異才、発見!――枠を飛び出す子どもたち (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.36
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316596

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学校に馴染めないからといってその人に取り柄がないわけでは無く、特別な能力があったり、学校では学べない何かを身につける能力がある。確率がどの程度か知りたいところ。
    章ごとの言いたいことが曖昧。なんだか思いついたことを順に書いてあるように思える。結果論な事例ばかりなので、失敗例も欲しいところ。

  • 不登校児の才能を刺激、発掘するプロジェクト、ROCKETについての話がメイン。
    ROCKETでは、不登校で当たり前、そんなことは気にせず、自分を伸ばしていこうという教育(学び?動機付け?)が行われている。内容はどれもすごい。どこからお金が出てくるんだろうというような桁外れのプロジェクトや体験を、小、中学生が自分で考え、大人を説得できれば経験できる。
    しかし、目指しているところが私にはよくわからず、このような体験をした子供達が将来どうなるのか、を見てみたいと思うにとどまった。

全2件中 1 - 2件を表示

異才、発見!――枠を飛び出す子どもたち (岩波新書)のその他の作品

伊藤史織の作品

異才、発見!――枠を飛び出す子どもたち (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする