鏡が語る古代史 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.43
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316640

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国史メイン。

    古代に造られた鏡の変遷を辿る。
    彫られているモチーフや、詩句の使われ方に時代性があるんだよ、という。
    流し読みになったので、中途半端なレビューですいません。

    「鑑」は本来、金属の皿に水を張った水鏡の意があり、「鏡」は光り輝く金属を意味するという違いは面白い。鑑みるって、そういうことね。

    太陽をモチーフにしている呪具だったり、持てば繁栄されると信じられていたり。
    自らを写し、また光を反射するという性質を持つ鏡の神秘性について、日本史版も読みたい。

  • 友人からもらった本

    中国作られた銅鏡の図像のみならず銘文に注目し、銅鏡はどこで、だれが、何の用途でつくったのかを、
    日本に多く残る三角縁神獣鏡が作られた時代まで読み解いている。

    銅鏡から、それが作られた時代背景が読み解かれている。もう少し人に注目して、間を埋めると歴史小説になりそう。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1957年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程から京都大学文学部助手、九州大学文学部助教授、京都大学人文科学研究所助教授を経て、現在、同教授。文学博士。中国考古学を専攻。主な単著に『中国文明 農業と礼制の考古学』(京都大学学術出版会、2008年)、『夏王朝 中国文明の原像』(講談社学術文庫、2007年)、『中国古代王権と祭祀』(学生社、2005年)、『三角縁神獣鏡の時代』(吉川弘文館、1999年)、主な編著に『シルクロード発掘70年―雲岡石窟からガンダーラまで』(臨川書店、2008年)、『雲岡石窟』遺物篇(朋友書店、2006年)、『国家形成の比較研究』(学生社、2005年)、『世界美術大全集 東洋編第1巻 先史・殷・周』(小学館、2000年)などがある。

「2017年 『雲岡石窟 第3期(全4巻9冊)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡村秀典の作品

ツイートする