原子力規制委員会――独立・中立という幻想 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316909

作品紹介・あらすじ

福島第一原発の過酷事故をきっかけに作られた原子力規制委員会は、「世界一厳しい」と称する新規制基準を作り、再稼働や老朽原発の運転延長の審査を進めている。政権や経済界からのプレッシャーを前に、独立性と中立性を維持できているのか。その組織構造と活動内容を批判的に検証し、あるべき原子力規制システムを構想する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3.11ののち、原発規制について「肝いり」で設置された機関の分析を中心とした書籍です。規制委員会の出してくる再稼働容認に違和感をもちつづけていただけに、その理由がわかった。大きな要因として「人事」があるのはどこの組織にも共通する話だ。最後にありうべき規制の体制についての著者の提案がある。現行法の中で十分実現可能なわけだから、国会議員にとりわけこれをちゃんと理解してもらって実現をしてもらいたい。

  • 東2法経図・開架 B1/4-3/1690/K 

  • 539.091||Sh

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

新藤 宗幸
新藤宗幸:後藤・安田記念東京都市研究所理事長/千葉大学名誉教授

「2016年 『現代日本政治入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新藤宗幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする