原民喜 死と愛と孤独の肖像 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
4.34
  • (29)
  • (18)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 300
感想 : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004317272

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原民喜と言えば、「夏の花」で「原爆文学」。そんな貧弱な文学史的知識しか持たず、国語の教科書にほんの少し抜粋されていた文章しか読んだことがなかった。この評伝を読んで初めて、ああ、こういう人だったのか、こんな孤独な魂の持ち主だったのかと、一人の人として目の前に現れてくる気がした。

    以前著者が小林多喜二について書いていたときも同様のことを思った。教科書の平板な一行だけの記述の背後で、失われていくその人の切実な人生を、梯さんは丁寧な取材でよみがえらせ、そっと目の前に差し出してくれる。圧巻の傑作「狂うひと」とはまた違い、静かな悲しみをたたえている一冊だ。

    原民喜が自死を選んでいて、しかもそれが鉄道自殺だったとは知らなかった。冒頭でその死の前後が描かれ、その後は、生い立ちからそこに至るまでの人生をたどっていく形になっている。原民喜という人は、本当に不器用で、世間になじめない人だったようだ。そういう自分を愛し庇護してくれる人や、やさしくあたたかいものを希求するが、それらははかなく手元から奪い取られてしまう。絶望と死に向かって刻々と引き寄せられながら、この世の地獄とも言える被爆体験が、かえって生に向かわせたという指摘には唸った。本当に「これを書かねば」という思いだけが、戦後の原をしばらく生きのびさせたのだろうと思う。

    いつもながら、著者の筆致は冷静で、いたずらに感傷を煽ることなく淡々としている。原の自死についても美化せず、しかし、どうしてもそこに向かって行くしかなかった孤独な心情をしのばせる描き方になっている。過度な感情移入を避けながら、なおかつ取材対象に寄りそって書くことは、そうたやすいことではないだろう。その姿勢に揺るぎない信頼感がある。

  • この新書は、今年の夏に本屋の棚に登場して以降、ずっとひとり立っていた。何故この本だけ全面写真カバーが付いているのか。カバーに云う「愛しすぎて、孤独になった。今よみがえる悲しみの詩人…。」原爆作家の原の字もない。夏の終わりに、ラジオ番組で本屋の書店員がオススメの本を紹介するコーナーがあって、熱を帯びて勧めていた。若い女性と岩波新書というのがチグハグで、やはり記憶に残った。早いうちに読もうと思った。それから一ヶ月あと。いっきに読む。いつもは数冊の本を並行に読むのだけど、他のを紐解く適わなかった。この本は小説ではないけど、知識の本ではない。読んで、体験すべき類いの本である。原民喜というピュアな人に出会ってしまうという体験。

    虐められて、世の中から逃げるために自殺をするのではない。あまりにも純粋な世界しか見ることが出来ない稀な能力を持ってしまったために現世よりも死の世界の方に居場所を見つけた青年。けれども最愛の妻が「書いて欲しい」と言ってくれたから、自分しか書けない最悪の地獄を見てしまったから、愛する現世の人たちのために書き遺して置かねばならない、と決意して仕舞った青年。死の世界に行く前に(おそらく)10ー20年生き延びてしまった青年。そんなピュアな人は現実にいるのだ、と信じさせてくれる評伝だった。

    梯久美子さんの本は、そうとは知らずに一冊だけは読んでいた。戦争で九死に一生を得た人たちに取材したインタビュー集である。氏の著作一覧を見ると、「死と愛と孤独」の人についてずっと書いているのがわかる。思うに、何かの賞を取らざるを得ない評伝だったろう。

    2018年10月読了

  • 私は梯久美子こそ当代きっての名文家の一人だと思うし、もちろん優れたノンフィクション作家だと思っている。
    だからこそ期待のハードルが上がっていて、残念ながら、本書はそのハードルを超えられなかった(エラソーですね、すみません)。

    よくできた評伝ではあるが、梯久美子の本としては印象が薄い。かつての大傑作『散るぞ悲しき』などと比べてしまうと、割を食って見劣りがするのだ。

    終盤、原民喜の晩年にささやかな幸をもたらした女性・祖田祐子に梯が独自取材をするあたりから、俄然、文章が精彩を放ち始める。が、そこまでは〝フツーの評伝〟という感じで、あまり面白くない。

    ミューズであり、母のごとき庇護者でもあった妻に先立たれた原民喜は、鉄道自殺によって世を去るのだが、その少し前に出会った年若い祖田祐子に、恋愛感情とも呼べないほど淡い、ある種ホーリーな感情を抱く。

    原民喜と祖田祐子、そして若き日の遠藤周作――3人の不思議な関係を描いた終盤こそ、本書の圧巻である。

    それにしても、原民喜という人はなんと孤独で、なんという生きづらさを抱え込んだ文学者であったことか。汚れきった娑婆世界で生きることに向いていない、硝子細工のように繊細な人だったのだ。

    現代のコミュ障・ぼっち・メンヘラたちは、本書を読んで原民喜に共感できるに違いない。

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/711793

  • 2021年12月24日 夫からのプレゼント。

  • 20190430 不幸な作家が現実を受け止め、生きさせてもらった人たちのために、詩作を続け、自分の判断で人生を終わらせた。著作に付いては読まないかも知れないが名前は忘れないと思う。

  • 原民喜の存在感と遠藤周作の存在感。
    自死を選びながらも、残された人や未来に明るい希望を確信し託した原民喜。
    原民喜として、その生を全うしたのだと思います。
    イエスがイエスの生を生き、十字架にかかったように。

    久しぶりに一気読みした一冊。
    余計な解釈を加える事なく、最後に

    「現在の世相と安易に重ねることもまた慎むべきであろうが、
    悲しみを十分に悲しみつくさず、嘆きを置き去りにして前に進むことが、社会にも、個人の精神にも、ある空洞を生んでしまうことに、大きな震災をへて私たちはようやく気づきはじめているように思う。
    個人の発する弱く小さな声が、意外なほど遠くまで届くこと、そしてそれこそが文学のもつ力であることを、原の作品と人生を通して教わった気がしている。」

    と記し、謝辞をもって締めくくっているが、
    非常に静かながらも力強く印象深い評伝であった。

  • 原民喜と遠藤周作の交流について知ることができ、興味深く読んだ。遠藤周作の描いたイエス像と原民喜の姿の重なり合いについての指摘にはなるほどと思わされた。
    「うん、見ようかね」と、少女が差し出した絵を長い間じっと見つめる、ありし日の原民喜の姿。その姿を回想する遠藤周作。
    また、喫茶店でのエピソード。

  • 恥ずかしながら、この歳になるまでというかこの新書を本屋さんで手に取るまで、この作家について知らなかった。読み終えて、そのことをとても恥ずかしいと思った。そして、この作家の作品をきちんと読んでみようと思うようになった。非常に洗練された評伝になっていると思います。

  • 栗林中将の本がよかったので、本書を手に取る。
    冒頭から話が重すぎて暗すぎて、読み進めるのがほんとうに辛いのだが、遠藤周作さんやタイピストのお嬢さんが登場してくる最後の章あたりから、モノクロのトーンだった話が急にカラーへと変わるように生き生きとしてくる。

    私情を盛り込んだり、事実をことさら美化したりしないで書く著者ではあると思うが、あとがきには大きな震災をへて現代に生きる我々に向けたメッセージが伝わってきます。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961(昭和36)年、熊本市生まれ。北海道大学文学部卒業後、編集者を経て文筆業に。2005年のデビュー作『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。同書は米、英、仏、伊など世界8か国で翻訳出版されている。著書に『昭和二十年夏、僕は兵士だった』、『百年の手紙 日本人が遺したことば』、『狂うひと 「死の棘」の妻・島尾ミホ』(読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞、講談社ノンフィクション賞受賞)、『原民喜 死と愛と孤独の肖像』などがある。

「2020年 『サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梯久美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×