源氏物語を読む (岩波新書 新赤版 1885)

著者 :
  • 岩波書店
3.90
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 145
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004318859

作品紹介・あらすじ

千年を超えて読み継がれてきた『源氏物語』。その魅力の核心はどこにあるのだろうか。既存の物語を下敷きとしながら生み出された経緯に注目しつつ、長大な物語の隅々まで目を配り、一つ一つの巻を丁寧に「読む」ところから本質に迫る。何度も通読した愛好家にも、初めて挑戦する読者にも、新たなヒントが詰まった一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 源氏物語五十四帖のあらすじはたどれますが、本書の対象はひと通り源氏物語を把握した読者ですね。本文中に古今の源氏研究者の学説を紹介していますが、それを学者の名前だけで紹介していて、関心があればこちらです、ということで参考文献を載せています。その手際の良さが知的で、参考文献の多さが素晴らしい。高木さんの解釈も、“ひと時の消えゆく藻屑”と記す無常観漂う「おわりに」もナイスです。これからの益々のご活躍を楽しみにしています。

  • 7月10日(土)14:00-15:30 【書籍付】高木和子さん「源氏物語を読む」 | JPIC...
    https://jpic-online.shop/items/609f13938899be1170baabe2

    教 授  高木 和子  (国文学研究室) - 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科
    http://www.l.u-tokyo.ac.jp/teacher/database/229.html

    源氏物語を読む - 岩波書店
    https://www.iwanami.co.jp/book/b583371.html

  • 『源氏物語』を味わおうと思いながら、いつも中途半端に終わってしまっている気がする。
    漫画の要約版も随分昔に読んだ気がするのだけど……角田光代版は途中だし、ウェイリー版もなかなか進まないし、と結局は玉鬘くらいまでしか行きつかないんだよなー。

    そんな我慢のない私にとって、この新書はやや軽いくらいのサイズで良い。
    宇治十帖までのあらすじと、筆者が抽出したポイントに触れると、全体像なるものが見えてくるようにも思う。
    ただ、まあ、要約的だから、味気ないと思う人もいるかもしれない。ある程度、本文や小説なんかで雰囲気を蓄積しておくと良いのかも。

  • 源氏物語の全体のストーリー、主要人物の相関と心理、物語の構造などを、とてもコンパクトに、しかも現代的でわかりやすい文章で要約してくれている。キーとなるシーンは、原文とさりげない意訳?が流れるように配置されていて、お勉強感覚に陥ることなく、楽しい読書であった。

  • 源氏物語の書かれた時代、紫式部の立ち位置、同時代の清少納言や他の作品との関係もわかります。ストーリーを把握しているひとむけの印象。

  • 2021年6月23日購入。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/542554

  • 東2法経図・6F開架*B1/4-3/1885/K

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

昭和39年兵庫県生。東京大学文学部卒。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。現在、東京大学教授。著書に、『源氏物語の思考』(風間書房・平成14年)、『女から詠む歌 源氏物語の贈答歌』(青簡舎・平成20年)、『源氏物語再考 長編化の方法と物語の深化』(岩波書店・平成29年)など。


「2021年 『和歌文学大系 5 古今和歌集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高木和子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×