棋士とAI――アルファ碁から始まった未来 (岩波新書)

著者 : 王銘〓
  • 岩波書店 (2018年1月20日発売)
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 31人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004317012

棋士とAI――アルファ碁から始まった未来 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 水平線効果

    人間とAIの一番の違いに、人間は恐怖心を持っているという分析があります。

    2006年 モンテカルテ法

    江戸時代 囲碁は国技として本因坊家、井上家、安井家、林家の四家が幕府から扶持を得ていた

  • メーエンさん、色々考えている。なかなか示唆的な内容であった。確かに、AIがいろいろ使われていくと価値観に混乱が生じるだろう。AIが作った絵とか音楽をイイねえと思うこともありそうだ。それって、芸術なのかなんなのか。むむむー

  •  2016年3月に「アルファ碁」が韓国トップのイ・セドルに4対1、続いて2017年5月、「アルファ碁マスター」が世界ランク1位の柯潔に3戦全勝と完勝したことがニュースになったかと思おうと、更に10月には「アルファ碁ゼロ」が開発され、囲碁の学習を教師なしで自らゼロから行って習得し、「マスター」バージョンにも100戦89勝の成績を収めるに至ったというニュースが重ねて流れた。それが子供レベルからスタートし、わずか数日間の自己学習だったとのこと。囲碁をする人にとっては衝撃的であると同時に、まだまだ強くなる可能性があるという複雑なニュースでもあったと思う。囲碁の世界を越えて、AIの進歩を象徴する大事件だと私も思った。将棋やチェスでは既にコンピュータが人間を上回っていたが、あらゆるゲームの分野で上回ったということを意味するからだ。省エネ、医療分野、新素材探索への活用が既に具体的な展望としてあるという。なお囲碁が最も難しいと思われていた理由がファジーな判断の場面が多くあることにあったという。つまりどの手を選ぶかが価値観が作用する場面があるからだということであり、それだけ人間の判断に近いレベルになってきたということである。唯一「アルファ碁」がイ・セドルに敗れた局では、セドルの神の一手を境に、ソフトが変わったように明らかな悪手を打ち続けたという。それは誤作動ではなく、「水平線効果」と書いているが、都合の悪いことは、視野の範囲外に無理やり追い出す現象が発生していたことによると説明しており、これは「ゼロ」になってもありうることだそうであり、完璧でないことを示しているように思った。
    「ゼロ」は490万局の自己対戦を行ったとか、囲碁の変化数は10の360乗に及び、宇宙の原子数10の80乗を大幅に上回る!と書かれると想像もつかない世界である。しかし、490万局は僅か10の9乗(10億手)に過ぎないとはまだまだ「ゼロ」でさえも初歩の段階なのか!AIの対局にはストーリー性がない、解説ができないなどの注文も今後解決されていくとすれば、プロの棋士が不要になるのでは、更に囲碁は面白みがなくなるのでは、更に人間とは何なのかまで考えさせられるテーマのように感じられる。人類はここまで来たのだ。

  • 007.13||Om

全4件中 1 - 4件を表示

王銘〓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

棋士とAI――アルファ碁から始まった未来 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする