漢語の知識 (岩波ジュニア新書 25)

著者 :
  • 岩波書店
3.22
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005000258

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勉強、落第、浪人、因縁、先生、首相、文化などの言葉が、いかに中国の漢語から遠く離れて日本語として独自の意味をもつようになったのか、説明は子供向けであるだけに大変分り易いです。「相」の字が「木偏」ではなく、「目偏」だという理由が全く新鮮でした。確かに「相」は木ではないですし、意味合いも木には全く関係がないですね。106白川静「漢字百話」中公新書11/20/06国語「眞」の恐ろしい元意。李白・杜甫・白楽天らの使った漢字の数が約4500文字であるなど。著者の本はおどろおどろしい宗教・呪術の説明が続くのは苦手ではありますが、後半はそういったことから離れて、日本における漢字の問題を取上げているので、後半は読みやすかったです。万葉時代の「思う」「想う」「念う」「懐う」などの意味の違いは微妙なニュアンスを使い分けていたわけで、そういったきめ細かさが失われていくのは、人の心にも影響していくように思います。

全1件中 1 - 1件を表示

漢語の知識 (岩波ジュニア新書 25)のその他の作品

一海知義の作品

ツイートする