景観からよむ日本の歴史 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.92
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 113
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004318385

作品紹介・あらすじ

私たちが日ごろ何気なく目にする景観には、幾層にも歴史が積み重なっている。「景観史」を提唱してきた歴史地理学者が、写真や古地図を手がかりに、景観のなかに人びとの営みの軌跡を探る。古都京都の変遷、古代の地域開発、中世の荘園支配、近世の城下町形成など各地の事例をよみとくその手法は、町歩きや旅の散策にも最適。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 景観の変遷から歴史をたどる、というアプローチは実に興味深い。本書中では住所の成り立ちなどにも言及されており、歴史のうねりの中で土地や景観がどう移り変わっていったのかに思いを馳せることができる。
    が、いかんせん収録されている古地図などが小さく、何を書いてあるか判然としない。であるにもかかわらず本文ではその内容を前提として解説される。新書サイズを意識したつくりになっていない点が残念。

  • 「景観からよむ日本の歴史」というタイトルですが、「景観から歴史を見る」「歴史による景観の形成」といった感じの内容でした。取り上げている地点が多いので、一つ一つの記述が薄く感じます。あと、ブラタモリなどで目の前の景色や古地図から過去を想像する能力を磨いた人が増えた今となっては、その内容知ってますという人が多いのではないかと思えます。2020年発売の新刊なんですけど。

  • はじめに

    第一章 景観史へのいざない

    第二章 古地図からよみとく景観史
    1 古地図とは何か
    2 古代の地図ーー土地を管理する
    3 中世の地図ーー境界を認識する
    4 近世の地図ーー町と村を描く
    5 近代初期の地籍図ーーさまざまに土地を利用する

    第三章 景観史の画期を演じた人々とその舞台
    1 古代の開拓者たち
    2 中世・近世初頭の都市を構想した人物
    3 近世の町づくり村づくりの推進者
    4 近代の入植や技術を推進した人々

    第四章 景観からよみとく地域のなりたち
    1 暮らし
    2 いとなみ
    3 町並みと賑わい

    第五章 景観史の資料と考え方
    1 景観史の視点ーー村落景観から考える
    2 絵画資料と景観史

    あとがき
    参考文献
    図版出典一覧

  • ふむ

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/531088

  • この夏は、帰省も旅行もできなかった。それで、近場の近江八幡ラコリーナを初めて訪れた。お盆だったにもかかわらず、すぐに駐車場に入ることができた。車を降りると、そこはジブリの世界。一面のみどり。遠景には(たぶん)ヴォーリズの建築が見える。もう少し涼しければのんびりできたのだけれど、自然に包まれて心地良いひとときを過ごすことはできた。せっかくの近江八幡。古い町並みも見たかったが、それは次回のお楽しみになった。京都に長く住んではいるが、いわゆる小京都と呼ばれるような街を見て歩きたい。鞆の浦、内子、高岡などなど。それぞれの街はそれぞれの理由があって出来上がってきた。歴史を知った上で訪ねてみるとまた感じ方も違うことだろう。本書について、できれば古地図をもう少し拡大してほしかった。文字がほとんど読めない。写真もカラーであれば良かった。白黒では瓦の色も実感できない。もちろん、定価が上がってしまうことにはなるのだろうが。娘が府立大の環境デザインで、ランドスケープがどうたらこうたら言っている。興味を持つかもと思って購入したが、課題に追われるばかりで、まあ手は出しそうにないなあ。それと、早口言葉を思いついた。「大縮尺・中縮尺・小縮尺」言えるかな?

  • 東2法経図・6F開架:B1/4-3/1838/K

  • <目次>
    第1章  景観史へのいざない
    第2章  古地図からよみとく景観史
    第3章  景観史の画期を演じた人々とその舞台
    第4章  景観からよみとく地域のなりたち
    第5章  景観史の資料と考え方

    <内容>
    第5章にあった、条里制遺構は奈良時代ではなく、少なくとも院政期以降のもの(①律令の条里プラン②国図の条里プラン③荘園の条里プランとあって、現在残っているものはほとんど③)という話には驚いた。また地名の由来についてもこの章には書かれており、多くの小字名は、10世紀、つまり③に近い時期に生まれている、の話も驚いた。
    景観史のイメージは捕らえられたが、従来の郷土史のイメージとは違うだけに、そのギャップをどうするのか、ちょっと考えないと…。

  • 210.04||Ki

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(きんだ あきひろ)1946年富山県生まれ。京都大学文学部史学科卒業。文学博士。専攻、歴史地理学、人文地理学。京都大学名誉教授、京都府立京都学・歴彩館館長。
著書に、『条里と村落の歴史地理学研究』(大明堂)、『古代日本の景観』『古代景観史の探究』『微地形と中世村落』(いずれも吉川弘文館)、『古地図からみた古代日本』(中公新書)、『大地へのまなざし』(思文閣出版)、『文化的景観』『地形と日本人』(いずれも日本経済新聞出版社)、『タウンシップ』(ナカニシヤ出版)、『古地図で見る京都』(平凡社)、『江戸・明治の古地図からみた町と村』(敬文舎)、『景観からよむ日本の歴史』(岩波新書)など多数。


「2020年 『和食の地理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金田章裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

景観からよむ日本の歴史 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする
×