日本の宗教 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005000272

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の宗教の成り立ちについて書かれている本です。自分の宗教観のルーツを垣間みることができた気がしますね。その中でも「神仏習合」という言葉が印象に残りました。これは「神道」と「仏教」のいいとこ取りで成り立った宗教観です。日本人が行っている行事を考えると、ここあたりが影響しているのかな、と。ただ、宗教は昔から色々な考えの元、派生していっているため、なかなか難しい問題があるような気がしました。宗教の本は面白いので、ちょいちょい読んでいこうと思いますね。

  • 日本の宗教の事が、時代を追って分かる、非常に分かりやすい一冊。

  • [ 内容 ]
    日本には、仏教、神道、キリスト教、新宗教などさまざまな系統の400をこえる宗教・宗派があり、その活動は社会全体に大きな影響をおよぼしています。
    この本では、日本の宗教の歩みを歴史の流れにそってたどり、おもな宗教の成り立ちと教えをわかりやすくまとめています。
    日本の豊かな宗教文化の理解に役立つ1冊です。

    [ 目次 ]
    1 日本の原始宗教
    2 古代の宗教
    3 中世の宗教
    4 近世の宗教
    5 近代の宗教
    むすび 現代日本の宗教

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 日本史の教科書のような記述形式でした。日本における国家権力と信仰の歴史を一連の流れに沿って学ぶことができた。各派さまざまな教えを持っているけど、歴史の流れ中で色々な教義を取り入れ、盛衰を重ね、継承され、今につながっているのだなということを理解した。ラインナップは以下の通り。日本の原始宗教、古代国家の神道・仏教、鎮護国家の仏教、鎌倉仏教、南北朝・室町時代の仏教、キリシタン、幕藩制社会の宗教、近代の宗教。

    新書1000本ノックその2

全5件中 1 - 5件を表示

村上重良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
遠藤 周作
宮部 みゆき
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする