日本の無戸籍者 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316800

作品紹介・あらすじ

少なくとも一万人は存在するとされる日本の無戸籍者。嫡出規定や女性の再婚禁止期間など明治からの民法の壁に加え、貧困などで出生届が出されないことがその原因だ。しかし、戦争や災害による戸籍の大量滅失はいつ誰にでも起こりうる。国民を規定し、また排除する戸籍制度がいかにもろく曖昧か、歴史と多くの事例から考察する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  
    ── 井戸 まさえ《日本の無戸籍者 20171021 岩波新書》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4004316804
     
    (20180312)
     

  • <書評>枠外の存在から制度を問う <評 中村一成(フリージャーナリスト):どうしん電子版(北海道新聞)
    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/150461?rct=s_books

    岩波書店のPR
    少なくとも一万人は存在するとされる日本の無戸籍者.女性の再婚禁止や嫡出規定など明治から続く民法の壁に加え,貧困などで出生届が出されないことがその原因だ.しかし,戦争や災害による戸籍の大量滅失はいつでも起こりうる.戸籍制度の曖昧さ,もろさを無戸籍の歴史と多くの事例から考察する.
    https://www.iwanami.co.jp/book/b313870.html

  • 戸籍の歴史、無戸籍を引き起こす法律の問題等は、もう少し深く勉強してみたい。

    無戸籍の人々の生活、沖縄・サハリン等の「戸籍に翻弄される人生」等の具体的事例はとても興味深く読んだ。

    「無戸籍」でも行政サービスの多くが受けられることを始めて知ったが、その情報が当事者に伝わっていないことが残念に思う。少しでもこういう情報を広めていきたい。

  • ‪2017/11/26 10:00 「放送大学の本棚」から‬

  • 東2法経図・開架 B1/4-3/1680/K

  • 324.87||Id

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

井戸 まさえ(イド マサエ)
政治家、元民主党議員
1965年、仙台市生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。松下政経塾9期生。5児の母。
東洋経済新報社勤務を経て、経済ジャーナリストとして独立。2005年より兵庫県議会議員を2期務め、2009年、衆議院議員に初当選。無戸籍問題をはじめ「法の狭間」で苦しむ人々の支援を行う。民主党東京第4区総支部総支部長。
「戸籍のない日本人」で第13回開高健ノンフィクション賞最終候補作品に残る(『無戸籍の日本人』と改題して2016年1月刊行予定)。「『クローズアップ現代』“戸籍のない子どもたち”など無戸籍者に関する一連の報道」で2015年貧困ジャーナリズム賞受賞。
佐藤優氏との共著に『子どもの教養の育て方』がある。

「2015年 『小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井戸まさえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の無戸籍者 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする