日本の同時代小説 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.83
  • (14)
  • (30)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 259
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004317463

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新書編集者は「みんなの〈同時代文学史〉」と帯文句に書いているが、著者の主張としても、客観的にもそうではないということは明らかであり、編集者の勇み足というべきだろう。

    「文学史」と銘打ったならば、日本思想史に近づいてしまうのは、加藤周一「日本文学史序説」を読むまでもなく運命であり、だからこそ、世の研究者は同時代文学史を書くのを避けて来た。しかし、70ー90年代がもはや歴史として語られ出した今、こういう本が出るのは、時間の問題だったと思うし、その第一弾としては誠実なものだったと思う。

    西欧小説とは独自路線を貫いて来た「私小説」の伝統が、60年代から否定されて、変形し、綿々と続いていること。プロレタリア文学が、否定されつつも、推理小説やお仕事小説の中で、見事に復活していること。左翼の否定から始まり、会社人間を否定し、男の論理を否定し、凡そその時代を代表する多くの権威を否定しながら世代交代してゆく小説家の姿は、そのまま戦後史の世相史と重なり、多くの示唆をもらった。一方、その表面の変化の底で蠢いている地殻の変動や全体を俯瞰する視点は、ここでは書かれない。そこまでは新書では扱えないし、そもそも文学史ではない以上無理があるだろう。

    びっくりしたのは、思った以上に私は60ー80年代の小説を読んでいた。あの頃は有名文庫を追うだけは追っていた。それでまだ基本的な流れは把握出来ていたのだ。でもそのあとは無数の支流に分かれる。著者は、「女性作家の台頭」「戦争と格差社会」「ディストピア」とひとくくりにしているが、果たしてそのくくり方が正しいのか、私には評価出来ない。細かい処では、いろいろ示唆を貰った良書である。

    2018年12月読了

  • 自分は1973年生まれの45歳。
    物心ついたころから本に親しんできました。
    初めて自分で買って読んだ小説は、赤川次郎の「三毛猫ホームズ」シリーズ。
    小学校高学年のころだったと思います。
    それから現代文学を中心に読み漁ってきました。
    傾向としては、純文学が多かったように思います。
    ですから、今まで読んできた小説とそれを著した作家を、しっかりと時代に位置付けて俯瞰してみたいという欲求がありました。
    ただ、夏目漱石や森鴎外など近代の小説の歴史をひも解いた本はあっても、自分が読んできた小説をカバーする本はほぼありませんでした。
    概ね70年代から現在までに発刊された小説です。
    本書はまさに、この時代に発刊された小説のガイドブック。
    昨年末に読書欄で本書のことを知り、すぐに購入しました。
    それに何と言っても斎藤美奈子さんですからね。
    まず外さないという自信がありました。
    読後、自信は確信に変わりました。
    私がこれまで読んできた小説が、時代背景も含めて解説されているのですから、面白くないわけがありません。
    大げさに言えば、それはまさしく私のこれまでの人生です。
    ただ、本書を読んで分かりましたが、自分はほぼ10年遅れで現代小説を読んできたようです。
    たとえば、龍や春樹を読むようになったのは、彼らが登場してから10年前後経った1990年代。
    90年代の純文学シーンをリードした笙野頼子や松浦理英子らを読むようになったのは2000年代です。
    2000年代から時代に追い付き、綿矢りさや金原ひとみは、芥川賞受賞が衝撃的だったこともあってすぐに読みました。
    吉村萬壱、小川洋子、重松清、赤坂真理、絲山秋子、古川日出男、角田光代、阿部和重、柳美里、吉田修一、三崎亜記、伊坂幸太郎、長嶋有、舞城王太郎、平野啓一郎、川上未映子、三浦しをん、中村文則、村田沙耶香、白岩玄、羽田圭介、朝井リョウ……このあたりは結構好きで読みました。
    あと私淑している町田康ね。
    ただ、結構取りこぼしも多く、恥ずかしながら恩田陸は未読ですし、「ろみたん」こと川上弘美も実はまだ……。
    あと、絶対、自分に合うはずと思っていながら読んでいないのが星野智幸ね。
    いつかタイミングが来れば読むことになると思いますが。
    この種の本でページを繰る手が止まらなくなるのは、やはり著者の手腕によるところが大きいと思われます。
    たとえば、
    「ポストモダンの時代を見てきた現代作家の手にかかると、歴史も過去の文学もみごとに『脱構築』されてしまう。古民家がカフェに生まれ変わるようなものでしょうか。」(165ページ)
    とは、言い得て妙だと思いませんか?
    著者独自の分析にも納得させられました。
    たとえば、渡辺淳一「失楽園」、片山恭一「世界の中心で、愛をさけぶ」、百田尚樹「永遠の0」が爆発的に売れたのは、その直前に大きな震災や戦争があったからなのだそう。
    「『無意味な死』『大量死』の後には『意味ある死』『小さな死』『美しい死』の物語が求められる。」(203ページ)
    極め付きは終盤です。
    ライターの飯田一史が、震災後文学は「被」の文学に終始し、その先を示していないといった趣旨の問題提起をしたのを受けて、著者はこう書きます。
    長いですが、引用します。
    「これは震災関連小説に限らず、純文学全般に当てはまる傾向です。
    なぜ文学は『その先』を示せないのか。私が立てた仮説は二つあります。
    ひとつは『純文学のDNA』とでもいうべき性癖です。
    明治二〇年代、近代文学が『ヘタレな知識人』『ヤワなインテリ』からはじまったことを思い出してください。ふて腐れたまま二階に上がって、二度と階下におりてこなかった『浮雲』の内海文三、結婚する美彌子を呆然と見送るしかなかった『三四郎』。あの性癖がいまもどこかに残っている。純文学はショックに弱い。もともとが敗者、弱者の芸術だっただけに、呆然と立ち尽くす以外の術を知らないか、あるいは問題の解決を先送りにしたがるのです。
    もうひとつは小説の形式上の問題です。
    純文学とエンターテインメントの大きな差のひとつは『終わり方』です。エンターテインメントは閉じた結末(クローズドエンディング)を好みます。ハッピーエンドであれ、バッドエンドであれ、伏線をすべて回収し、事件に白黒をつけ、謎に解を与えて納得させ、読者をすっきり日常に戻す。これがエンタメの流儀です。それに対して純文学は、開いた結末(オープンエンディング)を好みます。事件は解決せず、主人公は宙づりにされ、謎は謎のまま残り、不安な空気を残したまま、テキストはプツリと終わる。するとなんだか余韻が残って『文学らしさ』が醸成されます。問題解決能力の高い人物は、純文学の世界ではたいてい悪役か、もしくは軽蔑すべき俗物です。純文学は安易に人を救わないのです。」(258~259ページ)
    思わず膝を打ちましたよ。
    座右の書にします。

  • さらっと書いてるけど、これすごい本なんじゃないか?
    1960年代〜2010年代の小説を、純文学・エンタメ小説問わず数行で紹介しつつ、その潮流と背景となる出来事を解説している。必ず読んだこと(聞いたこと)がある作品が含まれている。
    最初の方はまだ文学史という気分で読めたけど、自分の読書生活と重なる90年代以降は時代の暗さや作品の痛々しさが辛かったが、解説が的確で未来の展望まで示しているのに救われた。
    これを同時代でやってのけるの、やっぱりすごくない?

  • それが書かれた時代に読む、ということの意味を深く考えさせられた。
    何はともあれ、読みたい、読まねば、と思う本がぞろぞろ出てきて、ああ、これから忙しくなるなあ。

  • さながら近々の歴史をざっくりと見ながら、同時代の文学史をひも解いてくれるとてもわかりやすく面白い文学案内でした。確かにこういうのを待っていました!

    わたしの読書人生は1950年代の後半から始まっています。その頃は桑原武夫や伊藤整の読書入門や、もう少し詳しいのだと中村光夫の『日本の近代小説』、1960年代後半に出た同じく『日本の現代小説』が参考書でした。まさに斎藤美奈子さんが「まえがき」にそうお書きになってます。

    でも、そういう案内は1960年代までで終わっています。このようなわかりやすい案内は今現在2010年代までなぜか空白でした。もちろん専門書的なものはあったでしょうが。

    世界が多様性にばらけている今、文学のジャンルも増え、しかも、堺がわからなくなり渾然の様相、まるっと見渡してまとめるのは大変な作業でしょう。

    わたしとて情報に限りがあり、何をどう読めばいいのか?何か足りないようなもどかしさがありました。
    近代、現代、そして「同時代」とはうまいネーミングであります。

    斎藤美奈子さんもおしゃってますが、この新書を足掛かりにして、まだまだ埋もれている作家・作品を発掘しながら、読書人生を歩みたいと思いました。

  • 世に出ている近世(明治)以降の文学の解説本の多くは、60年代の横光利一・石原慎太郎・開高健らで終わっている。著者はその後の文芸の歴史をきちんと解説した書が見当たらないとことに奮起し、筆を執る。カバーする範囲は1960年代〜2010年代までの約60年。我々が生きてきた“同時代”の「性格」を文学で探っていく。

    印象深かったのは、文芸評論家の蓮實重彦の考察。70年代半ば〜80年代を代表する小説の「羊をめぐる冒険」「コインロッカーベイビーズ」「枯木灘」「吉里吉里人」「裏声で歌え君が代」「同時代ゲーム」は全て同じプロットの物語である。「依頼」→「代行」→「出発」→「発見」という経過を辿る構成であると喝破。

    それを受けて著者は、近代文学と現代文学の差異を絵画を例に挙げ分析する。近代文学が、ミレーやコローのような写実画とすれば、現代文学はピカソやカンディンスキーのような抽象画に当たる。ピカソのデッサンを非難するが、それは旧来の写実的画法では描けないとピカソが考えたからにほかならない。

    かつて文芸界で飛び交った「人間が描けてない」という批判は80年代以降には効力を失った。現代文学はそもそもそれまでの小説の意味や技法に疑問を抱いたところから出発している。その代表格が、高橋源一郎・島田雅彦・田中康夫らである。確かに各氏の処女作は物議を醸した。

    この様に小説は時代を斬り、時代が小説を産んだと言える。本書には、約300篇もの小説を10年単位で区切り、当時の時代の空気をすくい取りながら、簡潔な解説の中に時に容赦のない筆誅を下す。

    すっかり廃れたと思っていたプロレタリア文学や私小説がその形を時代の器に合わせ変容し生き延びていたり…同時代の文学を鳥の眼と虫の眼のデュアルレンズでもって、昭和~平成の世相史が学べる副産物もある労作。

  • 60年代以降の日本文学史ということで、私はまあまあリアルタイムで読んできているものが多く、臨場感モリモリだった。
    しかしこれだけ多岐多彩に渡る作品群を、まずはもちろん読み、明解に解析し、グルーピングする手腕はさすが。

    こうしてみると、私小説や不倫小説のめった斬りは爽快だし、フェミニズム文学もうまく網羅しているし、偽史が意外と多いというのも納得。

  • 1960年代から2010年代までの日本の小説(純文学中心だが、昔で言う「中間小説」的なエンタメにも目配り)を、作品中心に鳥瞰した「同時代文学史」の試み。

    新書一冊のボリュームで、半世紀にわたる日本文学史を振り返るのだから、当然駆け足になる。
    個々の作品に対する言及が少ない分、斎藤美奈子のいつもの「文の芸」はあまり発揮されていない。

    それでも、前半は随所に卓見やニヤリとさせるツッコミがあり、楽しめた。

    ただ、後半になると、もう著者の息が上がってしまった感じで、たんなる作品の羅列になっている。

    とくに最後の6章は、ここだけが別の本になっているようなちぐはぐな印象。出来の悪い「震災文学論」に終わっているのだ。

    とはいえ、大変な労作ではあるし、過去半世紀の日本文学史を概観するための資料としては十分使える本だ。

  • 期待どおり面白い。
    データでいいので取り上げられている作品の一覧がほしい。

  • 秋の新刊ですぐ買ったのに積読のまま年を越してしまい、新年の読書はじめの一冊に。
    年末の読書欄近況によるとこの書き下ろしのために一年かかりきりだったという渾身の同時代文学史。作品の本質や値打ちを見抜く目は当代随一かつおもしろく読ませる筆力も天下一品の著者だけに、よく整理されており読みやすく、1960年代からの50年の小説作品を通してその時代の空気を知り、また時代ごとの社会状況から文学を知ることができる。
    この本をとっかかりに読んでみようと思える作品がぞろぞろ出てきてしまう危険な読書案内ともいえる。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【著者】斎藤美奈子 (さいとう・みなこ) │ 文芸評論家。1994年に文芸評論『妊娠小説』でデビュー。2002年『文章読本さん江』で、第1回小林秀雄賞受賞。軽妙な筆致で綴られるパンチの効いた書評や文芸評論は、幅広いファンをもつ。他の著書に、『文壇アイドル論』『紅一点論』『本の本』『日本の同時代小説』『文庫解説ワンダーランド』『名作うしろ読み』などがある。

「2020年 『中古典のすすめ(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤美奈子の作品

日本の同時代小説 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする