モンテーニュ 人生を旅するための7章 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004317869

作品紹介・あらすじ

「人間はだれでも,人間としての存在の完全なかたちを備えている」──不寛容と狂気に覆われた一六世紀のフランスを,しなやかに生きたモンテーニュ.本を愛し,旅を愛した彼が,ふつうのことばで生涯綴りつづけた書物こそが,「エッセイ」の始まりだ.困難な時代を生きる私たちの心深くに沁み入る,『エセー』の人生哲学.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • https://www.hakusuisha.co.jp/book/b203902.html
    丸山眞男「古典を読むことについて」(1977.8)

  • 東2法経図・6F開架:B1/4-3/1786/K

  • 20190803 中央図書館

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。放送大学教授、東京大学名誉教授。主要著書:『本の都市リヨン』(晶文社、大佛次郎賞)『書物史のために』(晶文社)『ラブレー周遊記』(東京大学出版会)『読書の首都パリ』(みすず書房)『本を読むデモクラシー』(刀水書房)『神をも騙す――中世・ルネサンスの笑いと嘲笑文学』(岩波書店)主要訳書:モンテーニュ《エセー》全7巻(白水社)ラブレー《ガルガンチュアとパンタグリュエル》全5巻(ちくま文庫、読売文学賞、日仏翻訳文学賞)

「2019年 『モンテーニュの言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下志朗の作品

ツイートする