や労働者、現地華僑社会といった様々なアクターがいる。また、「中国」のみを主語として語りがちだが、相手側にも国内やその地域の事情があるということだ。
     また、中国国内のフロンティアとして、中国史とも台湾史とも異なる「金門史」を抱える金門島の事情を紹介しているが、台湾紹介の記事が溢れる現在でもこのテーマで深く論じたものは(自分にとっては)初見であり、興味深かった。

  • 中国の外交について、特に途上国との関係についてまとめられている。
    中国の途上国へ対する援助は、中国の国益にかなわないと基本的にしないというスタンスであり、その点が日本や西欧諸国が持つ中国を脅威として捉える議論とは違うとしている。
    個人的には、中国は在中アフリカ人へやイメージが悪いと書かれており、「内なる国際化」という意味では、まだまだ遅れていると感じた。

  • 222||Ka

  • 書籍についてこういった公開の場に書くと、身近なところからクレームが入るので、読後記は控えさせていただきます。

    http://www.rockfield.net/wordpress/?p=9313

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科教授

「2018年 『日中戦争と中ソ関係』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川島真の作品

中国のフロンティア――揺れ動く境界から考える (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする