カエサル――内戦の時代を駆けぬけた政治家 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.92
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004318415

作品紹介・あらすじ

内戦を終結させ、ローマ帝国への道をひらいた英雄──多くの人がカエサルをそう描くが、実のところ、彼はどんな時代を生き、何をなそうとしたのか。共和政末期の政治社会状況やキケローら同時代人の動向を丹念に読み解き、また『ガリア戦記』をはじめとする彼自身の著作活動にも着目、その苛烈な生涯を資料に基づいて活写する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 淡々と簡潔に書かれたカエサルの評伝。筆者は「供給過剰」で「今さら取り上げる意味がどこにあるのか」と述べるが、当時のローマ社会の人間の一人としてカエサルを描く視点、西洋古典学をバックボーンにした叙述には十分に意味があると思える。危難の連続といったその生涯だが、本書の抑制の効いた文章においては、その危難に対処するカエサル像も等身大といった感じである。「文人」としてのカエサルに割かれた一章も読み応えがあった。

  • 供給過剰ともいわれるカエサルの伝記について新書サイズにまとめた本です。とにかくも起きた事象を淡々と記載していくというスタイルで、これはこれで良いです。塩野七生さんの「ローマ人の物語」では、カエサルが好きという感情が文章のあちらこちらからしみだしていましたが、そういうのは無いです。
    とはいえこの本、新書というページ数の制約てタイトルの通り、各事件に深入りせず駆け抜けていくような伝記になっていますが。

    あと、カエサルの文章について1章あるのが、目新しくて参考になりました。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/533435

  •  ガリア戦記、内乱記を中心にカエサルの出世の階段を説明シた本。民主ローマの官職制度が詳しく説明されていて、具体的である。

    ローマらしく、ちゃんとホモネタもある。

     ガリア征服にあたって、族名、地名が錯綜する。地図が一応添付されているが、なかな対応がわからず時間をとられた。地図に緯度経度のセクター番号が欲しい。ゲルマニア・スエービー族など、いくつか抜けてたり。無いものを探すのは特に時間がかかる。

     しかし、たったの7年とは思えないほど、フランス中を駆け回る。一年で、北イタリアから南フランス北西フランス・イギリス、中央フランス、東フランスと駆け回る年もあり、従軍させられた市民はどう思っただろうか。

    ローマのガリア支配も、結局は剣によるもので、強力な工兵をもった野蛮人にすぎず、皆殺しか略奪、捕虜は奴隷。それもカエサルはまだマシな方だという。手弁当で連れ回された市民の心情を考えると、分捕り勝手がなければ、やってられないんだろうなぁ。とも思うが。
    防人の辛さ、とは言え、博多の大宰府では分捕りもできない分、なお辛い。

     しかし、この本を読んでも、なぜこんなにカエサルに人気があるのかよくわからなかった。どうしてもキンナやスッラのしっぽにしか見えない。

  • カエサルの生涯がよくわかった

  • 新書サイズで簡潔にまとめられたカエサルの伝記。

    「ガリア戦記」「内乱期」といった本人の著作についても触れているのだが、内容のみならずカエサルの思惑にも踏み込んで解説されているのがおもしろい。

    それにしても血なまぐさい時代だ。

  • 9月23日新着図書:【著者は新書本なのでカエサルに関する最も基本的で重要な事柄を整理して簡略に書いたとのことで、絶好な伝記ではないでしょうか。】
    タイトル:カエサル : 内戦の時代を駆けぬけた政治家
    請求記号:イワナミ280:Ko
    URL:https://mylibrary.toho-u.ac.jp/webopac/BB28174896

  • カエサルの史料のある限りで大事なとこを網羅した新書。
    最近の名前の読み方で伸ばし棒がどこにつくのかってのがあって、慣れてないと読みにくい。

  • 東2法経図・6F開架:B1/4-3/1841/K

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

慶應義塾大学言語文化研究所准教授
 1967年 東京都生まれ
 1999年 東京大学大学院博士課程修了
[主な著訳書]
 「弟クイントゥス宛書簡集」(岩波書店、『キケロー選集16』所収)
 「プル−トゥス宛書簡」(同)
 「キケローとコルニフィキウス──前44年〜43年のコルニフィキウス宛書簡から」(知泉書館、『西洋古典学の明日へ』所収)

「2012年 『ローマ建国以来の歴史9』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小池和子の作品

カエサル――内戦の時代を駆けぬけた政治家 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×