花粉症と人類 (岩波新書 新赤版 1869)

著者 :
  • 岩波書店
3.88
  • (4)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 100
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004318699

作品紹介・あらすじ

目はかゆく、鼻水は止まらない。この世に花粉症さえなければ——。毎年憂鬱な春を迎える人も、「謎の風邪」に苦しみつつ原因究明に挑んだ一九世紀の医師たちの涙ぐましい努力や、ネアンデルタール人以来の花粉症との長い歴史を知れば、きっとその見方は変わるだろう。古今東西の記録を博捜し、花粉症を愛をもって描く初めての本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 植物生理学者の著者による、花粉症の文化史といった内容の一冊です。
    医学書とは違い、花粉症に関する逸話や歴史が綴られています。
    地域によって花粉症の原因となる植物は異なりますが、欧米では庶民よりも富裕層が罹る“貴族病”として扱われてきました。
    かつての日本では貴族病である花粉症の罹患率が圧倒的に低かったのですが、植林政策によって晴れてスギ花粉症を大衆が手にすることになります。
    大変、光栄なことですね。
    著者は花粉症にも色々あって愛でることもできることを知ってほしくて執筆したようです。
    花粉症患者の一人ですが、寄り添ってくれるスギ花粉を愛せるかどうか不安です。

  • 春は何の季節?
    桃、桜、新緑、せせらぎ。
    いやいや、花粉症に苦しむ人にとっては、何といっても花粉の季節だろう。
    気候もよくなり、外で過ごすのにぴったりな季節のはずなのに、マスクは手放せない。今年はいずれにしろ、コロナ禍でマスク姿の人も多いが、例年、春先にマスクをしていたら、それはほぼ間違いなく花粉症の人である。
    目はしょぼしょぼ、鼻はずるずる。
    夫婦とも花粉症なので、洗濯物も布団も、我が家はこの季節、外干しを避ける。
    春の爽やかな風を思いきり吸い込みたいところだが、そうはいかないわけなのである。

    さて本書。「花粉症と人類」とはなかなか壮大なタイトルである。
    実際、内容も花粉症の人類史といった趣でおもしろい。
    人類はいつ花粉症と出会ったのか。
    ヴィクトリア朝では貴族の病気だった?
    花粉症の原因特定までの道のり。
    イギリス・アメリカ・日本各国の花粉症。
    興味深い話題が続く。

    花粉症の歴史はどこまでさかのぼるか。
    聖書や古代エジプトの記録の中にも、あるいはこれが花粉症かと思われる記述はあるが、確実とは言えない。歴史のロマンとしては深読みできて楽しいところではある。
    ペルシャの医師、ラーゼス(865-923)がバラ風邪として記録しているのが、季節性アレルギー鼻炎の初めての記述と思われる。
    ヴィクトリア朝期には、「夏カタル」として知られた。季節性であることはわかっていたが、原因は暑熱であると考えられた。
    花粉が症状を引き起こすことを突き止めたのはチャールズ・ハリソン・ブラックレイ(1820-1900)で、彼はこれを「実験的研究」によって立証する。実験はすさまじく、80種類以上の花粉を集めて、自分の鼻孔や軟口蓋に塗り込んだり、結膜に点眼したり、傷つけた皮膚に擦り込んだりした。一方、花粉以外の物質が原因でないことを立証しようと、花や草の香気成分を蒸発させて浴びたり、カビやペニシリン、オゾンを吸入したりした。花粉以外のものでは、なるほど「夏カタル」の症状は出なかったが、吐き気やめまいなど相当の副作用があったようである。
    ブラックレイは、スライドグラスにグリセリンを塗って空中の花粉量を調べてもいる。凧を上げて上空の花粉数も調べることに成功した。
    ブラックレイと同時代に生きたチャールズ・ダーウィンは、彼の実験を賞賛し、励ましやアドバイスを記した手紙を送っている。天才は天才を知るというところか。

    ここでダーウィンが助言の中に記していることの1つが、虫媒植物と風媒植物の違いである。植物は大まかに、粘着質の花粉を持つものと非粘着質の花粉を持つものに分けられ、前者は昆虫によって受粉する虫媒植物、後者は風によって受粉する風媒植物となる。花粉症を引き起こす植物は、イネ科にしろ、カヤツリグサ科にしろ、イラクサ科にしろ、風媒植物なのである。なるほど、虫媒植物であれば、花粉を空中に飛ばす必要はないため、花粉症の原因になる可能性は低い。

    イギリスでは干し草、アメリカではブタクサが主因となった一方、日本で花粉症の原因として問題となったのは、初期には特にスギだった。
    あまり古くはなく、最初に論述されたのは1964年のことである。この後、緩やかに広がりを見せ、1984年には、プロ野球の田淵幸一選手が花粉症を理由に引退を表明している。厚生省(当時)が動き始めるのもこの頃。
    今や、ほぼ2人に1人が花粉症と言われる(2016年調査で東京都の推定有病率が48.8%)。

    著者が大学院に進学したのは1990年で、各省庁がスギ花粉研究を推奨していたころだった。学会発表にあたり、スギ花粉が猛烈に飛散している写真を撮ろうとしたが、なかなかうまくいかない。ついには後輩に木に登ってもらい、枝を揺すらせた。写真は素晴らしく撮れたものの、後輩と著者は大量に花粉を浴び、帰り道の温泉で洗い流したが、結局花粉症になってしまったという。
    笑ってよいやら泣いてよいやら、強烈なエピソードである。

    全体にそこはかとないユーモアがあり、なかなか楽しい1冊である。
    花粉症の治療についてはまったく触れられていないので、本書を読んでも症状は軽減されないが。

    ちなみに、私自身の発症のきっかけは、かれこれ20年ほど前、子供を連れて行った高尾山。
    ここは中腹にサル園があるのだが、何と、サルも花粉症になるのだ、とその時知った。周りはスギだらけ。さぞ辛かろう。大変だねぇと苦笑していたら、その帰途、くしゃみが止まらず、涙がぼろぼろ。何のことはない、自分が花粉症になってしまったのだった。他人(他動物)の不幸をわらうまじ。

    ともあれ、今年のスギ花粉はほぼ終わり。ヒノキがあと少しである。
    同士の皆さま、がんばりましょうw

  • 花粉症が、昔は貴族だけしかならず、なったら励まし、讃えあっていたのが面白かった。
    また、高山地では発生しないことから、花粉症バケーションがあったことも面白かった。
    残念ながら、日本人のスギ花粉は誰でもなるし、私も花粉症になるので悲しいが、花粉がないタイプのスギや花粉を絡め取る農薬が開発されていて、嬉しい気持ちになった!

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/755257

  • イングランドの牧草花粉症、アメリカのブタクサ花粉症、日本のスキ花粉症が世界3大花粉症だそうだ.前の2つは前世紀の話だが、両方とも上流階級の人の患者が多かった由.スギは誰でも容赦しない.花粉の発見から話が始まるが、多くの科学者が研究してきた歴史を知ることができた.ネアンデルタール人が花粉症にかかったどうかは確認できないものの、花粉のことは知っていたようだ.ブタクサに関してアメリカが除草剤で処理を試みたが、ブタクサ自体が除草剤抵抗性を持った話は特に面白かった.アメリカのやりそうなことだ.所々に出てくる何気ない独白、例えばp34の"花を育てる庭もなく、花を買う金もない、..... 私には、シャニダール洞窟の花粉の訴えが聞こえてくるような気がするのである。" このようなセリフが固い内容を見事に和らげてくれていると感じた.

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/538614

  • 東2法経図・6F開架:B1/4-3/1869/K

  • 日本でスギ花粉症が叫ばれるようになったのは1980年代の記憶だったが、なんと花粉が実に長い人類史の中で人々に愛されてきた存在であったことも改めて知る。約5,6万年前のネアンデルタール人の墓から見つかったという大量の単一種の花粉粒の発見を通して、彼らが花を愛でた人たちだったと推論されることから話が始まり、人類との親しい交わりを想像させる。花粉症との闘いはギリシャ時代に既に始まっていた?!ヘロドトスに出てくるアテネのヒッピアスのクシャミと咳の記録。そして古代には奇病として記録が登場する。2世紀のアラビア語の詩。そして19世紀、英国のビクトリア王朝時代にも多くの記録が。貴族など上流階級の病気で、ステータスシンボルだったとは、日本で頭の良い人にしかかからないと言われた頃もあった!。米国はブタクサ花粉症。
    花粉症の研究に自らを「犠牲」にした科学者ブラックレイのことも、興味深い本だった。トドメは柿本人麻呂の歌「いにしへの人の植ゑけむ杉が枝に霞たなびく春は来ぬらし」への興味。彼の時代には花粉症はどうだったのか?

  • 第1章 花粉礼賛
    1 偉大なる創造物
    花粉の誕生/花粉はなぜ飛ぶのか/風を愛する花、虫を愛する花
    2 花粉発見史
    世紀の顕微鏡学者たち/植物にも性がある!/自然の神秘/花粉への讃歌
    3 日本での事始め
    最初に花粉をみた日本人/花粉という日本語/サムサノナツハオロオロアルキ


    第2章 人類、花粉症と出会う
    1 ファースト・フラワー・ピープル
    花粉は情報の宝庫/シャニダール洞窟での発見/ネアンデルタール人は花粉症だった?
    2 最初の花粉症患者は?
    アテネのヒッピアス説/聖書の花粉症/クレオパトラとエジプト医学/アッシリアのナツメヤシ授粉作業/日本最古のナツメヤシ/古代中国の伝承
    3 バラ風邪の発見ーー古代から中世へ
    医学の父、ヒポクラテス/天才ラーゼス/詩に謳われたバラ風邪


    第3章 ヴィクトリア朝の貴族病?--イギリス
    1 花粉症論文、初登場ーーボストック
    嘲笑の「新・文明病」/花粉症、医学会に初登場/ボストックの第一講義/ボストックの第二講義/諸説紛糾した病因論/ドイツ人気質の研究者ヒューブス
    2 花粉症研究の父、ブラックレイ
    実験的研究が突き止めた「黒幕」/無謀な実験/空中の花粉量を測定する/ダーウィンからブラックレイへの手紙/「貴族病」の説明
    3 名誉ある病に昇格
    ステータスシンボルとしての花粉症/優生学的発想への誘惑/花粉症は神経衰弱?/松下禎二と病原菌説/ワクチン開発の試み


    第4章 ブタクサの逆襲ーーアメリカ
    1 花粉症の選ばれし家、アメリカ
    モリル・ワイマン医師と「秋カタル」/犯人はブタクサ?
    2 フロンティア開発とブタクサ
    広がるブタクサのフロンティア/花粉症リゾートの形成/鼻持ちならない花粉症学会/ビアードのアンケート/ヘミングウェイと花粉症リゾート
    3 アメリカ人とブタクサの攻防
    世界初の空中花粉地図の作成/エアコンとインドアライフ/「道徳雑草」への出世/スーパーウィードへの変身


    第5章 スギ花粉症になることができた日本人
    1 花粉症への「あこがれ」
    枯草熱の記憶/アメリカで花粉症になった日本人/ジェームス原の花粉症研究/民族性をめぐって/GHQと花粉症
    2 初症例から花粉症裁判まで
    花粉症患者、ついに出現/田淵幸一選手の引退/スギ植林政策を問うた花粉症裁判
    3 2人に1人が花粉症
    スギ花粉症は日本人の証明?/誇るべき罹患率


    第6章 花粉光環(コロナ)の先の世界
    1 花粉症の効用
    病気にかかるというアドヴァンテージ/衛生仮説と消毒思想/共生への道/スギは日本の秘宝!/シーボルトが愛したスギ/無花粉スギ・少花粉スギ
    2 私の研究遍歴
    "鳥もち作戦"/スギ花粉との苛酷な闘い/スギ花粉だけを「自殺」させる/シドウィア・ジャポニカに対する苦言/花粉症軽減モデル都市の夢
    3 花粉症と人類の将来
    いくつかの予言/花粉光環を眺めよう!

  • 3月24日新着図書:【1819年にイギリスでひっそりと産声を上げた花粉症が1961年に日本国内で花粉症患者が出現したまでの花粉症と人類の歴史を読んで見ましょう。】
    タイトル:花粉症と人類
    請求記号:イワナミ490:Ko
    URL:https://mylibrary.toho-u.ac.jp/webopac/BB28180544

全17件中 1 - 10件を表示

小塩海平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
アンドレアス・レ...
アンデシュ・ハン...
J・モーティマー...
劉 慈欣
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×