言語哲学がはじまる (岩波新書 新赤版 1991)

著者 :
  • 岩波書店
3.82
  • (14)
  • (17)
  • (14)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 791
感想 : 32
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004319917

作品紹介・あらすじ

フレーゲからラッセル、そしてウィトゲンシュタインへ――二十世紀初頭、言葉についての問いと答えが重なりあい、つながりあっていった。天才たちの挑戦は言語哲学の源流を形作っていく。その問いを引き受け、著者も根本に向かって一歩一歩考え続ける。読めばきっとあなたも一緒に考えたくなる。とびきり楽しい言葉の哲学。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フレーゲ、ラッセル、ウィトゲンシュタインという3人の天才哲学者の考えを、わかりやすい例えを使って記されている。
    とにかく面白い。
    著者と一緒に3人の哲学者の考えを、体感できたような気になる。きっと隅々までわかったわけではないと思う。
    でも哲学が言葉を使ってなされる時に、どうしてもぶつかる様々な事柄を乗り越えていくことを、まるで自分自信でしている錯覚に陥るような気にさせられる。
    最後のウィトゲンシュタインの言葉、
    「言葉はただ生の流れの中でのみ意味をもつ。」
    は、読後の興奮した心に染み入るようだった。

  • 「ミケは猫だ」という言葉の意味は何か、といったところからスタートして、フレーゲ、ラッセル、ウィトゲンシュタインという3人の哲学者の思考をたどりつつ、言語哲学の根幹に関わる考え方に迫る。
    本書は、著者いわく、言語哲学の入門書ではなく、言語哲学の「門前の小僧」と自称する著者が、自分が面白かった話を他に人に話したい、という動機で書かれた本だという。著者のノリツッコミで本書は進んでいき、著者が言語哲学の議論をすごく面白がっていることはとてもよく伝わってきた。
    しかし、読んだ自分も面白く感じたかというと別問題で、何かずっと言葉遊びに言葉遊びを重ねている感じで、正直あまり面白さを感じられなかった。個人的には、最初のほうで否定された「一般観念説」が一番しっくりくるので、それを改良することでなんとかならないのだろうかと思う。

  • いわばウィトゲンシュタインのファンブック。
    著者はフレーゲやラッセルは批判するのにウィトゲンシュタインは批判しない。

    しかし、読者を言語哲学へ誘う役割は十分に果たしていると思う。読んでいてもどかしさが半端ないからだ。巻末には読書案内があるので参考になる。

  • 『言語学の教室』が面白かったので、わくわくしながら本を手に取りました。

    言語哲学に興味はあるものの、分厚くていかにも難しそうな入門書と戦う勇気はない……でも気になる!という私の好奇心を満たしてくれる1冊でした。
    難しいところもありましたが、野矢先生の優しい語り口調のおかげで、ついていきやすかったです。

    あとがきで、おすすめの本を挙げてくださっているのもありがたいです。読んでいこうと思います!

  • 題名通り、入門書。
    最終的にウィトゲンシュタインの『論考』の紹介になっている。
    言語が思考を成立させるのであって、言語以前の思考という考えには意味がない。(177ページ)が肝。

  • 本来は難解な問題が気楽に面白く読めるのは、とても良いと思う。
    ただ個人的には、最初に批判されている一般観念説が何故ダメなのか、いまいち分からなかった気がする。太郎君とお父さんの会話のような事態はどの説でも起こり得て、会話を重ねることで差は埋まっていくけど完全一致したかどうかは分かりようがないのでは..? 文の意味よりも先に語の意味(心の中の一般観念)は決まらない、というのは分かる。でも語が心の中の一般観念を指すということ自体をなぜ否定できるのかは分からない。否定というより不要なんだろうけど、そうなのかな..? 言葉が心の外の対象を指せることの方が不思議で、説明が必要のようにも思える。

  • 人と人が言葉を使って何かを為そうとするときに、お願いしたにもかかわらず、相手の仕事の優先順位に疑問を感じることが多々ありますが、理解してもらえないと嘆く前にまず自分の言葉の働きを深掘りしていくほうが解決しそうです。

  • 野矢先生の新書!めちゃオモロー…。

    言語哲学の転換期を作り上げていたフレーゲ、ラッセル、ウィトゲンシュタインの思想を追いながら、読者にも考えさせるのは流石。野矢先生はホント面白い本を書くなぁ。

    簡単にメモとしてまとめておこう。
    フレーゲ→言葉の意味は、ある文が世界に対して<真>か<偽>で決まる(文脈原理)。文の意味は、言葉の意味/関数によって決まる(合成原理)。この2つを成り立たせるために、意味(指示対象)と意義(思想や概念かな?)が必要となる。しかし固有名の意義という点で躓いてしまう。
    ラッセル→フレーゲが言うような意義は認めない。それはある文を命題関数の複合としてみることで回避できる。しかし、文の構造というものが無視されなければならない。
    ウィトゲンシュタイン(前期)→まず事実(世界)があり、言語がそれを分節することで可能性が生まれる。語の意味は言語全体の中で決まり(全体論的言語観)、合成原理は語の指示対象と論理形式により導かれた。しかし、言語使用という動的なものを静的と捉えていたことを、後期になり気付く。

    うん…全然簡単じゃないが、まぁ大まかなところはこんな感じだろう。
    言語という誰もが意識せず使えるものを考え続けた3人の思想。ウィトゲンシュタインについては色々と読んでいるが、全体の流れの中で位置付けたことはないのでそこらへんも勉強必要だなぁ。

  • 東2法経図・6F開架:B1/4-3/1991/K

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年(昭和29年)東京都に生まれる。85年東京大学大学院博士課程修了。東京大学大学院教授を経て、現在、立正大学文学部教授。専攻は哲学。著書に、『論理学』(東京大学出版会)、『心と他者』(勁草書房/中公文庫)、『哲学の謎』『無限論の教室』(講談社現代新書)、『新版論理トレーニング』『論理トレーニング101題』『他者の声 実在の声』(産業図書)、『哲学・航海日誌』(春秋社/中公文庫、全二巻)、『はじめて考えるときのように』(PHP文庫)、『ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む』(哲学書房/ちくま学芸文庫)、『同一性・変化・時間』(哲学書房)、『ここにないもの――新哲学対話』(大和書房/中公文庫)、『入門!論理学』(中公新書)、『子どもの難問――哲学者の先生、教えてください!』(中央公論新社、編著)、『大森荘蔵――哲学の見本』(講談社学術文庫)、『語りえぬものを語る』『哲学な日々』『心という難問――空間・身体・意味』(講談社)などがある。訳書にウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』(岩波文庫)、A・アンブローズ『ウィトゲンシュタインの講義』(講談社学術文庫)など。

「2018年 『増補版 大人のための国語ゼミ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野矢茂樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×