東南アジア史10講 (岩波新書 新赤版 1883)

著者 :
  • 岩波書店
3.80
  • (4)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 161
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004318835

作品紹介・あらすじ

ASEANによる統合の深化、民主化の進展と葛藤。日本とも関わりの深いこの地域は、歴史的にさまざまな試練を経ながらも、近年ますます存在感を高めている。最新の研究成果にもとづき、世界史との連関もふまえつつ、多様な民族・文化が往来し東西世界の要となってきた東南アジアの通史を学ぶ。「歴史10講」シリーズ第五弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 洋の東西を結ぶと言うとシルクロードが連想されるが、それと同等以上のバリューを持つ海の道に目を向ければ、東南アジアは航海技術が発達するほどその要衝となった。その地勢上、文明を発信するよりは、受容する側に位置づいてきたが、中華文明、インド文明、仏教、イスラム教、キリスト教が、各国にこれほど様々混在した地域もなく、一種ユニークとも言える。近代にかけて殆どのエリアが帝国主義の支配に屈したが、そこからの独立が今日のASEANへと繋がっている。各国の独自性が色濃い分、紐帯が緩やかなスタイルは、離散しにくいという強みとなり、年月を経るに従ってプレゼンスを益々高めていくように思う。古代から現在までの東南アジア各国事情が網羅された本書は、その概観を知るのに適した一冊。

  • 第二次世界大戦後も東南アジアは苦難の道を歩んでいたのだな、としみじみ。古代から近代、現代にかけての東南アジアの世界を俯瞰できる良書。読みやすく、わかりやすい。世界史の勉強のおともにすればより深い理解が得られると思う。大変おすすめ。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/542552

  • 223||Fu

  • 東2法経図・6F開架*B1/4-3/1883/K

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/757483

  •  先史時代から現代までの通史。各国史個別の記述もあるが、各章の冒頭でその時代の総論を解説しているため、各国横串でも把握できる。
     近代より前は、「海の東南アジア」=交易国家と「陸の東南アジア」=農業国家のプロセスの繰り返し、と表現される。古代は外向型国家の歴史だったが、唐が衰退した9〜10世紀には内向型国家が興隆。13〜14世紀にはモンゴル帝国による東西交易の活性化などによる分水嶺。そして、15世紀後半〜17世紀前半には世界的景気拡大に伴い東南アジアでも「交易の時代」を迎える。
     近代からは植民地期、大戦、冷戦と外部勢力に左右され続けたが、本書ではそんな中でもこの地域の主体性に注目している。欧州との経済関係を前提としつつも、19世紀末からは域内交易も活性化。植民地下でのナショナリズム勃興。WWIではまだ受動的に動員されたが、WWIIでは民族解放闘争としての面もあった(それ故に民族解放と、ファシズム対反ファシズムという対抗軸が一致しない面もあった)。
     冷戦下、特にベトナム戦争では、越は中ソの支援を「勝ち取る」自覚と「中国の周辺」から脱却する戦い。冷戦から距離を置くスカルノなどの反米的な中立主義も、冷戦への1つの主体的対応。ASEAN結成も、反共軍事同盟ではなく善隣関係構築、東南アジアの自律性と著者は位置づけており、それが後のASEAN10に繋がったとしている。
     現代は、対中関係にみる足並みの乱れや、民主主義や人権が重視される潮流の中での原則のあり方をASEANの課題として挙げているが、一方でBrexitといった事態との関係でむしろ緩やかな共同体であることが注目されているというのが面白い。
     主体性は、WWII中の日本との関係においてもそうだろう。本書では、1)「日本を利用しての独立」から「自力による独立」へ(緬と印尼)、2)反日と「日本を利用しての独立」の交錯(越)、3)敵意に囲まれた日本(比と泰)、4)民族集団ごとに異なる対日感情(馬と星)、と区分している。

  • 2021年7月読了。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

古田元夫(ふるた・もとお)1949年生まれ。東京大学名誉教授。日越大学学長。
専門 ベトナム現代史
主要著書 『歴史としてのベトナム戦争』(大月書店、1991年)、『ドイモイの誕生:ベトナムにおける改革路線の形成過程』(青木書店、2009年)、『ベトナムの世界史――中華世界から東南アジア世界へ』(増補新装版)(東京大学出版会、2015年)など。

「2021年 『ベトナム戦争の最激戦地中部高原の友人たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古田元夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンドレアス・レ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×